PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

五輪フィギュアフリー 浅田真央:銀 キム・ヨナ:金 感想

2日前にフィギュアフリーの得点についての感想を書いたので、その締めの意味で。

時事通信さん↓
■浅田は銀メダル=金が歴代最高点で優勝-安藤5位、鈴木8位-フィギュア女子

【バンクーバー25日AFP=時事】バンクーバー冬季五輪14日目の25日、フィギュアスケートの女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の金妍児(韓国)が世界歴代最高点で優勝し、韓国にフィギュアスケート初の五輪での金メダルをもたらした。浅田真央(中京大)は2位だった。


まず最初に、キム・ヨナ「金」・浅田真央「銀」という結果についての感想。

二人の順位について、ケチも付けようがないもないです。キム・ヨナは完璧でした。金メダルに相応しい内容だと素直に納得。すばらしいものだったと思います。

真央も銀メダルおめでとう。誇っていいですし、まだまだチャンスはあると思います。がんばってほしいですね。



では本題。前の感想から続いてる「点数のつけ方」「点差」についての話。

採点法については、

wikipedia フィギュアスケートの採点法

ここに一通り載っています。

これを一通り読み、他の詳しいプロの方の解説や、点数に関する他の方の意見なども読みましたが・・・


「フィギュアの点数評価は理解不能。お手上げ。」


素人の私の出した答えはこうなりました。


「仕組みがわからない」というわけではないです。むしろ「素人向けの曖昧なごまかし説明」などは、こちらからツッコミ入れれるぐらいには理解したつもりです。


そういう話ではなく、審査員の「加点を何点にするか」の判断基準がすごく適当に感じる。

なんなのこれ?

素人ごときが「適当」などといっていいのかとお叱りを受けるかもしれないですが、そもそも・・・


■バンクーバーオリンピックの結果
金 228.56 キムヨナ 韓国
銀 205.50 浅田真央 日本
銅 202.64 ロシェット カナダ
4 190.15 長洲未来 USA
5 188.86 安藤美姫 日本


■トリノオリンピックの結果
金 191.34 (③66.02+①125.32)荒川静香 日本
銀 183.36 (①66.73+②116.63)コーエン USA 
銅 181.44 (②66.70+③114.74)スルツカヤ ロシア



この圧倒的な点差はどこから生まれたのか。

完全にインフレ状態です。


今年はキム・ヨナの世界最高得点ばかり目立ちますが、真央、ロシェット、長洲、安藤の得点だって、軒並み1割増しぐらいの高得点なわけです。

それほどまでに高レベルだった・・・と納得すればいいの?



更にもう一点理解できないところ。

「審査員が誰なのか」を調べようと思っても、審査員が匿名で誰が何点をつけたのか分からない。

なぜ匿名?

昔は違ったような記憶がありますので何か理由があるのだと思いますが、なんともモヤモヤする。




前日の感想に続き、またまた浅ましくもボクシングの話を持ちだしますが、ボクシングのジャッジにも山ほどひどい問題があるとはいえ、フィギュアに比べれば採点項目や考え方は遥かにハッキリしていますし、何よりも「KOしてしまえば、どれだけヒドイ判定でも覆せる」という最後の手段があります。

そして、最近のボクシングは判定結果を積極的にオープンにする環境になってきています。ラウンドの途中で点数を公開しますし、匿名なんてありえません。



そういう意味で、「公平なるジャッジの元、明確な順位をつける競技」として、フィギュアはどうなんだろう?と思ってしまった。

どういう基準で白黒つけてるのかを無駄にしつこく気にする私しては、フィギュアはどうも馴染めない。曖昧すぎる。


正直かつ殴り書きの素直な感想です。




最後にもう一度補足ですが、仮に今回のバンクーバーの「インフレ得点」を抑え気味に、もっと多くの人が納得できるように修正したとしても、キム・ヨナが金なことは変わならないと思います。

選手は最高の演技をして、見る側は純粋にそれを楽しむ。そういう意味での「フィギュアスケート」には充分な魅力があると思いました。ですので、頑張った選手が非難を受けるのはかわいそうですし、私の書いた事自体がそれにあたるのなら、書いたこの文章の最後で、さっそく謝罪しないといけないと思います。ごめんなさい。

グチグチ書きましたが、不満の矛先は「得点方式」や「ジャッジ」であって、「選手」じゃないです。メダルを取った選手たちは、しっかり褒めたたえてあげないと。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 社会現象・流行 | 21:12 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

フィギュアは死んだ。

ジュニアの選手でもできそうな内容をミスなくこなしたキムと
難易度の高いトリプルアクセルを決めた浅田真央。
多くの人が納得いく修正を加えたらキムの金はないんじゃないかなあ。
まあ、仮にそうじゃなく、間違いなくキムが金なのだとしたら、キムの演技内容が目標になるわけで、
今後のフィギュアは難易度の高い技を競わずに無難にまとめるつまらない競技とさえいえないものになるでしょう。
結論。フィギュアは死んだ。

| sakuyatachi | 2010/02/28 15:25 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます。

「3回転半+2回点」が「3回転+3回転」より基礎点が低いという点については、「そういうルールなので」ということで無理やり納得しています。

無理やり、と書いた通り、何故難しいものの方が点が低いのか、理解しがたいものはあるんですけどね。

| まるぽん(管理人) | 2010/03/01 08:49 | URL | ≫ EDIT

久しぶりに覗きに来ました。応援ポチっとです。

| ゆっきー | 2010/04/06 23:25 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marupodo.blog113.fc2.com/tb.php/568-957c13a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。