PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

松本人志の硫化水素自殺に関する発言について感想

最初に謝罪します。申し訳ありません。

まず大前提として、マスコミ(新聞社・TV局)は、この自殺法での自殺者が出るたびに、1回1回すべての事件を律儀に記事にするのをやめてください。他の自殺法を使った自殺者はいちいち記事にしないで無視してるのに、何ですかこれは?

ネットの情報だって、マスコミが運営するニュースサイトの情報を元に広がっているんです。報道されなければ話題にならず、勝手に鎮静化します。

何で大喜びで拾ってくるんですか? 段階的に考えるのなら、最初にネットで広めた人達の次に罪が重い。



そして、私もこれを書いている事で同罪になります。影響力・意図に大なり小なりはあるとは思いますが、やってることは同じです。これまでずっと書かずにガマンしてましたが・・・

申し訳ありません。これ一度きりにします。



yahooニュース(j-cast)さんの記事↓
松本人志が硫化水素自殺で「放言」 「アホが死んだら別に俺はええねん」

では、松本氏の発言について感想。と、その前に・・・ ちゃんと松本氏の発言の全文を読みましょう。ちゃんと全部聞きましょう。いつもの大前提です。まあ、↓ではその内容とはあんまり関係のないことを書きますが・・・

私は松本氏があまり好きではないですし、公の場での言葉としては少々過激すぎると思います。意味も間違えて捉えやすいですし、真意もわかりにくい。ですが、私個人は松本氏よりももっと徹底した考えを前から持っています。そしてそれを、あくまで個人の責任の範疇でですが、公に出します。




硫化水素自殺は、知人や他人を巻き込み殺しかねない最低の自殺法です。この自殺法で死んだ者に、情けややさしさは一切必要ありません。

なぜなら、この自殺法を使った自殺者は「単なる無差別殺人犯」だからです。「危険」という注意書き一つで許されるものではない。そして、理由を問うことも、是非を問うことも、罪を償うことからも逃げた、生きる世界では最低最悪の逃亡犯です。

硫化水素自殺者のつらい生い立ちは、それが例えどんなにひどいものであっても、すべて完全に無視すべきです。硫化水素自殺者には、一切何ひとつ与えないでほしい。

それこそが「本当のやさしさ」です。今、「死にたくない人の命」が危険に晒されています。道徳心を持ち、心を鬼にする「やさしさ」を持ちましょう。






他にも細かいことをびっしり書いたのですが、ほとんど削除しました。他人が読むのであれば、上の言葉だけでいいかなと思っています。くだらない体面だけ取り繕った言葉ではなく、本当の気持ちです。人の生き死にの話でてきとーなことは書きたくない。

そして、なんにせよ情報が伝わっていくのならば、せめて、最低でも、「この自殺法での自殺者が減るよう」努力して伝えるべきだと思っています。

もちろん、方法など別にして自殺などあってほしくない。「なるべく他人に迷惑のかけない自殺法を・・・」なんて、この最初の部分を書くだけでイヤになります。私には上手く訴えられませんが、それが出来る人は是非そう訴えて欲しい。死ぬのを嫌がってほしい。生きてほしい。




そういう意味で、この件をニコニコ動画を利用して別の方向性(松本氏非難の大騒ぎ)にもっていこうとしているJ-castや、それを気軽に引用するYahooニュースもどうかしてます。他の芸能人の問題発言と比べて喜ぶような内容じゃない。

私も扱ってる時点で間違ってますが、それがどうしても言いたかった。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 社会現象・流行 | 19:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marupodo.blog113.fc2.com/tb.php/388-d465b134

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。