PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

安倍総理辞任の意向固める(追記)

ごめんなさい、感想はまた後で落ち着いた時に書きます。(ちと立て込んでいるので。)今はお知らせのみで。

毎日さんの記事↓
安倍首相:辞任の意向固める 政権の維持困難と判断

ついにきましたね。さてはてどうなることやら。


追記です。
産経(yahooニュース)さんの記事↓
「魔女狩り…霞が関の罠に敗れた安倍首相」 猪瀬直樹氏に聞く
私の感想は、この↑の猪瀬氏のものに近いですね。マスコミの報道には中立性の欠片もなかったと思います。特に選挙前は惨かった。まさに魔女狩りでしたね。

安倍氏は『日本のタブー』となっていた部分にがんばって突っ込んでいきました。今まで表に出なかった『裏に隠れた黒い部分』がちゃんと表に出たわけです。私自身もかなり勉強になりました。そういう意味では「美しい国」という言葉どおりの方針は持っていたと思います。

ただ・・・ 「タブー」は触っちゃいけないから「タブー」なんです。故に袋叩きになりましたね。

例えば一例を挙げると・・・
「捏造」事件を発端に、放送業界に強固な圧力をかければ、マスコミは本気で政権を潰しにかかるわけです。他のタブー(あえて書きませんが)も然りで、恐らく身内もどこもかしこも敵だらけ、味方などいなかったのでしょう。


そもそも疑問なんですが、天下り防止等々、議員や官僚達が損をするような法案は、どうやれば通るんでしょうかね。嫌われない為には『抜け道』を用意した穴ぼこだらけの法案をこっそり通すしかないんですかね。


とはいえ、非常に中途半端な時期に辞任したのは確かです。そこは残念、というか失望が大きいです。そして、数々の不祥事の処分のタイミング・判断は微妙だったと思います。ということで、今の人気のなさもある意味「しょうがない」(誰の言葉だっけ・・・)でしょうね。

まあ、自爆大臣をアレだけつかまされたら誰でもやる気を無くすかもしれませんけどね。あれじゃ政権を潰すための刺客ですし。本当に体調崩していてもおかしくないと思います。



身近で聞かれる強烈な安倍批判に比べると、私は幾分か穏やかな感じです。「タブーへの追求」については、政権が変わっても引き続きやってもらいたいですね。無理かもしれませんが・・・
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 14:37 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ブログのことで

突然のコメントで失礼いたします。
ブログを拝見させていただきまして、是非とも協力をして
いただきたくコメントという形で、ご連絡をいたしました。
当サイトは「ブログで繋がるコミュニケーション」をテーマに
参加していただくブロガーの皆様を幅広く募集をしています。
ランキングを楽しんだり、さまざまなブログを拝見したり、
ブログを持っている方々のコミュニケーションの、
一つの引き出しとして、その場を提供したいと考えています。
当サイトの検索バーの横にブログの登録フォームがあります。
お手数をおかけいたしますが、ご賛同いただいて、ブログの登録を
御願いできれば幸いでございます。
是非、御願いします。こちらのサイトです。
http://www.p-netbanking.jp
なお、こちらのミスで謝って、再度、ご連絡をした場合。
また、全く興味のない方は削除されてください。

| magazinn55 | 2007/09/13 06:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marupodo.blog113.fc2.com/tb.php/275-743ad4c2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。