PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「崖の上のポニョ」 観る前の評判漁り感想

歌が先行して広まってる「崖の上のポニョ」。まだ観てないですが、観る前に情報集めてて一番まとまってたのがyahooニュースさんのこれ↓
「ポニョ」素朴さに賛否…試写反応に宮崎監督落ち込み

試写を見た映画評論家やベテランライターの評価は割れた。辛口意見から拾ってみる。

 「自然破壊や道徳、反戦を真正面から扱った直近の3作と比べると、愛と約束を守るというテーマは重要だが地味すぎる」「海が舞台の割にはスケール感がなく、高揚感も今ひとつ」「刺激に慣れた子供たちは同じ日に公開の『ポケモン』に足が向くのでは」

 実は当の宮崎監督も、「試写で作品を見た子供たちの反応が全く無く、『子供たちのために作ろうとしたのに空振りだったのか』と落ち込んだ」ともらしている。

 ジブリ映画に詳しい映画ライターの安保有希子さんは支持派だ。

 「内容について議論したいならば別の作品を見に行ったほうがいい。“ポニョ”は、頭で考えるよりも全身で楽しむ感覚に近い映画。ポニョのちょっとした動きが面白く、宮崎監督の人間を観察する力量を見せつけられた」

今までの人生の中での大好きなアニメベスト3に「天空の城ラピュタ」が入ってる私としては、ジブリ作品というだけで気にはなりますね。



さて、非常に素直に気持ちを書くと、個人的にジブリの作品は、「単純明快」で「壮大」で「楽しい」のが見たいです。お決まり王道でいいので、初見(初めて観たとき)から、スッキリ「面白かった!!」と自信を持って叫べる作品が見たい。

ようするに、伏線等を素直に綺麗に全部消化して、起承転結の王道を愚直に守り、最後に盛り上がってエンディングでは「ほぼ謎が残ってない」状態でスッキリ終わるような系統。



キューブリック作品に求めるような難解なモノを、宮崎駿作品に求めてないんですよね。



ポニョはどうなんだろ? 素直に楽しめるのかな?



余談。yahooニュースさんの中にある↓

公開年  作品名     成績

1984 風の谷のナウシカ 配給収入7.6億円

 86 天空の城ラピュタ 配給収入5.8億円

 88 となりのトトロ  配給収入5.9億円

 89 魔女の宅急便   配給収入21.5億円

 92 紅の豚      配給収入28億円

 97 もののけ姫    配給収入113億円

2001 千と千尋の神隠し 興行収入304億円

 04 ハウルの動く城  興行収入196億円

*2000年度から興行収入の発表に切り替わった。配給収入は映画によって異なるが興行収入の5~7割といわれる。

これは途中から海外進出なんかも含めてるのかな? 知識無さ過ぎて細かいこと分かりませんが、私が好きな作品はことごとく収益が低いのがなんとも悲しい。

あ、でもTVでの映画放送の力なんかは含まれてないでしょうから、そっちの方が大きいのかな?
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| ゲーム・漫画・アニメ | 19:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marupodo.blog113.fc2.com/tb.php/426-3e6fa738

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。