PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鳩山首相献金問題 母親が入院 感想 (翌日追記)

※翌日追記しました。

日テレさん↓
鳩山首相の母入院 東京地検、聴取見送りへ

山首相の資金管理団体の収支報告書にウソの記載がされていた問題に絡み、鳩山首相に巨額の資金提供をしたとされる母親が1日、東京都内の病院に入院したことがわかった。東京地検特捜部は、母親からの資金提供を「贈与」と認定する一方、母親からの聴取は見送る方向で最終調整に入ったもよう。


皆があえて見てみぬフリをし続けている鳩山氏の「偽装献金」の件ですが、いつのまにか「母親が突然入院して検察が聴取できない」 まで進みました。その額も「億」にまで達しています。



さて、この件はどう考えばいいのかな?

お歳と友愛精神を考えれば、「心労」「母親の愛だろ」「鳩山氏の母親がかわいそう」「年齢を考えろ」「親族だからいーじゃん」「検察はいい加減にしろ!」、こんな意見になるのでしょうか。

逆の意見としては、「逃げた」「小沢氏もつっこまれそうになったら入院で逃げたし」「卑怯」「ふざけるな」「昭和の汚職政治家かよ」「恥を知れ」、こういう意見にもなるでしょう。




私の感想はどうか?

この問題、一番のポイントは「脱税」です。軽々と億単位の脱税です。

「無駄をなくす」をスローガンに、必要なものまで削ろうとしている総理が脱税?

「ふざけるな」というのが当たり前の感情なはずです。

そしてそれ以上に、「事実」を明らかにしてほしい。




ですが、いわゆる「世論」的にどういう判断が下されるのか、私には読めません。

あえていうのなら・・・ 許してあげるべきではないでしょうか。





鳩山氏の黒い部分については、小沢氏とセットで選挙前から分かっていたことです。

ですが、それらは許されました。選挙ではっきりと。



じゃあ、この件も許せばいい。同じことです。



自民党が与党だった時には、法に触れているわけでもない数百万で自殺まで追い込まれたり、同じく罪でもない失態で自殺まで追い込まれたり、カップラーメンの値段や漢字の読み間違いで辞めろと追い込まれたり、ただ金持ちであること自体が非難されました。

その追い込んだ人達自身が、民主党議員の同じ問題については、やさしく「許してやれ」と言っているわけです。



一つ一つの「罪の重さ」もへったくれもない。中立性も何もない。基準もわからない。

私には何一つ理解できませんが、日本は今、そういう「友愛の心」らしきもので動いている。それだけは分かります。




・・・ということで、

「民主党に入れたのだから、分かってたことなんだから、たかだか数億の脱税ぐらい許してあげよう。」

↑これが正しい。



法・罪・犯罪の基準が無視される以上、「脱税金額以上に国民が豊かに幸せに暮らせればいいや」と諦めるのが一番です。

私は一番じゃなくて二番が好きなんですけどね。




あ、ちなみに、

民主党にいれたのに裏切られた

こんなフレーズを、TVの(自称)コメンテイターさんが最近よく口にしてますが、これはアウトです。

その人は、話題の件について「非難される側」「謝罪する側」です。鳩山氏を批判する権利は欠片もありません。

「黙れ」の一言と共に、心の底から軽蔑すべきです。



なぜなら、そういう人達が「議員が悪いんじゃない! 選んだ国民が悪い! 国民は騙されるな! 政権交代だ!」と言ってたんですからね。私は忘れません。





追記。

読み直したら、えらく感情的・過激なことを書いたもんだと反省。戒めの意味も込めて消しませんが。



↑を書いた翌日なのですが、自民党の鳩山邦夫氏(弟)も、同じように母から多額の献金を受け取っているというニュースが入りました。額も億単位。

贈与ということで、脱税の疑惑もおなじようにかかります。



これを聞くと・・・ 

「なんだ、結局自民も民主も同じじゃん。問題は鳩山一家ってこと?」

となります。


別に私は自民を応援してるわけでもないのですが、今、総理の鳩山氏を何追い詰めているのは自民党で、昨日書いたことは、その自民党の方針と一致しているのは確かです。


なので、読み返してみて、「あー、そういうことなら、色々ズレてる部分があって恥ずかしいな」と思ってしまいました。


ということで、言い過ぎた(過激に書きすぎた)ことを謝罪しておきます。感情的になってしまいました。すみません。

過激すぎた、というだけで、言いたいこと自体は大丈夫だとは思っていますが・・・





では、改めて感想。

脱税額がハッキリした後(まだ邦夫氏の贈与税に関する情報は出ていないので)、自民党が「総理をやめろ!」と追求するのなら、当然自民党の鳩山(弟)氏にも、それに見合う何らかの罰をうけなくてはならないと思います。


例えば、先に自民の鳩山氏(弟)が議員辞職するとか。 

そうなれば、鳩山総理を追い詰める最高の武器になると思います。


もちろん、「鳩山家」の名に大きな傷をつけることになるでしょうが・・・ 

・・・ありえるんだろうか。




さらにに言うのなら、この情報が出てきたとなれば、鳩山氏の母親の「心労の重さ」は、昨日よりも遥かに理解できるようになります。



鳩山家から

自民党、民主党 両党に

あまりに多額すぎる脱税献金が行われていた




政治 = 茶番? 

