PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【こんにゃくゼリー規制問題】男児パンを詰まらせ死亡 感想

産経さん↓
男児パンを詰まらせ死亡 千葉・船橋

千葉県船橋市宮本の市立峰台小学校(末永啓二校長)で6年生の男児(12)が給食のパンをのどに詰まらせ、窒息死していたことが21日、分かった。

亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

こういう子供の事件、といいますか「事故」は、本当につらいですね。「誰のせいか」という明確な答えが難しくて。




さて、この事件がネット上で話題になっている理由は言うまでもないかと思います。この記事のタイトルにつけた「こんにゃくゼリー規制」との絡みがほぼ全てだと思われます。ちなみに私はこのブログで2回もこの話題について書いてます。

「日経平均また暴落」の件と「こんにゃくゼリー問題」の件 感想
【蒟蒻畑】こんにゃくゼリー幼児死亡事件について 感想

どんだけこんにゃくゼリー愛してるんだ・・・


最初にお詫び。亡くなった方のことを考えると、この話題のもっていき方はどうなんでしょう・・・ 私も今書いているわけですが、大変失礼な事なのかもしれません。申し訳ありません。

なんといいますか、日々「○○殺人事件」なんてのが当たり前のように流れているせいで、感覚が麻痺してしまっているのかもしれません。ひどい言い訳ですね。罪深い。



では話を進めます。簡単ですね。



「窒息の危険が遥かに高い『餅』を無視して、こんにゃくゼリー『だけ』規制するのはおかしいよね?」



消費者庁「『餅がつまりやすい』というのは日本人の常識としてしっかり広まっているので規制は必要ないです。」



(今回のパン窒息事故)



「パンは『詰まりやすい』と認識されていないよね? 規制すべきじゃない? あと、パンには蒟蒻畑のような丁寧な注意書きは一切されていないけど、当然全商品に注意書きを義務づけるんだよね?」



消費者庁 『      ???       』




上の『   ???   』の答えが非常に気になるわけです。


最初からわかっていた「矛盾」です。

又、本来なら各々の事故に対して「事故に至った経緯」などもきっちり検証すべきですが、蒟蒻畑の事件は「子供と老人は食べるなと表にはっきり書かれているのに食べてしまった」という点が大きすぎて、細かく比較する必要性が薄く感じられてしまうのが正直な感想です。

「アレでダメなら他のも当然ダメだろ」という発想ですね。頭の悪い考え方ですが、大筋は間違ってはいないと思います。

あとは、絶対的な消費量の問題でしょうか。「たくさん消費されてるんだからこんにゃくゼリーと同じじゃないよ」とか。他にも「パンは食べれないと困るけど、こんにゃくゼリーはなくなっても大丈夫でしょ?」なんてのもあるかな。苦しいといえば苦しい、無理やり通そうと思えば通せるのかもしれません。



消費者庁はどういう見解を出すんでしょうか。それとも完全無視?

正直、興味津々です。



ただですね、この「パン」と「こんにゃくゼリー」を結びつける話の持っていき方に、ちょっとモヤモヤしたものを感じています。

そのモヤモヤですが、この事件で広まってる「厚生労働省:食品による窒息事故に関する研究結果等」というデータの中にあります。

1位:もち(168例、「こんにゃく入りゼリー」の84倍危険)

2位:パン(90例、「こんにゃく入りゼリー」の45倍危険)

3位:ご飯(89例、「こんにゃく入りゼリー」の44.5倍危険)

4位:すし(41例、「こんにゃく入りゼリー」の20.5倍危険)

(以下省略)

2006年度の年間の窒息死亡事故数をあらわすデータだと思いますが、パンは90例になっています。


つまり・・・

平均すると、4日に1人、パンによる窒息で亡くなっていることになる。

餅と違い、パンは年のある時期だけに消費が集中する食べ物じゃないはずです。ですので、無理やり平均にしてしまっても、そこまで違和感はないと思います。



では次の疑問。

パンによる窒息死事件が起きるたびに、TVや新聞は全国に報道していますか?




してないですよね? 

ものすごく限定された地方ニュースで流れるか、遺族の方が報道を望まなかったか、そもそも記者がいちいち一件ずつ取材なんて出来ないのか、とにかく報道されていないんです。



今回の事件は、学校=親族や本人以外の責任が問われる場なので報道されたのでしょうか。それとも、こんにゃくゼリー話題との絡みを狙って報道されたのでしょうか。


なんだかなあ・・・


「報道に操られてる」というのは言いすぎでしょう。人々が興味を持つ情報が提供された。ただそれだけのことですから。


ですが、とにかくモヤモヤします。


報道されたことだけ、目の前の情報だけに躍起になり、見えない部分に一切目を向けない。

私自身も、他の方も、国の機関すらも同じ。

こんなんでいいの?




このモヤモヤを晴らすべく、賢く広く公正な眼差しを持って生きる為には「時間」と「勉強」が必要ですが、自分の人生に直接関わらない話題にどこまで身を削れるものなんだろうか。

私自身、けっこうな「矛盾」を抱えています。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 社会現象・流行 | 20:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marupodo.blog113.fc2.com/tb.php/463-2a8302f6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。