PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

民主小沢代表の秘書が西松建設裏献金で逮捕 感想その2

前に書いた、民主小沢代表の秘書が西松建設裏献金で逮捕 感想 の続きですので、まずはそちらを読んでいただけたらありがたいです。



まずは、前の記事で書いた、

まあ、同局の朝の某ニュース番組は報ステより遥かにひどいので、そっちでならもっとすごい発言が出るかもしれませんが・・・


について。

ようするに、TV朝日さんのスーパーモーニングです。

予想通りのひどさです。

この番組の惨たらしさに比べれば、同局の報道ステーションは、遥かに中立的な報道をしていると思います。

具体的に何がひどいかといえば・・・

書く気もおきない。イカれてる。といいますか、まさしく前の記事で書いた「予想」通りですから。

唯一まともで中立的な質問を投げかる「女子アナ」が、あの番組内でのただ一人の常識人だと思います。


むしろ、あの番組を見ている他の人達は、どう感じ、どう思っているんだろう・・・






次。事件の進展について。



と、その前に、「地検特捜部とは何か」について私個人の認識を。



普通じゃないです。特殊です。

徹底的にいいイメージで言い表すなら「必殺仕事人」、徹底的に悪いイメージで言い表すなら「国家権力そのものに近い悪の大組織」です。

言うまでもなく総理が動かせる組織ではないですし、過去、自民党の大物も山ほど仕留められています。


又、強烈な権限を持っているからこそ、「拘束したのに無罪放免」などいうことが一度でもあったら、おそらくそのたった一度のミスで組織は潰れてしまうと思います。


ですので、逮捕の前に、既に「黒確定、絶対有罪な材料」を完璧に入手済みのはずです。

それも、ただ有罪というだけでなく、世論をも黙らせるほどの強烈なブツを、です。



何より今回の相手は、次期総理の一番候補である小沢氏です。相手の強さはホリエモンどころの騒ぎじゃない。

地検特捜部だって「命賭け」でしょう。失敗したら人が一人二人死人が出てもおかしくない相手だと思います。



こんな認識です。



そして、そういう認識があれば、今おきている「逮捕後の流れ」は予想できたと思います。



それが「確定」かどうかは別にして、最初の逮捕理由が小さく見えてしまうくらい、真っ黒な情報があふれ出てきてますよね?





(・・・と、↑の内容を、本当は2日前にアップしておきたかった。「予想します」ではなく、後から「予想通り」じゃ、まったくカッコがつかない。子供みたいで恥ずかしい。)





さて、こういう話を逆に考えれば、↓のようなことも言えます。



「最高に悪そうな権力者が他に山ほどいたとしても、「確実に追い詰められる証拠と確証」を持っていなければ、特捜部は全く動けない。」


ようは、「証拠があるから捕まえる」「証拠がないから動かない」、それだけだと思います。


当たり前のことなんですが、ここが「必殺仕事人」のようにはいかない「現実」だと思います。


そして、「誰の目から見ても中立的な行動」というのは、不可能です。




さて、私はこういう割り切った感想しかもっていないわけですが、それでも「同事件に関係する自民党側の議員の逮捕」は必要なんじゃないかなと思います。

もちろん、「違法である」「証拠がある」という二つをクリアした上で、ですが、第三者から見た「中立性」は確実に高まります。


おそらくそうでないと、あと100年ぐらい「あれは国策捜査だった」と、一部の人達に言われ続けるのではないでしょうか。

その為「だけ」の、みせかけの中立が必要ってことです。

もはやそれは中立でもなんでもないかもしれませんが・・・ 「中立」って言葉は本当に大変だ。






ちなみに、これらの話は、「罪になるか、ならないのか」の話であって、「個人として許せるのか、許せないのか」とは別ですけどね。



特捜部の逮捕は、意図に関わらず「みせしめ」です。

他にも同程度の罪を犯し、逮捕されていない人はいくらでもいるはずです。

ですので、許すことは自由だと思います。





最後。気になった意見について。


■「なぜこの選挙前の時期に・・・」

これを言う人は、いったい「どの時期」に逮捕してほしかったんでしょう。


選挙中?

総理になってから?

それとも、わかっていても時効で逮捕せず見逃すのがよかった?


「どうしてほしかったのか」も付けてもらえないと分かりません。


前にも書きましたが、この事件自体は「降って沸いた」わけでなく、「前から徐々に進行」していて、単にマスコミが力を入れて報道していなかっただけです。


ついでに言うなら、この件を一番しっかり扱っていたのは共産党広報です。



■「国民はバカじゃない! 騙されるな!」

そうですね。その通りです。

ですが、まずはこういうことを言う人自身の発言が「騙し」でないのか、そこを一番に注意すべきだと思います。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marupodo.blog113.fc2.com/tb.php/505-c6481a64

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。