PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

音楽 サザンの活動休止とマクロスF曲のオリコン入りについて

ニュース感想じゃないです。ただの日記です。

yahooニュース(スポーツ報知)さん↓
サザンショックでアミューズ株急落
サザンの無期限活動休止についでは、先週からそれらしきウワサが流れていましたね。今はこんな感じで「サザンショック」という名前まで付いてるらしい。


ええと、サザンは好きです。特に古い曲が。

まあ古いとか新しいとか以前に、一時期の仕事のいそがしい時期あたりからJ-POPと完全にオサラバしてますので、大好きでカラオケでも歌う曲は、10年ぐらい前のサザンとミスチルあたりで止まってるんですけどね。完全なおっさん化。

勝手にシンドバッド、いとしのエリー、エロティカセブン、クリスマスラブ(何気にクリスマスソングの中で一番好き)、シュラバラバンバ・・・ 他いっぱい大好き。ちゃんと歌詞も完全丸覚えしてる、といいますか、車の中では一切曲をかけず、突然狂ったように赤ペラで歌うのが趣味ですから。もちろん上手いかどうかは別にして。

あと、サザン名義ではなく桑田名義なら、「奇跡の星」が人生ベスト10に入るほど大好きです。



でも、無期限活動休止と聞いてもそんなに悲しくないかな。むしろ「お疲れ様」と言いたい。

お疲れ様でした。今までありがとう。

まあ、引退とは少し違うみたいですけどね。




さて話が変わりますが、この日記の題に「マクロスF」という名前をのっけてるのは、↓が理由。

オリコン週刊ランキング
(多分すぐに中身は変わっちゃうと思いますが)



2位:
ダイアモンド・クレバス/射手座☆午後九時Don’t be late
シェリル・ノーム starring May’n JVC

6位:
トライアングラー
坂本真綾 JVC




普段からあまりTVを見るわけでもなく、たまたま車の中で知ったわけですが、同じ作品(しかも深夜アニメ)のアニメ曲が2つも入ってます。オリコンにこういう系統のアニメ曲が入るのは、別に珍しいことでもなくなっているようですが、なかなかすごいもんですね。

ちなみに、「アニメだから」と侮れず、個人的には3曲ともなかなか良い曲だと思ってしまった。最近の曲の流行りや方向性などさっぱり知りませんが、「軽くて楽しい曲」より「サビがひたすら熱い曲」の方が好きですので、こういうのは好みです。

と思ったら、菅野よう子氏のプロデュースですね。なるほど。


そういえば、「マクロス」という名前自体もけっこう大きなネームバリュー持ってますね。ロボットアニメの中ではガンダムの次ぐらいなのかな? 初代は私が子供の頃で、バルキリーの変形超合金もってたような。


てっきり今やってる大人マニア(?)向けアニメではコードギアスが評判だとばかり思っていましたが、少し調べた限り、このマクロスFも人気あるみたいですね。興味が沸いてしまった。






最後におまけ。

桑田・サザンですとか、菅野よう子ですとか、荒木飛呂彦ですとか、各業界の有名人の「パクリ追求」がネットでは盛んです。実際、証拠をきちんと並べてるサイトを見るとなかなかに専門的であり、「そうだよなあ」と納得してしまうことも多いです。

ただ、それとは別に、どこまでをオリジナルとし、どこまでをオマージュとし、どこまでをインスパイア(?)とするかという話と、どこをセーフかアウトかのラインにし、問題点についてどこまで追求し、非難し、嫌いになるべきかという話があります。


それはホントに難しい話で、なおかつ非常に疲れる話です。


ということで、そういった事実はあると知った上で、めんどくさいからパス。他の詳しい人におまかせします。別に検証してる人を責める気持ちもなく、「元になったアーティストが怒っている」という観点で問題提起された時には当然気にしますが、それまでは、目の前のものをてきとーに楽しみたい。



世の中のすべてのことを深く考えていたら疲れて死んでしまいます。アホであることを楽しむ時間も必要です。

そして、気にするべきは「他人の迷惑にならない」「犯罪にもならない」「自分で責任取れる」の3点だと思います。それさえ守れるなら、出来る限り馬鹿なほうがむしろ楽しい。でもって、取り返しの付かない事でないなら、後で後悔するのもまた良し。

それが娯楽ってもんですよ。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 社会現象・流行 | 19:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marupodo.blog113.fc2.com/tb.php/390-cb9cd391

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。