PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[拳銃型ライター]高校生を平手打ちした巡査長が逮捕(追記)

「暴力は絶対駄目!」に関する事件です。

※初期のニュースから読み取った情報と、実際の状況が違っている可能性が出てきました。そのことについて最後に追記しました。

時事ドットコムさんの記事↓
巡査長を現行犯逮捕=高校生を平手打ち-神奈川県警
全長36cmのガンライター拳銃とそっくりのライター)で電車の乗客を狙って遊んでいた高校生を、口論後に平手で殴った巡査長が逮捕されました。逮捕されたのは高校生ではなく巡査長です。

拳銃型ライター、おもちゃはおもちゃですが、36cmとなるとモデルガンと大差なく、遠目では本物の拳銃と変わりません。こんなもので狙われたら気分悪いでしょうね・・・ というより、アメリカでは確実に逮捕されますね。


さて感想ですが、まず傷害は傷害、そして逮捕された巡査長は「1.非番であった」「2、酒を飲んでいた」という2つのマイナスイメージを抱えていますが、それでもこの逮捕は『納得いかない』と感じてしまいます。




非番で酒飲んでたわけだし、「知らんぷり」で済ませばよかったんですよね。アホが何をやっても無視しとけばいいんですよ。仕事中以外は他人なんてほっときましょう。ことなかれ主義、それが『賢い』大人の行動です。

それから、暴力は自分が死にそうな時以外は使っちゃ駄目です。ビンタなんて絶対NGです。デコピンでも危ういです。絶対絶対、暴力は絶対に駄目なんです。教育の為? 古いですよそれ。そんなこと言ってると逮捕されちゃいますよ。

ちなみに子供は違いますからね。所詮子供のやることだから『少年法バリア』でがっちり守られます。


わかっちゃいるけど納得いかない。


ここは日本ですから私は『法』に従いますし、成人してから暴力を振るった覚えもないです。今回の事件も「法に定められた正しい処分」なんでしょう。でも、この事件を「犯罪を犯さない為の教訓」として受け入れる気にはなれませんよ。

融通の利かない『暴力反対!』は、「道徳」という言葉と完全に逆方向に進みます。少なくても私個人はそう思っています。



追記です。

読売さんの記事↓
電車で拳銃型ライター「駅員注意でしまっていた」と訂正

県警によると、高校生は4日夜、横浜市旭区の相鉄線二俣川駅で急行電車から普通電車に乗り換えた後、発車するまでの間、拳銃型ライターを持ち出して、西部劇のつもりでホームに向けて撃つまねをした。この様子を見た車掌らが注意し、高校生は「分かりました」と従い、ライターをカバンにしまった。

 巡査長は隣の車両から高校生が注意を受ける様子を見ており、電車の発車後、車内で高校生が友人と談笑しているのを見て「反省していない」と思い込んだ。巡査長は、一駅先の同区・鶴ヶ峰駅改札口を出た先の階段で、高校生を呼び止め、髪の毛とカバンをいきなりつかんで階段を下り、「カバンの中のものを出せ」と迫って顔を殴った。高校生は反論しないで黙っていた。

 高校生の母親から6日、「事実関係が間違って伝えられている」と苦情が寄せられており、県警は「巡査長の行為は警察官として許されない行為。注意したというより、因縁をつけて殴った状況で、巡査長の行動を正当化する見方に戸惑いを感じる」としている。



上記の内容が事実であれば、私の書いた文章はとても読めたものではありません。詳細を知る前に「思い込み」「妄想」によって勝手に『空想の事件像』を描いてしまった可能性が高いです。

どこで「真実」を決定するか難しいところですが、さしあたっては新事実が正しいと信じ、間違った認識を他の方に広めてしまった事をお詫びします。申し訳ありませんでした。

恥ずべき文ではありますが、今後の反省・教訓の意味を込めて、このまま残しておきます。



6社の新聞社・ニュースサイトからの記事を読み比べて書きしたが、そんなものも「未確認の新事実」の前では全くアテにはなりませんね。勿論それだけでなく、私の思い込みも惨いもので、中立的な視点を持つ配慮も足りていなかったと思います。不確定な部分を考慮し、もう少し慎重な書き方、中立的な書き方をすべきだでした。以後に生かします。すみません。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 教育・親子・自殺問題 | 12:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marupodo.blog113.fc2.com/tb.php/271-0eac051c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。