PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Second Life(セカンドライフ)日本語版 流行りますか?

※この記事は会社関係なしに、個人の責任のもとで書いています。

TVなどでも盛んに取り扱われているセカンドライフですが、とうとう「日本語版」の登場です。

ITmediaさんの記事↓
Second Life日本語版、ようやく公開

やっとです。

このブログでは全然書いてないですけど、セカンドライフについてはずっと興味深く眺めていました。随分前に中にも入ってます。




さて、正直に書きます。私個人としての見解は、「流行ってるのは企業とマスコミの間でだけ。今後、一般ユーザーの間で流行るかどうかというと・・・難しいんじゃないか」です。

そう思う理由ですが、ITmediaさん他、びっくりするほどズバっと言ってる人が山ほどいるので、わざわざ私が書く必要すらないかと思っていたり・・・



むしろ、『ためしに自分でやってみる』のが一番かと思います。ID取って中入るだけなら無料ですからね。



もちろん現に楽しんでる人もいますし、今後に期待している人もいます。可能性は未知数です。私の考えもコロっと変わるかもしれません。ただ、一つどうしても言いたい。



今後の発展性の話ならいいんです。『現状を』『誇張して』『宣伝する』のはどうかと思います。そういうのは大嫌いです。





つたない知識な上、既出の当たり前の話かもしれませんが、いかがわしい宣伝に対する突っ込みという意味でだらだら長々「おかしいだろ!」と思うところを書いときます。(用語等、面倒なのでわざわざ説明しません。ごめんなさい。)

■「米で大流行」
一部の報道によると、米でのセカンドライフは既に下火状態みたいです。大手参入企業もいくつかは撤退を始めているそうです。そりゃそうです。企業だけ盛り上がっても一般ユーザーがついてこなかったら破綻します。企業参入の基本的な目的は「広告・宣伝」ですからね。

じゃあ今の日本ならどうか? 

「セカンドライフ進出しました!」と発表すればマスコミが大々的に取り上げてくれる。ある意味「ステータス」となりえるかと思います。そして、セカンドライフの「中の仮想世界」ではなく、「外の現実世界」への宣伝効果が期待できます。

でも、それって・・・ おかしくないですか? むしろいつまで続きますか? ユーザーが増えるまで?





■「何言ってるんだ? ユーザー数800万だぞ! 盛り上がってるじゃん。 すごいじゃん!!」
すごいです。でも例えばmixiは、日本人ユーザーだけで1000万を超えています。

そしてmixiのユーザー数もどうでもいい。


ITmediaさんの記事から引用します↓

Second Lifeの登録ユーザー数は、7月13日午後7時50分現在で
約800万3000人
60日以内にログインしたユーザー数は約173万2000人
同時オンラインユーザー数は約2万5000人



各種データの中で一番大事なのは何ですか?

同時オンラインユーザー数」です。



何故か。

無料の登録ユーザー数なんてアテにならないからです。

簡単な話で、IDを取るだけ取って1分で辞めてしまう人、1週間で辞めてしまう人、一人で複数ID入手する人・・・すべて含めていますからね。辞める時にわざわざIDを消す人は少ないですし、そもそもID削除の機能すらないwebコンテンツも山ほどあります。私もセカンドライフのIDはとっくの昔に登録済みで、ちょこっと歩き回ったりしましたが、ほとんど触ってない。そういうことです。



余談ですが、mixiの会員数は2006年3月で300万、2007年5月で1000万突破と凄まじい勢いです。ところが、alexaでここ数年のmixiのPVを見ると、会員数は1年で3倍以上に増えてるはずなのにPVは・・・・・・ (´・ω・`)なわけです。(alexaの信頼度の話もありますが、信頼できないといっても「完全にデタラメだ!」ってことは無いと思います。) まあそれでもすごいPVなので否定的なわけじゃないですけどね。






ということで、会員数で測るのは微妙だと思います。PV(ページビュー)や、もっと言うならユニークユーザー数の方が信頼度が高い。ただし、セカンドライフはwebページのコンテンツではないので、同じようにはいきません。でも、「会員数」より信頼性高そうなデータがあるじゃないですか。

「60日以内にログインしたユーザー数」? いやいや、確かに単純な会員数よりは遥かに信頼度高いですが、一番「賑わってる感」を測りやすいのは「同時オンラインユーザー数」ですよ。





さて、「約2万5000人」は多いか少ないかという話ですが、例えば数年前に特に流行した「RO(ラグナロクオンライン)」「FF XI(ファイナルファンタジー11)」などのMMO(多人数同時参加型オンラインRPG)の類は、有名どころの大手でいえば、同時オンラインユーザー数10万人超えを達成しているわけです。(今は下火です。) 2万・3万という話であれば、モノによっては「世界」ではなく「日本専用サーバーのみ」で達成しているかと思います。中国のとあるMMOでは、同時オンラインユーザー数100万超えたこともあるようですし。

(※上記の10万云々というのは「最大」ですから比べるのちょっとおかしいですね。セカンドライフの「最大」同時オンラインユーザー数は、とある海外のソースでいくと「4万超えていない」らしいので、そっちで比べてください。)

