PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

各党の今の段階でのマニフェストについて 感想

選挙が近いということで、「マニフェスト」という言葉が頻繁に飛び交っています。

このブログでも過去に、「どこに投票するかはマニフェスト読んで決めるべき」と何回か書いたので、有言実行ということで、実際にチョロチョロと流し読みしてみました。ついでに超いい加減なコメントも。

※間にTV局・新聞社が入るとねじ曲がるので、全部「政党ページ」を直接見に行ってます。

ちなみに、とりあえず今の段階(7月30日)までで調べたものなので、公示日(8月18日)までに内容が変わったりするかもしれません。まだの党もありますし。

好き勝手に変わったり、何か言われたら変えれるようものに価値なんてねーじゃん。アホか。」と思いつつも、まあ、まだ時間はありますからね・・・




自民党は、まだ出てないです。概要みたいなのは流れてますけど、ちゃんとしたのが出るのは明日(31日)だったかな?




民主党は、↓のページからpdfファイルで見れます。webページでも見れますね。
民主党の政権政策マニフェスト2009

ええと、内容云々の前に、鳩山氏の顔だらけなのが気になりました。それでファイルが重いのか。

資料としては、ちゃんと「売りの部分」と「細かな部分」と両面でフォローしてるので、分かりやすくて良い感じです。

「分かりやすい=大事なことや知られたくないことが抜けてる可能性がある」ということですし、財源云々の話とは別の、あくまで「資料として」という見方ですが。

あと、ひとつ大きな不満があります。

「民主党になったらこれが怖い」といわれてるのが、「外国人参政権」と、「人権擁護法案」の2つなんですか、後者についてはちゃんと記載されているのに、前者の「外国人参政権」については触れられていない。

たしか、鳩山氏は思いっきり賛成だったはずです。抜けてるのは気持ち悪いので、ちゃんと明記してほしいですね。




公明党は、↓のページの「manifesto '09 重点政策から(PDF:237KB)  」というのがそうです。
公明党 政策ページ

うん、なんというか、勝手に一定議席が確保される党ですし、宗教に対する抵抗感やら、その他いろいろ・・・(以下略)

・・・というような、先入観みたいなものを捨てて読んでみましたが、なにげに細かくて、しっかりしている内容だと思いました。全部で81ページもありましたので、さらさら流し読みしかしていませんが。

とりあえず、永住外国人の地方選挙権の件、人権擁護法案(人権侵害救済法(仮称))の件、2つともちゃんと書かれていました。

尚、この2つにやたらとこだわるのは、「過去にこのブログで書いたこと」への有言実行のつもりです。1年以上前から書いてますし、今年の4月にも書いてます。




共産党のは多分これ↓ 
「国民が主人公」の新しい日本を――日本共産党の総選挙政策

PDFではなく、直接webページを読むタイプです。大きく3つに分かれれて、それごとにページがある感じのようです。

感想ですが、「いついつまでにこうします」的な具体的な数字が、長い文章のわりには少ないと感じました。「今はこういう状況です」という、データ的な数字は多いのですが・・・

過去の出来事含め、共産主義は「ないない」と思っていますが、ここ数年は、「あれ、けっこうまともなこと言ってるぞ」「なかなか頑張ってるじゃん」と思ったことが何回かあり、、評価はコッソリ上がっているんですけどね。




国民新党は、まだっぽいです。古いのしかなかった。




社民党↓ 
衆議院選挙公約2009・概要版 Manifesto(第一次案)
「今回発表したものは、法的には、「マニフェストに盛り込むべき内容」の概要です。」と、最初に注意書きしてありました。最初からこういう説明がしてあることは好印象。

社民の方向性に賛同はしませんが。




幸福実現党。
他にも党はあるんですが、広告に力を入れてるせいか、知名度はかなり上がってる気がするのでフォロー。

pdfファイルの場所がちょっと分かりづらかったので、直接リンク↓
主要政策(pdfファイル直接ダウンロード)

んー、半分くらいぶっ飛んでます。過激です。特に「軍」と「憲法」に関する部分。

ただですね、面白いです。多分、TVなどではタブーとされそうな部分に強く踏み込んでいるからだと思います。「そうだよね」と思える所もけっこうありました。

特に「温暖化対策」に関する部分は、個人的に支持したい。外交上の問題で無理でしょうが、言いたいことはよくわかる。

まあ、宗教が絡むということで、公明党を見る目に近いことを思ってしまいますし、「面白いから票を入れる」というわけではありませんが・・・





全体に対する感想。

「一生懸命読んでも、結局どこにも入れたくねーよ!!」というのはおいといて・・・




一言でマニフェストと言っても、書き方も内容も訴え方もバラバラ。

それが面白いといえば面白いのですが・・・ 読んで把握するのに、とにかく時間がかかる。

素人が、たかだが一票入れる為だけに、そこまでやれるものなのか?」と、思ってしまう。



Aの問題については、各党こう言ってる。

Bの問題については、各党こう言ってる。

Cの問題については・・・


こうやってまとめられると、分かりやすいんですけどね。


そう、TVや新聞がやってる仕事です。


上の方で、「間にTV局・新聞社が入るとねじ曲がるので」と書きましたが、それを拒否して自分で1から把握するとなると、確かに大変なんです。

やっぱり「まとめる人」は必要ですし、ありがたい。再認識しました。



だからこそ、もっと「中立」という言葉にこだわって欲しいなあ・・・ 

特定の党の味方をするなんて論外ですし、どの項目についても、できるだけ公平に扱ってほしい。例えば、「外国人参政権」についてだけ故意に扱わないとか、そういうのはやめてほしい。

ちゃんと報道してください。お願いします。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 20:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

どこも一緒かしら

言われるととおりです。

鳩山さんばかり目立っても仕方ないっでしょ!

幸福実現党も、非現実的かも・・・

| ひろ | 2009/07/30 22:35 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます。

幸福実現党は、その方向性に賛同できないにしても、「どこの党もいれたくない、どっか新党できないかな・・・」という願望に答えてくれたのですから、そこは評価されるべきだと思いますよ。



今日(31日)、自民のマニフェストの発表だったはずですが、まだ読んでいません。時間が出来たら確認しておきます。

| まるぽん(管理人) | 2009/07/31 21:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marupodo.blog113.fc2.com/tb.php/531-88df1783

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。