PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

当て逃げ動画をネットで公開の件 解決

読売新聞さんの記事↓
ネット動画投稿サイトに映像、当て逃げ男を書類送検

少し前に話題になった、「被害者による当て逃げ動画がネットで公開され、犯人(の車の持ち主?)と警察の対応が非難を浴びた」事件の件です。


以前私がブログで書いた内容↓
当て逃げ車の動画がネットに公開された件

さて、どうなったかといいますと、(引用↓)

所有者の男は当初、「車を修理中の客に貸していた」などと容疑を否定していたが、最終的に、自分で運転して事故を起こしたことを認めたという。




うん、実に単純明快。当て逃げ男のコロコロ変わる怪しい証言はすべて「嘘」。貸していたのではなく、嘘をついて隠していただけ、ということで決着のようです。

(「警察が名誉挽回の為に無理やり自白させた」なんて発想もあるかもしれませんが、まあ疑いだしたらきりがないので「冤罪なら警察の責任」ということにしていろいろ書きます。)




ちなみに、以前書いた私の意見は、

「事故をおこした時にはそのまま逃げるのがベスト。警察に特定されても「誰に貸したかわからない」で丸く収まる。」 というのがまかり通る世の中はちょっと・・・ 

ですね。「事故の原因がどちらか」なんて話はホントにどーでもよくて、当てたあと「逃げた事」と、加害者の「馬鹿げた言い訳」、そしてその馬鹿げた言い訳で話が止まってしまう「警察の微妙さ」に疑問を感じていました。

で、今回の結末。

時間はかかりすぎですが、一応はちゃんと処理されたみたいですね。よかったよかった。ただ、逆に言うと「ここまでしないと警察が動かない」ってことなんですけどね・・・ 半年間だらだらお茶にごし、被害者に諦めさせる「風化待ち状態」だったみたいですし。

前にも書いたことですが、「警察に持ち込んだ事件がはすべてしっかり捜査される」なんてのは無理な話ですし、事情や優先度の違いは当然あるかと思いますが、せめて「証拠あり」の案件ぐらいは優先度高めにして最後まで動いてもらいたいですね。



あともう一点。加害者は恐らく罰金程度の話でしょうが、もうすでにそれ以上の強烈な社会的制裁を受けているかと思いますので、これ以上どうこうする必要は無いと思います。既に、被害者のブログに書かれていた「動画を公開する目的」と「望む結果」以上の結果に仕上がっているはずです。

「第3者の暴走・過剰な追及」はほどほどに。



追記。以前書いた内容と被っていてかなり恥ずかしい文章でしたので、ちょこっと手直ししました。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 生活・身近な話 | 18:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marupodo.blog113.fc2.com/tb.php/247-e6d7a16c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。