PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

時津風部屋の力士急死の件、その2

この件に関しては、数日前の時津風部屋事件新事実 金属バットや遺族に無断で火葬準備という記事で、言いたいことはほぼ言い終わっています。

というわけで、その後気になってるこの件の関連ニュースをいくつか。感想は軽めで。



産経さんの記事↓(msnの場所借りが毎日から産経に変わりましたね。)
親方「おまえらもやれ」 兄弟子らけしかける 時津風部屋の力士急死
随分細かい状況までわかってきました。ある他社さんの状況説明もほぼ同じでしたので、恐らく弟子の一人がそう説明しているのでしょう。完全に親方主動ですね。

親方は兄弟子たちに続けさせたまま、風呂と食事を終えて帰ってくると、「後はわしが面倒を見る。おまえらは風呂に入れ」と言い、けいこ場で斉藤さんと2人きりになった。その間約20分。「あー」という斉藤さんのうめき声が聞こえた。午後0時半ごろ、意識不明になり、壁にもたれぐったりしていた。体全体が土気色になっていた。水をかけたが意識が戻らず、親方の「今度は温めよう」という指示で風呂場に運び湯をかけ始めた。弟子たちは「救急車、救急車」とざわつき始めたが、親方は呼ぼうとしなかった。湯でも意識が戻らず、親方もようやく救急車を呼ぶことを承諾した。

この「被害者と親方の二人きりの20分」になにかあったんでしょうか。まあそれ以前に「水かけたりお湯かけたりで救急車呼ばず」が狂ってますが。どっちにしろ、ビール瓶金属バット・火葬手配あたりの情報から想像できる状況そのまんまですね。



次。読売さんの記事↓
力士急死、相撲協会が時津風親方をきょう聴取
日本相撲協会の時津風親方に対する事情聴取が今日(10月1日)だそうです。なんだ・・・警察じゃないのね。そもそもまだ逮捕されてないし。遅いなあ。

これ書いたあとぐらいに「今日の聴取の結果」が発表されるかもしれませんね。記者会見かな? すべてがあまりに遅いですけど。



次。j-castさんの記事↓
「なぜ本当のことを言うんだ!」弟子に怒る時津風親方
ああ・・・モロ『隠蔽』ですね。想像通り。そして、もう既に関連性について話題になってると思いますが、この件に限らず多数の相撲部屋において、過去若い力士達が原因不明の症状で何人も亡くなっています。

ひょっとして、親方も理事会の面々も「あるある」「しょうがないよね相撲は厳しいから」「ま、うちも似たようなことやってるし、強く追求できないね」とかそんな感覚なんですかね? 「事故死に見せかけた隠蔽」やら、その後処理に慣れてます? 

なんというか・・・態度が軽いんですよね。余裕ありあり。人が死んでるのに。




厳しい教育、正直私はアリだと思ってます。伝統を守るとか、そういう「古きよきもの」みたいなのは理解できます。でも、当然わざわざ説明するのも馬鹿らしい「超えてはいけないライン」がありますよね・・・。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 教育・親子・自殺問題 | 17:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marupodo.blog113.fc2.com/tb.php/287-f417f6de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。