PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オーストラリアの捕鯨反対運動への反論動画(Youtube)が話題に

感想ではなく紹介だけ。昨日の話なので目新しいものではないですが。

中日新聞さんの記事↓
捕鯨監視船、今週出港 豪外相が発表
問題となっているのは、出港の部分ではなく↓の内容

外相はまた、動画投稿サイト「ユーチューブ」に最近、「捕鯨反対はオーストラリアの白人優越主義の表れ」などと、同国を批判する匿名ビデオが掲載されたことについて「不快感を覚える」と語り、同国の反捕鯨の立場は揺るがないと述べた。




その問題のYoutubeの動画を張ります。

■Youtube
[Racist Australia and Japanese whaling ]
[白豪主義オーストラリアと反捕鯨]
(注意。動物を酷い方法で殺すシーンなどが多いです。そういうのが苦手な人は再生しないように。)


私自身の感想については別の機会に。

何故これを紹介するかといいますと、私も始めて知った内容が多かったからという事と、こういった問題に対し、ネット上の動画をきっかけとして外国人と罵り合うこの状況に、少なからず恐怖を感じたからです。

このYoutubeの動画のコメント欄を見ると、日本語・外国語入り混じって、激しく意見が交わされています。いや意見というより明らかに「マズい単語」が飛び交ってる。確かに、『常にヘコヘコな日本』ではいけないとは思いつつも、大丈夫なんだろうか。



え、恐怖を感じたのなら紹介しなければいい? いやいや、知って初めてスタート地点に立てると思っていますから。



機会があれば、また何か書きます。


数日後、感想を書きました。↓
シー・シェパードがらみの捕鯨問題について感想


人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 社会現象・流行 | 19:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marupodo.blog113.fc2.com/tb.php/333-50f659c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。