PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

23日の太田総理「老人は75歳でタダに」 感想

太田総理(太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。)ですが、半分ぐらい見ました。「75歳まで頑張って生きたら、あらゆるものをタダにします」が議題です。

感想先に書いておきます。

今回の太田総理は、かなり面白かったです。

良いと思ったことを箇条書きにします。



1.私が興味をもっていた話題だったから

数日前に若者に車が売れないのは、若者が金を持っていないからという内容を書きました。

その中で、

「非人道的」なことを書いてみます。

助ける優先順位は、「1.働く層」「2.子供」「3.老人」の順なはずです。
何故今の日本の政治は、「1.老人」「2.子供」「3.働く層」の順番になっている?

と、書きました。詳細は↑の記事を読んでもらうとして、非常にタイムリーです。



2.「消費税を上げる意味」について語られた

汚い言葉を使いますが、「政局」「自民vs民主」しか扱わないゴミ屑のような『偏向報道番組』を差し置いて、このバラエティ番組は「消費税を上げる意味」を丁寧に取り扱っていました。

良かったと思います。


といいますか、一昔前のマスコミは、

「選挙前になると消費税について一切語らなくなる政治家は嘘つき」

と言っていたのに、今は

「選挙前に消費税について語るなんてバカ」

と言っています。
いい加減にしてほしいです。頭が悪いにも程がある。

働けない老人は増え、働く若者は減っています。「ムダ使い」と「埋蔵金」は、「打ち出の小槌」じゃないでしょうに。



3.金美齢が、「マスコミの問題点」について追求していた

「なんでもかんでも国のせい、政治のせい、内閣のせいにする最高に頭の悪い日本の体質」「それをけしかけるマスコミの責任」について、この人は「TV番組の中で」発言していました。

関心しましたし、それをカットしなかった「番組スタッフ」にも関心しました。

また、その発言を喚いて消し止めようとした太田氏は、相変わらずこの番組で一番いらない人物だと思いました。



■4.最終的に、圧倒的大差で可決されたこと

どういうことでしょうか? 議論自体は五分五分だったはずです。

票と権力を持つ「老人」による反発が怖いから、自民・民主の看板のついたこの番組では、老人に味方しなくてはならないという「力」が働いたから?

などと、勝手に深読みしてしまいました。



大まかにはこの4つです。





さて、この番組の中で、「語ってほしいのに語ってもらえなかったポイント」がひとつありました。


日本の中で、一番金を持っている年齢層はいったいどこなんでしょうか?


老人を援助しなくてはならないのは、「その層」なはずです。



そして、それがもし「裕福なご老人」であるのなら、「貧しいご老人」方は、戦う相手を間違えていませんか?



私は、老人を敬う気持ちを忘れているわけではありません。自分のおじいちゃん、おばあちゃん、大事です。「身近な人」には楽に暮らしてもらいたい。

そして、戦争を生き残り、今の日本を作り上げた人々を尊敬している。当たり前です。


ですが、「政治」として考える場合、もしくは、「年齢層」というアホ臭くマヌケな区切りで無理やりグループ化して考える場合、見方も意見も全く変わります。

老人が「自分の為に誰かを犠牲にする」というのなら、他の年齢層も「自分と自分の身近な者の為に誰かを犠牲にする」と思います。

番組内でどなたかかが、「こんなことをすれば、年齢層による争いが激化する」なんてことを言ってましたが、まさにその通りです。ほんと今回はよい内容だったと思います。


そして、一部の老人がたは、日本の「票」と「金」と「権力」を握っています。TVのような露出の高い場所では、私のような「危険な意見」は、どうやったって出せないでしょう。それを責めるのは酷です。


だからこそ、「思いやり」という言葉を利用した思考停止の誘導に乗せられず、「税金は誰が払うのか」「お金は誰が持っているのか」「本当に人を助けるとはどういうことなのか」を、自分の頭で考えるべきだと思います。

この世に「全員が得をする神の一手」などありません。賢く正しい政治とは、「冷たいもの」なはずです。「嫌なものから目をそむける人」より、「嫌なものに嫌われながらも正面から立ち向かう人」を、私は評価したいです。



麻生総理のこと言ってるわけじゃないですよ。私は相変わらず「半分評価」「半分批判」状態で、自民と民主、どちらにも入れたくないです。

といいますか、自民vs民主の対決ニュース、いらないです。無価値。

どっちでもいいんだよ。「日本を良くする法案」がスピーディーに通るなら。




おまけ。太田総理の中で一番気に入らないのは、「国民が怒っているランキング」です。

あれ、得票数を横に出してくださいよ。怪しすぎます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 放送倫理・捏造・偏向 | 22:51 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

太田も必要だとおもいましたよ

こんにちは
応援のポチをさせていただきました。
マスコミの愚劣さを割りと正面から取り上げたということで、最近にないいいバラエティだったと思います。
小泉チルドレンといわれて当選して、今となっては黙り込んでいる税金泥棒の連中にこそ、国民は相当に怒っているはずなんです。あの、一期生の連中を引っ張り出して、日本をどういう風に変えていくんだという主張をさせたいです。
そこに、太田、楽太郎らがからんだら、視聴率がとれそう。

| 八歩 | 2009/01/24 17:33 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marupodo.blog113.fc2.com/tb.php/494-4e0e5f0f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。