この二人、どこまで本気でやりあってるの?



ある意味、昨日よりもさらに大きなニュースになっているような気がします。



そして、大きすぎるがゆえに、『許される』(適当にごまかされてモミ消される」)可能性も更に上がったような。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 13:48 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

藤井財務相の発言と日経平均1万割れの関係について 感想

感想は少なく紹介中心。

日経さん↓
日経平均反落、午前終値143円安の9990円

1日の東京株式市場で、日経平均株価は反落し、一時、3日ぶりに1万円を割り込んだ。前日の米国株安に加え、債務の返済猶予制度構想を巡る不透明感や円高懸念から、金融株や輸出関連株など幅広い銘柄で売り優勢となっている。

日経平均がまた1万を割りました。はぁ。



今日、といいますか、今週のこの状況については、『藤井財務相の軽率発言の影響が一番痛手』という見方が強いかと思います。

産経さん↓
藤井財務相発言が欧米金融機関に波紋

藤井裕久財務相の外国為替市場への介入姿勢をめぐり欧米金融機関や投資会社が批判や相場見通し修正を伝えるリポートを相次いで発表している。

 元モルガン・スタンレーのグローバル為替リサーチの責任者でブルーゴールド・キャピタル・マネジメントのマネジングディレクターのスティーブン・ジェン氏は9月29日付の顧客向けリポートで、鳩山政権について「外為市場に介入しない方針を宣言することで、最初の政策上のミスを犯した」と指摘した。


もちろん、前から言ってるCO2削減量25%やら、亀井氏の発言なども絡んでいると思いますが、なんといいますか、そのあたりのことをもうちょっと責めるべきでは?



もう一つ大事な点。

ブルームバーグさん↓
TOPIXが世界ワースト1位、鳩山政権政策や円高重し-9月騰落率

9月30日(ブルームバーグ):日本株の出遅れが鮮明だ。9月の月間パフォーマンスは、TOPIXが世界の主要株価指数の中で最も悪かった(30日の日本株取引終了時点)。欧米を中心とした世界の株式相場の上昇基調が続く中、日本株は中期的なトレンド線を割り込んで調整局面入りの様相。鳩山新政権の政策不安や、為替相場の円高傾向などが重しとなっている。

リーマンショック、サブプライムショックなどと言われていた時は、「世界同時なのでしょうがない」という言い訳もできるのですが、9月に関しては、主要先進国は軒並みプラスの中、日本だけがマイナス、ということです。

ある意味、今の方がよっぽど深刻なような。



まあ、株価でどうこうというよりも、円高云々の影響で、年を越せない中小がどのぐらい出るのかの方が気になるんですけどね。

「超急いで3ヶ月で景気対策やる!」なんていっても、年越しには間に合わないわけですから。



明日・一週間後にはどうなってるのかわからない話ですので、これ以上つっこんで細かく言うつもりはありません。素人ですので。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 19:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

民主党 鳩山内閣について 感想

今日3つめ。これすらアップしてなかった。


民主党ホームページ 大臣一覧

ええと、もちろん素人感想で、なおかつ私が知っている人に関してのみの感想ですが・・・

全般的に、「この人はここだろ」という方向性は、無理なく収まってる感じがしました。

他党である亀井氏、福島氏も、むしろ「上手に据えたなあ」という感想です。



といいますか、数年前までは政治家の名前なんて総理ぐらいしかわからなかったのに、今この民主内閣の半分以上の顔と名前を「誰なのか」判別できた自分はなんなんだろう・・・

むしろ20歳すぎても無知・無関心でバカ丸出しのまま過ごしてきたことを恥じるべきなんだろうか。

複雑な気分。



一点だけ。


法務省:千葉景子氏


ここだけは、私個人的には相当気になります。



この人の名前を最初に知ったのは、国籍法改正の時。

このブログで、去年12月に書いた記事↓
国籍法改正案が全会一致で可決→5日成立しました 感想(追記)

この件に関わってる人です。


私がずーっと「気にしてる」と言い続けてきた、「外国人参政権」「人権擁護法案」の2つを、強烈に推している人です。

もうすでに、「やる気満々宣言」が出されていますが・・・ どうしたものかなと。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 18:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鳩山氏の故人献金に関わる税理士が亡くなられた件 感想

今日2つ目。前に書き途中で放棄してたものに書き足し。


選挙前から、いやむしろ小沢氏秘書逮捕のあたりからずっと繋がってる話題ですが、その「最新情報」を、勇気あるフライデーさんが記事にしたようです。

フライデーさん(記事は、会員になるか買って読まないと読めません。)

ええと、この件は9月頭に既に騒ぎになっていたはずです。知ってる人は既に知ってる、わりと有名とすら思える内容ですが、↑には何も書いてないので概要だけ分かるように説明しますと、