もちろん「仮想世界に皆が集まってわいわい」というのは同じでも、中の仕組みは全然違い、MMOでは「露天」という仕組み(やBOTなど)で同時オンラインユーザー数が割り増しされる傾向がありますが、それにしても、セカンドライフが現状「賑わっている」とは思えない。仮想世界が狭ければ話は別ですが、セカンドライフがそこいらのMMOより狭いって事はないでしょう。随時足されてるわけですし。



でもって、もう一つ違和感を感じる部分。



ROでいくと、最大同時オンラインユーザー数10万をたたき出した時のユーザーID数は64万(キャラ数ですので実際はもっと少ない)、セカンドライフは、最大同時オンラインユーザー数4万以下で、ユーザーID数は800万です。

集計の仕方、無料・有料の仕組みが大きく違うので、これも比べるのはおかしいかもしれませんが、それでもセカンドライフの同時オンラインユーザー数とユーザーID数の比率は極端( 1:200 !?)だと思います。

あくまで妄想ですが、

「企業やマスコミの宣伝が凄まじいので、その影響でとりあえずチャレンジする人は多いが、実際気に入って長い期間楽しむ人は思いのほか少ない」

と、嫌らしい勘ぐりを入れたくもなります。








つまりですね、少なくとも現状はまだまだ流行っているとは言いがたいですよね? むしろこれから頑張るって状況ですよね? 


面白い試みなのでそれは全然いいんです。でも変な誇張はやめてほしい。






といいますか、言っちゃいますね。「金」「宣伝」「金」「宣伝」「金」「宣伝」「金」「宣伝」「金」「宣伝」 は、現実世界でもう十分です。


「セカンドライフで儲ける!」がキーワードってどうなのよ。

「ユーザーが楽しい」は、どこに消えた? 




楽しい仮想世界がほしいです。セカンドライフも「楽しく」なってほしいですね。




めずらしく荒れ荒れで無茶苦茶な内容です。ごめんなさい。

(追記。日本語おかしかった所をいくつか直しました。あと、ちょこっと用語説明↓)



■※同時オンラインユーザー数(=同時接続者数)とは
例えばAさんが○時△分にログインして中に入ったとします。その時、仮想世界に他に何人ログインしてるか? という数字です。当然、日により時間により常に変動しています。

■※最大同時オンラインユーザー数とは
「今月」「今年」「サービス開始から今まで」等々の一定期間の中で、上記の「同時オンラインユーザー数」が一番多かった時の数字です。


人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| セカンドライフ | 14:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

※mixiで「コメント書けねえ」という指摘と共にコメントをもらったので、しんた氏の書いた内容を私がわりにここにコピペします。ごめんね。(なぜだあ・・・ とりあえず今移転準備中です。)

-------------------------



いや…
その推察は正しいと俺も思うよ。

ほんと俺もそう思ってる1人

ぶっちゃけ最近ひっそりと
騒がれてるけどさ、ちょっと前までのセカンドライフの認知度って
日本だと10%いってないんだよ…実は。

ちょっと調べた時に出てきた
数字なんだけど驚愕だったわ…

その頃周りはSLがくるくるって
騒ぎたててたからさ…

極論かもしれんけど
ぶっちゃけ騒いでるのってさ

IT関連中心のニュースサイトとかニュース番組とかベンチャー系とか…

一般ユーザーはあんまり見ないとこばかりな気がする…。

で、ここ1ヶ月毎日やってるけど
ほんとに面白いのか?
と、はなはだ疑問なのさ。

いかに金を生むか?
という目線でしかみてないから
あれだけど…

考えれば考えるほど費用対効果が薄い…。

SLやってます!ってのは
IR的にはいいかもしれないけど
所詮一過性のもだからさ
継続的にお金を生み出すシステムを考えようとすると
もうすでに遅いんだよね…

考えても考えても土地ころがししか儲からんもん…。

| まるぽん(管理人) | 2007/07/21 11:19 | URL | ≫ EDIT

※何故コメント書けなかったのかわかりました。スパム対策で「儲け話」系の言葉がいくつか禁止ワードに入ったままだった。
すみません。以下コメントへの回答です。
--------------------------



そうだね。書かなかったけど、今現状でしっかり儲けるなら「土地」「製作代行」ぐらいだと思う。

つまり、自らが「セカンドライフで広告・宣伝・販売」を行うのではなく、「セカンドライフへ進出したいどこかの企業(個人)」に製作物・成果物(土地含む)を提供し、その代価をきっちりもらう・・・って事。

とはいえ、金を投資する側の企業(個人)だって、いくら「先を見据えた」といっても限度があるわけで、どっちにしろ「今からユーザーが一気に増えるかどうか」が全てだよね。

現状足りてない。これから増えれば問題なし。

まあ、その「ユーザーを増やす為の方法・謳い文句」があまりにもアレなとこがあるから、ちと文句が言いたくなってさ・・・

| まるぽん(管理人) | 2007/07/21 11:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marupodo.blog113.fc2.com/tb.php/237-fa721b2c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。