PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

違法コピー常習者はネット切断、プロバイダー業界が合意

読売さんの記事↓
違法コピー常習者はネット切断、プロバイダー業界が合意
部分的に引用↓

国内のプロバイダー(接続業者)が加盟する四つの業界団体は、違法コピーのやり取りを繰り返す利用者についてネットへの接続を強制的に停止することで合意した。

著作権団体がネット上を6時間監視しただけでも、ゲームソフトなどの違法コピーは355万件(正規のソフトの価格で総額95億円相当)、音楽の違法ソフトの場合は61万件(同4億4000万円相当)が確認された。この結果から、著作権団体側は、著作権侵害の被害は少なくとも100億円に上るとみている。

今回の対策は、著作権団体が、違法コピーのやり取りを繰り返している利用者について、ネット上の「住所」にあたるIPアドレスを専用ソフトで特定したうえでプロバイダーに通知。プロバイダーは、このIPアドレスをもとに利用者に警告メールを送信し、従わない場合などには、一定期間の接続停止や利用契約の解除に踏み切る。


ふむふむ。警告メールの後に、ですね。

私自身はWinny等のP2Pを利用していないですし、基本的に著作権は守るべきで、モロコピーについてはしっかり取り締まるべきだと思っていますので、反対する理由は特にないです。

恐らくですが、常習者が1人で24時間回線ををガンガン利用するせいで負荷がかかりまくり、プロバイダ側も「嫌な客」とみているのでしょう。著作権団体と利害が完全に一致したのではないでしょうか。


ちょっと気になってるのは、その常習者が著作権を侵害するデータを扱っているかどうかを、どうやって判断するのかということ。調査員自身が直接データを引っ張ってきて、自分の目で見て判断するのかな? 出来そうというえば出来そうですが。

それから、全てのプロバイダーが協力したわけではないようなので、「グレーなプロバイダ」なんてのも出てくるかもしれませんね。



さて、この件で一番大事なこと。

個人のIPを特定できるのなら、アップロード者の逮捕も可能じゃないですか。そのユーザーがアップロード者であり、逮捕に値するという確証を得られたのなら、そのIP情報を警察に送ればいい。

きつい言い方ですが、「回線切断」なんて生ぬるい方法を使わず、どんどんアップロード者を逮捕すればいいと思います。今でもアップロードは明確な違法行為なはずですよね?



なんでそこまで言うか?

そうすれば、「ダウンロード違法」なんていうイカれた法律は必要ないはずですから。

変に中途半端なことをせず、むしろきっちりやってほしいです。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 著作権問題 | 18:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marupodo.blog113.fc2.com/tb.php/364-b9102afd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。