PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大晦日「やれんのか!」 三崎対秋山戦は無効試合(ノーコンテスト)に

そういえば、観たけど何も感想書いていませんでした。大晦日に放送された「やれんのか!」の、三崎和雄 vs 秋山成勲戦 ですが、結局、最後の蹴りに問題があるということで無効試合(ノーコンテスト)になりました。

スポーツナビ(yahooニュース)さんの記事↓
三崎和雄vs.秋山成勲の一戦はノーコンテストに変更=やれんのか!

(以下は島田ルールディレクターの見解)
 このたび秋山選手からの抗議文に対しての競技統括としての見解を述べさせていただきます。三崎選手の蹴りに対しては反則とも反則でないとも取れます。一連の攻撃の流れで起きた行為ですので、非常に判断が難しいと言わざるをえません。しかし、ルール会議において選手及びセコンドには、『本イベントは、旧PRIDEルールとはまったく違う禁止行為のあるルールですので必ず気を付けてください、そして疑わしきは罰します』と通達していました。そうした意味においては選手サイドのルールの把握の乏しさも認識されます。これにより、三崎選手の明らかに四点ポジションにいる選手を蹴りに行く行為自体は、ルールに抵触していると判断せざるえません。つまりその行為自体がフィニッシュにつながり、一方の選手が試合続行不可能になったというケースは、私の経験値で言えば、1999年9月に行われた「マーク・ケアー × イゴール・ボブチャンチン」戦に、非常に近いケースであると思われます。
 よって今回は、ノーコンテストが適切ではないか、というのが協議陣の判断です。
 今後はより一層、選手には疑わしい攻撃をしないという抑止力になればと思います。そして私も益々の精進をしてジャッジング向上をしていく所存です。



産経さんの記事↓
三崎対秋山戦は無効試合に 格闘技「やれんのか!」

三崎の蹴りは、いったん倒れた秋山が立ち上がろうとしたところへ見舞われたもので、公式ルールでは「四点ポイント(注:四点ポジション=両手、両膝をついた体勢)状態において、グラウンドポジションのファイターへのスタンドポジションのファイターによる、膝から下の足部での顔面・頭部への蹴り及び踏みつけ等の攻撃は一切禁止とする」とある。ただし蹴りが当たった瞬間には、秋山はすでに四点ポジションではなかった。




感想。

ルールディレクターの見解は、「説得力のあるもの」だと思います。個人的に不満かそうでないかは別にして、「落としどころ」としては問題ないと思います。

産経さんの突っ込みの通り、「当たった瞬間」だけ見れば4点ポジションではないのですが、「秋山が4点ポジションになってるタイミングで、既に蹴りのモーションに入ってる」と無理やり突っ込めば、アウトと言えそうな感じではあります。

三崎選手の蹴りに対しては反則とも反則でないとも取れます。

という言葉の通り、非常に難しいトコだと思いますが、とりあえず過去のPRIDEではこのルールはあまり適応されなかったわけで(K-1はどうだったかな?)、私個人も「過去の色々な試合を見てた限りこうだ」と言う事が出来ません。

「やれんのか!」のルールディレクターがそうであると言うのなら、『「やれんのか!」のルールではこうなるのね』と、その通り認めるしかないかと思います。

あえて言うなら、「新ルールということで、ルール自体(というより4点ポジション)の定義に曖昧さがあった」のが、実は一番の問題だったのかもしれませんね。

次も同じルールを適用するのなら、より『細かく』、より『明確に』、「4点ポジションとは何か」を定義してもらえると、いい感じになるんじゃないかな。「反則とも反則でないとも取れます」のままでは、選手もレフリーも視聴者も困ってしまいますので。




さてこの結果ですが、やはり割り切れずに不満を持っている人も多いみたいです。

秋山氏・秋山サイドに対する不満は、「自分がヌルヌルしてた上、他の反則のへ指摘や故意か故意でないかの部分をもみ消したりしてるクセに、「どっちにも取れる部分」にケチつけて負けをひっくり返すとか最低だろ」というもの。

運営に対する不満は、「次の”韓国”での三崎対秋山(再戦)を、上手に演出する為のお膳立てかよ。」というもの。あとは「これで反則なら、あの4点ポジションポーズのままずっと戦ってれば強いじゃん。ひどくね?」とかかな。



「不満を持っている人も多いみたい」と他人のせいにして逃げてますが、正直私もこんなような不満がないわけでもないです。それほど強い気持ちではないですが。



おまけ。こんなニュースもあります。
GBR 格闘技WEBマガジン(Yahooニュース)さんの記事↓
【K-1&やれんのか!】秋山が緊急会見!三崎との再戦について「同じ場所で同じ条件でやりたい」

秋山は「私も三崎選手もファンも、全員がすっきりしていないと思います。それをすっきりさせたい気持ちがある。もし再戦するなら、同じ場所で同じ条件でやりたい」と、谷川EPの韓国での再戦案ではなく因縁のさいたまスーパーアリーナでの再戦を希望した。

何も知らない人が見たら、「秋山氏がなぜここまで憎まれているのか」わからなくなりそうなクリーン発言ですね。

そういえば、無期限出場停止という重い処分を受けたはずの秋山氏は、いつのまにか第一線として完全復帰な感じ。ヒールとしての役割を立派に果たしているということなのかな?


また、この試合同様にファンの間で議論の的となっている、昨年12・31「K-1 Dynamite!!」での山本“KID”徳郁VSハニ・ヤヒーラのヤヒーラのダウン直後のKIDの蹴りに関して、谷川代表は「ヤヒーラ側から提訴があったので、近日中に結論を発表します」とした。

おお、これは知らなかった。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| K-1 | 19:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marupodo.blog113.fc2.com/tb.php/343-7f1181ce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。