PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

衆議院選挙 投票と民主圧勝について 感想

選挙法の件があるので、選挙期間中に入ってからは話題を封印していました。

といいますか、私自身が投票するギリギリ1分前まで「どこの党に入れるのか」を決めかねていましたので、そんな状況でいい加減に書いたものが、選挙間近の「他人の参考」になるのは問題かな・・・ というのがありまして。


さて、民主党の圧勝となりましたが、いろいろと思うところがあるので、いくつかにまとめて書いておきます。


■投票について

「民主には入れない」
「かといって自民にも入れない」
「外国人参政権・人権擁護法案は相当気にしている」 

このあたりはちゃんと最後まで貫きました。


ただし、

「民主、自民どっちにも入れないのなら、どこに入れるんだよ」

これには本当に困りました。


「白票はなし」という自分ルールを作っていましたので、無理やり一票投じておきましたが、10人に満たない野党の多くは、結果的には民主党と手を組むわけですから、それらの野党に入れる場合、「民主ではないけど、”民主寄り”の答えを出した」と言えなくもない。


ここまで時間をかけて、一生懸命調べてきた「結果の一票」としての価値はあったんだろうか・・・

まあ最近は「結果よりも過程」がモットーになりつつあるので、これでもいいかなと自己満足してはいますが。



ちなみに↑は「党選び」の話でして、「地元の候補者選び」については、党を完全に無視して、個人個人の政策らしきもの”だけ”で比べ、一票入れてます。

こっちはもう私のスタイルとして前から固まってますし、迷いも特になくあっさり。



■各党に対する感想




・民主党、政権交代おめでとうございます。

このブログでは、褒めるよりも問題点をつつく事の方が多かったですし、一部の政策ははっきりと反対ですが、逆にいくつかの政策には期待しています。

そして、兎にも角にも「ねじれ国会」は最悪ですので、それが解決するのは良いことだと思います。


ただし、小沢氏・鳩山氏の黒い部分が、なぜか「見えないフリ」をされたままですので、そこは明確に清算すべきだと思います。

といいますか、私のここ数年の「民主党への不満」は、民主党が気に入らないというよりも、「民主党を応援する特定TV局・新聞社の、やり口・手段・ねじ曲がりっぷりが気に入らない」というのがメインなんですよね・・・

政権を取ったら逆になるのかな? それもバカバカしい話ですが。

ちなみに、こと「選挙期間中だけ」については、前回の参議院選の時よりも、随分中立に気を使った報道がなされていたと思いました。それはよかった。





・自民党、ボロボロです。現役も元大臣もボロボロ。特にお年寄り議員の落選っぷりが恐ろしいことに。

方針は嫌いじゃないです。ただ、そういう私ですら今回票を入れていません。ダメなとこはダメですから。

このブログで私の自民批判が少なめだったのは、「TV・新聞が細かく激しく突っ込んでくれるので、わざわざやらなくてもいいか」的な気持ちが強かったからだと思っています。

ちなみに、年金・郵政・格差・箱物等々の「有名な問題点」とは別に、私個人が非常に大きな不満として持っているものがあります。

超バカバカしくマヌケな「規制」の数々。

「消費者庁によるこんにゃくゼリー規制」をはじめとして、「ダウンロード違法」、「ダガーナイフ規制」「タスポ導入」、まだ決まってない「児童ポルノ法」も含まれるのかな? どれもこれも印象が悪いです。

もちろん、すべて自民のせいだとはいいませんし、民主にかわって良くなるとも思えませんが、もうちょっとなんとかならないものだろうか・・・



ああでも、自民の中で、石破氏だけはかなり好きだったり。大臣から外れることになるので、またTVなどに出るようになるかな? この人は、むしろ野党の視点の方が面白いかもしれない。

代表などになると、右右右右言われてややこしくなるので、それより一歩引いたとこのほうがいい味が出るような気がします。



・公明党、「ほっといても不思議と安泰な党」などと勝手に思っていましたが、そう甘くはなかったようですね。都議選のようにはいかなかったみたいです。

太田代表の落選は、イメージ的にも大問題でしょう。






その他の野党。当選者の人数は、

共産 > 社民 > みんなの党 > 国民 > 日本 となりました。

いくつかの党は既に「民主と連立組みたいです!!」と言っており、民主も参議院では単独過半数を得ていない関係上、これをのむ方向だと思います。

個人的には、「くっつく」よりも、「グチグチと文句を言う」立場になって欲しいものです。

そうじゃなきゃ、党が分かれている意味すらわからなくなってしまうので。





ある意味今回の選挙で一番目立っていたのかもしれない「幸福実現党」は、300人以上の候補を立てたにもかかわらず、一人も当選できなかったようです。惨敗です。

前にも書きましたが、「タブーに突っ込める党」として、一議席ぐらいあったら面白かったかもしれません。

幸福実現党はその敗因を「露出(TVなどにあまり取り上げてもらえなかった)」と言っているようです。まあ、気持ちはわからなくもないですけどね・・・



なんだろう、この党の肩を持つわけじゃないですが、「当選するにはどうしたらいいか」って、かなり歪んでるとは思ってます。

問われる能力は「政治力」ではなく「選挙に勝つ」能力、「党」という肩書きがその個人の魅力以上に強大である等々・・・





こんなところです。



そうそう、私の大好きな「中立的な視点で」という言葉を使うのなら、「白紙投票」「投票しない」事こそが、一番の中立なんですよね。

投票率が思ったほど伸びていない理由に、「自民も民主もどっちも入れたくない、なら入れない」というのがあるのかもしれません。

ちなみに私は何故それを拒否してるかといいますと、仮に「49.99999点 vs 50点」であっても、私は「同点」ではなく「後者」を選びたいと思っているからです。

僅差であっても決断しないといけない。そのバランス取りは苦痛ですが、やりがいがあり、自分自身に対する後悔が少ない。

途中で書いた「結果より過程」というのはそういうことです。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 18:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marupodo.blog113.fc2.com/tb.php/535-642be9e2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。