PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

グインサーガ 栗本薫さん死去 感想

yahooニュース(J-cast)さん↓
作家・栗本薫さん死去 「グイン」引き継ぎは未定

作家の栗本薫(本名・今岡純代)さんが2009年5月26日、すい臓がんのため死去した。56歳だった。夫で元SFマガジン編集長の今岡清さんが27日未明、mixi内日記のコメント欄で、「26日の夕刻、私の奥さんは他界してしまいました」と報告した。葬儀は近親者のみで行い、後日一般のファンなどを対象にしたお別れ会を行う。

ご冥福をお祈りいたします。まだ若いのに・・・ 残念です。


そしてグインサーガは126巻で途中・・・ うう。


ええと、私が読んでるのは80~90巻ぐらいまでかな? 全部ではないしろ、けっこう読んでます。その後は仕事が忙しくなったりなんなりで、あやふやになってますが・・・

最近の巻も、完全に読んでないわけではなく、電車に乗る直前に本屋に駆け込んで、「裏のあらすじを見ながら、巻を飛び飛びで買ってしまったり」などしてました。


まあ、元々は「100巻完結」と言い続けていて、途中でそれが変わったわけですので、読者も半分ぐらいは覚悟していたと思います。

栗本氏の書き上げる速度が半端ないとはいえ、「終わりのメドがない」のなら、まさにエンドレスですので。(ひょっとしたらあったのかな?)

そして、栗本氏自身が「あとがき」で、こういう「未完」の可能性についても懸念していたと思います。

最近のことはわかりませんが、100巻より前の段階から、「自分が生きている間に完結できるのか」と、度々書いていました。

だから尚更、読者にとっても「思うところ」があったと思います。80歳ぐらいまでずっと書いててほしかった。残念です。




一巻を読み出したのは中学生の頃だったかな? 高校かな?

動機は非常に不純でして、そのころ、ある有名TVゲームのイラストを手がけていた「天野芳孝」氏のふにゃふにゃ線の絵が大好だったので、「その絵がついた小説を本屋でたまたまみつけた」、というのがきっかけです。

1巻の挿絵は別の方で、天野氏の挿絵は途中からだったのですが、とりあえず「すごい続いてる」=「面白いんだろうな」という理由でチャレンジしました。

今はめっきり本を読む機会が減ってしまいましたが、電車通学の際には、本は「暇つぶしの最高のお供」でしたので、面白い時は連続して2,3巻読んだりしました。結局5、60巻ぐらいで最新刊においついてしまったと思います。


なつかしい。


上でも少し書きましたが、栗本氏の何がすごいかといえば、「執筆の速度」だと思います。

「今年はいっぱい出します。」とあとがきで書いたら、本当に2ヶ月に1巻ぐらいの速度で出してたりしました。ちょっとありえません。すごすぎる。

それだけの速度になると、気分的には「月間マンガ雑誌の連載」を読んでる感じになるんですよね。他の単行本型の小説とはちょっと感覚が違います。



なんにせよ、こういうことを、作者が亡くなった後に書くのは悲しいですね・・・




今後気になるのは、「別の人がこれを続けて、完結までもってくのか?」だと思います。といいますか、上のニュースも思いっきりそれですね。

私は全巻読んでいないので、もっとしっかりしたファンの方に申し訳なくて、「強い意見」を出す立場ではないと思っていますが、あえて言うのなら、

もし、本当に上手く引き継げるのであるなら、完結してほしい

という曖昧な答えになるかな? それが非常に難しいことだというのは分かるんですけどね・・・

もちろん、栗本氏自身に何か意向があったのであれば、その通りにしてあげるのが一番だと思います。



今はアニメもやってるみたいですね。ひょっとして、「こういう事態を考慮して」決まったのでしょうか。悲しいなあ・・・
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 生活・身近な話 | 18:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

グイン・サーガのプロットを書き残していたか、誰かに話していたのなら、それに従って誰かが引き継ぐか、もしくはプロットに説明を加えた解説本を出版して欲しいですね。

誰かが引き継ぐことについては、賛否両論あると思います。
全く別物になるのであれば読みたいとは思いませんが、栗本薫さんのプロットに基づいたものであれば、読んでみたいと思います。

これは、どれだけのプロットが残されているか、そして集められるかがカギになるでしょう。早川書房さんには、まず資料収集と聞き込みをして、検討していただきたいと思います。

引き継ぎが無理なら、創作資料をまとめた解説本を。

| | 2009/05/28 10:22 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます。

これまでのボリュームを考えると、別の誰かが引き継ぐというのは本当に難しいことですよね。そうでなくても、他の人が続きを作るというのは大変なのに。

キーとなるのは、「栗本氏が残したもの」ということになるのかな?

どういう形であれ、「ファンの全員が納得する形」というのは無理でしょうが、なるべく多くの人が納得できる方向に向かうといいですね。

| まるぽん(管理人) | 2009/05/28 18:36 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marupodo.blog113.fc2.com/tb.php/521-5593adc2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。