PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

家庭だんらん法

時事通信さんの記事↓
「家庭だんらん法」に言い換え指示=「残業代ゼロ法」で舛添厚労相

以前話題になった「ホワイトカラー・エグゼンプション(WE)」の件ですね。「残業代ゼロ制度」と言われ、散々批判を浴びたこともあり、呼び方を「家庭だんらん法」に変えたほうがいいと、そんな話が出ているようです。


正式発表でもないようですし、そんなに大きな話ではない気もしますが、最近話題を集めている(ような気がする)舛添氏の発言ということで、ちょこちょこと騒がれているようです。


とりあえず・・・ 中身は何も変わってないですよね。呼び方が変わっただけで。WEの内容を色々吟味したことがある人からすればどうでもいい話です。あまり興味のない人に対する印象を良くする為だけの名称変更ですね。

まあ半分冗談のような話かもしれませんけど、内容に修正を加えないまま、名前を変えただけで通すというのは難しいような気もします。



私個人の浅はかな意見としては・・・

本当に残業を減らしたいのなら、むしろ残業代を増やしたほうが効果があるのではないかと思っていたり。

いやそれ以前に、残業代自体今でも守られていない企業が星の数ほどあるのですから、それをきっちり守らせたほうが効果があるのではないかと思っていたり。

さらに言うのなら、そうやってきっちり残業代を取り締まっていくと、日本の多くの中小企業が潰れるのではないかと思っていたり。



海外の安い労働力に押しつぶされるのではないでしょうか。そして、会社が潰れてしまえば残業代どころか給料ももらえなくなり路頭に迷うわけです。



正直、日本全体でどうこうの前に、ちっとやそっとでは潰れない大企業だけに適用してもらいたいですね。

世の中「社長や重役ばかりが高給で、従業員ばかりが苦しむ会社」ばかりじゃないですから。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 18:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marupodo.blog113.fc2.com/tb.php/274-19c9311f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。