PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

毎日新聞の変態記事英文報道の件 感想その3

6月30日に書いた【毎日新聞】日本人=変態となる記事を世界に発信 感想その2の件の続きです。

もうひと月近く経過したのか・・・ 

ええと、今回は、「毎日新聞さんがどういう実害を受けているのか」について書いてみます。


まず、騒動になってから、毎日jp(毎日新聞のネットニュース配信サイト)の広告が一切なくなっています。今載っているのは、すべて自社(毎日新聞)の広告のみです。

これは、広告を掲載していた企業に対して「あなた達はあんな変態記事をバラまく新聞社に広告出しているんですか!」とクレームが入ったことによるものです。細かい額面まではわかりませんが、バカにならない額でしょう。


それから、ドコモのiチャンネルのニュース配信元は毎日さんなのですが、それを知ったドコモユーザーがiチャンネルをかなり解約したみたいです。ついでに今日出た情報ですが、8月からは、iチャンネルは毎日さんではなく日本テレビ(読売系列)に変わるみたいです。


他にも、毎日新聞を解約するよう求めたビラが配られたり、毎日新聞社前でデモが行われたりもしたようで、細かなところで実害は受けているでしょう。紙面広告や購読者契約に対してです。



あと、海外にも情報は流れているようです。j-castさん↓
毎日「変態」英文記事問題 海外メディアも取り上げる

毎日新聞社の英語サイトが「低俗すぎる記事」を掲載していた問題で、毎日新聞は検証記事を掲載したが、国際的に反響が出てきた。共同通信が検証記事の内容を英語で配信したほか、米名門紙の捏造事件を引き合いに出す米国メディアもあり、「マスコミ業界における一大事」との見方が広がっているようだ。




騒動はどんどん大きくなっており、あくまで想像とはいえ、既に会社としての実益に影響するレベルに達しているのではないでしょうか。




このことについて私がまず気になるのは、この件を他の新聞社やTV局がほとんど扱わず、にもかかわらずここまで大きな話に盛り上がっているという点。


これが「小さな問題」でないことは、事件を知っている人ならわかるはずです。はっきりいって、TV番組で日々行われている「ネタ作りの為の日本企業叩き」よりよっぽど重大だと思ってしまう。

そして、「TV・新聞は、企業を際限なく叩きに叩いて廃業まで追い込むクセに、自身はちっとも罰しないのか」という疑問が沸くのではないでしょうか。毎日さんではなく、TV・新聞といったメディア全体に対する不信感です。



私はこのあたりの「怒りの心境」が、今の状況を招いているんだと思います。報道されないことがむしろ逆効果になっているという見方です。

さらに言うなら、今まではそういった「怒り」があっても、結局新聞・TVの力を借りなければ「社会的影響力」を得られなかったものが、この件では、TVや新聞が騒ぐ前に、毎日さんが実害を受けるところにまで達しているわけです。



恐ろしいというかすごいというか、けっこう重大な出来事なように思えます。



ちなみに、毎日さんは7月20日に正式な謝罪文を出しているのですが、いまだパッシングは収まっていない感じがします。私は↑の通り、むしろTVで記者会見でもやった方がスパっと収まるのではないかとすら思っています。




最後に。今回の件を踏まえて『注意が必要』だと思っていること。

悪名高き「2ちゃんねる」は、よく『何の力もない無職・ニート・フリーターの溜まり場』だと蔑まれていますが、実際に覗いてみると、「扱うジャンルによって利用者の層が全く違う」ということが分かると思います。

明らかに中学生ぐらいの子供がはしゃいでるだけの場所、ヒドイ暴言・中傷で埋め尽くされている場所、なんだか恐ろしいくらい専門的な知識を吐き出している場所、どう考えても「おまえら仕事サボってコメントしてるだろ」としか思えない場所、「あれ? 意外とモラルがあり筋の通った意見が力を持つんだな」という場所・・・ 

全般的に汚い言葉が飛び交っており、実際に目を背けたくなるようなコメントもあるとはいえ、場所(板と呼ばれてます)によって利用者の層は色々なわけです。



で、問題なのは、「世間のニュースに興味を持つのはどういった層なのか」という点だと思います。ここは本当によく考えるべきだと思います。



なにせ私自身、30歳を超えるまではニュースなんて殆ど気にしていませんでしたからね。仕事が尋常でなく忙しかったので、残った僅かな時間は趣味に費やしてましたよ。バカですよねええバカです恥ずかしい。そんなものです。


今回の件ですと、一番積極的に動いたのは、『既婚女性の方々』だと言われています。これは、「2ちゃんねる」から外の既婚女性に伝わっただけでなく、既婚女性の中に「2ちゃんねる」を積極的に利用している人が少なからずいるという意味です。


運営について色々な問題点を抱えているとはいえ、単なる「情報を得る為の道具」として利用されているわけです。mixiも然りです。


そのあたり、相手を見誤らないよう、注意は重々必要だと思います。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 放送倫理・捏造・偏向 | 19:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marupodo.blog113.fc2.com/tb.php/428-b33d8f70

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。