【西松事件経過】
09/01/21 西松建設社長を逮捕
09/01/21 元西松建設専務 【死亡】
09/02/24 長野県知事の元秘書 【死亡】
09/02/26 青山腰骨折
09/03/01 赤旗記者 【死亡】
小沢スキャンダルを告発した元衆議院議員、
ソウルで心臓発作で【死亡】
09/03/03 小沢第一秘書逮捕
09/03/03 民主党岩手支部家宅捜索
09/03/04 民主党支部の事務所がある相模原卸売市場で火災、
       960平方米全焼
【故人献金問題経過】
09/06/16 朝日新聞が鳩山由紀夫代表の故人献金問題を報道
09/08/29 鳩山総理の故人献金を知り尽くす、
       税理士花田順正さんが心不全で【死亡】。

↑この結構出回ってるコピーペーストの、一番最後の事件のことです。



まず、絶対に勘違いしてはいけないのですが、事件性がある(他殺である)証拠はありません。又、証拠なしでどうこう言うのは名誉毀損に繋がる問題行為ですし、亡くなった方のご遺族の気持ちも十分気遣うべきです。


ただ・・・

実際に亡くなられたり、怪しい火事が起きたりしていること自体は、どれも事実です。

フライデーさんの記事もどこまで信じていいのかわかりませんが、とりあえず、税理士の方がこのタイミングで亡くなられたこと自体は事実なわけです。

あえて言うのなら、地方紙でチョロっとなら既に報道されているけど、TVでは報道されない。それだけのことです。




一言。


偶然かもしれないけど、疑問に思わない方がむしろ変。


そして、疑問に思うこと自体は個人の自由・・・なはず。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 18:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

民主鳩山氏の、温室ガス削減目標25%明言について 感想

毎日さん↓
鳩山・民主代表:温室ガス25%減明言 環境相は「高く評価」 経産相ら「実現困難」

斉藤鉄夫環境相(公明党)は8日午前の閣議後会見で、民主党の鳩山由紀夫代表が20年までの温室効果ガス排出削減目標(中期目標)を「90年比25%減」と明言したことについて、「高く評価したい」とエールを送った。一方、河村建夫官房長官(自民党)と二階俊博経済産業相(同)は「実現は極めて難しい」などと批判した。


ええと、地球温暖化に関わる話ですね。

ようするに、

この数字は、日本の工業・産業を軒並みぶっ潰して、冷暖房やガソリン車等を完全に禁止して、尚且つ日本の人口を減らすぐらいの勢いじゃないと達成不可能なのでは?

というケチがついているということです。

あくまで目指すは目指す、目標は目標ということで、「実現するなんて誰も言ってない」という醜い言い訳も出来なくはないですが、

「こんなことを世界に偉そうに公言しちゃって、後で世界から『実現できなかった責任』について突っ込まれたらどうするんだよ・・・」という懸念はあります。



ちなみに、国内の調整だけで不可能だった場合の最終手段は、あるにはあります。

「他国のCO2排出量を金で買う」「技術提供という名の資産を海外に差し出す」ことで、達成率をごまかします。ようするに、「金で数値を買う」ということです。何でも金で解決です。

言うまでもないですが、私達の税金が湯水のように使われることになります。






この内容は、経済活性化とはまったく逆方向、完全に矛盾しているのでは・・・

民主党を支持したにも関わらず、こんな疑問を持った人はちょっとおかしいです。


この「25%」という数値は、選挙前からマニフェスト(公約)の中にありました。鳩山氏は、公約を律儀に守ろうとしているだけです。責めるのはお門違いもいいとこ。


現に、今の環境相(公明党)は「高く評価」と言ってるわけですし、信じるべきです。




私の考え?

今から撤回して、もう少し小さな数字にして欲しいと思っています。外交上の見栄は必要だとおもいますが、この不景気の中で決めることにしては、コスト計算が無茶苦茶なんじゃないでしょうか。

言ってもどうせ達成できない、本当に達成しようとしたら日本が潰れるような内容なら、言うべきではないです。




以下、おまけ。

全くもって知識不足な私の、「エコ」に対する考え方を書いておきます。



・エコは必要なことです。大事なことです。

・エコには様々な種類があります。一部については「何の価値もない」「むしろ悪影響」「企業や国家の金儲けの為に作った嘘理論」だと思っています。

・エコの考えかたの中の一つである「地球温暖化」は、「人間のせいとは言い切れない」と思っています。「地球の周期の中での温暖化」が主原因であり、人が影響を与えてる部分は本当にごくごくわずか、仮に人間が死滅して、人間的な視点での「クリーンな地球」になったとしても、温暖化は止まらないと思います。

・もっとも完璧なエコとは、「生きない」ことだと思います。人間は罪深い生き物です。

・エコの考えとは全く別に、「物を大切にする」というのは、「精神論」「人の持つモラル的に」大切なことだと思います。

・↑の2つはなんだか宗教的で気に入らないのですが、宗教を完全に切り離しても、私に出せる答えは同じだと思います。



どうしても許せないバカげた話だと思われた方は、ご意見ください。多分間違ってますので。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。