PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新総理(首相)は菅直人氏に 感想

ちょっと時間がないので手短に。と思っていたらけっこう長文に・・・

次の総理は菅直人氏に決まりました。過去に「民主党の看板」を何度か担いだこともあった、重要かつ有名な人だと思います。

また、いきなり話が飛びますが、「奥さんのコメントが好印象」なんていう記事もみかけました。がんばって欲しいですね。嫌味ではなく。



さて、私が菅氏と聞いて、一つ思い出す事件があります。

多分誰も気にしていなくて、私一人しか気にしていないようなどうでもいい内容。

2007年02月09日に、このブログで私が書いた感想↓
民主、菅氏の「産む生産性」発言について
(今読み返してみましたが、なんだか要点がわかりにくくてめんどくさい文だなーと思ったので読まなくていいです。)


もう3年もたってるのか・・・複雑な気分。

とりあえずこの内容の要点をまとめると、

----------------
自民柳沢氏の『産む機械』発言を激しく非難した菅氏も、過去に『子供を産む生産性』という趣旨の発言をしてるだろ。マスコミはちゃんと中立に取り上げろよ。

取り上げるどころか、朝日新聞さんに至っては菅直人氏の過去発言を隠蔽してやがる。ひどい。

----------------


こんな細かいこと誰も気にしてないと思いますし、今読んでも(自分自身が)キモいと思ってしまいましたが、少なくても、ただの素人の私が、「TV・新聞社の出してる情報」に強い疑問を持つようになったのは、この2007年2月の文章を書いてからなんです。


そういう意味で、菅直人氏は、私にとって思い出の人です。

その人が総理になる日が来るとは・・・  支持・不支持と関係なく、祝福したいです。なんとなく。



そして、これから注目したいのは、

「マスコミは、菅直人氏の味方になるのか敵になるのか」

これですね。


あれから3年、私の心や考え方はどうしようもなく荒廃し、

「日本の政治って誰が動かしてるの?」

と聞かれたら、迷わず

「マスコミ!!」

と答えるぐらいにまで荒(すさ)みきってしまいました。


「ネットの情報に毒された」「中二病かな・・・」などと疑ってみましたが、よくよく考えても「この考えで間違ってない。恥ずかしくない。」という結論で、私の心は納得しています。


ということで、菅氏が上手くいくかいかないかは、TV局と新聞社が決める事だと思っています。

菅氏は歴史のある人です。過去に、マスコミに助けられたことも敵になったこともあると思います。もちろん局・新聞社によっても違うと思いますが、どこがどういう反応を見せるのか、とても楽しみです。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 19:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今回も政治主導と称した体制なんでしょうか?口ばかりで何であっても、遅々と進んでないように思うのですが。。。

| カズミ | 2010/06/12 10:00 | URL | ≫ EDIT

また読ませて貰います(*^-^*)

| ゆっきー | 2010/06/13 22:49 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます。

菅氏は鳩山氏とはかなり違う方向性に動いているみたいですね。なんといいますか、変な言い方をするのなら「今までさんざん反対してきた自民党寄り」といいますか・・・

| まるぽん(管理人) | 2010/06/14 18:09 | URL | ≫ EDIT

また読ませて貰います(*^-^*)

| みさみさ | 2010/06/21 03:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marupodo.blog113.fc2.com/tb.php/578-42087502

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。