PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

皮膚病患者を中傷した大学生について

昼にYahooニュース見てたらこんな記事が。



皮膚病患者をミイラと中傷 ネットで岩手の学生



気になりました。とても。だって私はアトピー性皮膚炎経験者ですから。







続き、長文…



いつものようにあまり詳しくない人向けに書いてます。



事件?自体は先月ということでけっこう前ですね。ちょっと調べたら細かい情報まで色々出てきました。



概要としては、本屋さんのバイトをしている大学生が、近くの病院に通う皮膚病患者を本屋内で盗撮して、その写真をインターネット上に公開、中傷したという事件です。中傷内容の詳細まで、調べればすぐ出てくると思いますが…まあその内容について深くはつっこまない。







で、この記事なんですが、私は2つの見方をしています。



まず、「ネットで中傷という行為の重さ」について。正直「誰かの悪口を言う」なんてことは、どこの誰でも日常茶飯事でやってることだと思います。問題なのはその中傷内容を、写真・文章化してネット上で公開すること。今回の公開場所はSNSです。



※SNS知らない人用の自分なりの説明

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略。ある程度個人が特定でき、誰が記事を書いてて、誰が自分の記事を見てくれたか分かる、コミュニケーションを取り易い掲示板みたいなもののこと。いろいろあるんですが、もうどこのSNSか特定されてますね。





この大学生は、自分の名前他、個人を特定できる情報を公開した状態で、(本人はちょっとしたネタ・ギャグのつもりかもしれませんが)病人を中傷する内容と受け取れる日記を書きました。この日記は誰でも見れるわけではないのですが、このSNSの利用許可が下りているまったくの赤の他人は見ることができます。そこから内容がSNSの外にもれ、「友達同士で笑いあう為の悪ノリ」のはずのものが、ニュースざたになるほどの批判の対象となったわけですね。



こんなこと自体はネットでは過去何度もあったことですし、何を今更という内容ではあります。そして、改めて言わなくても、「ネットでの軽はずみな発言が危険であること」は、既にある程度は認知されていると思います。



まあその辺はいいとして、気になるのはその中傷を含む記事に対しての他の人(殆どが友人・知り合い)からのコメント。誰一人その中傷を止めようとしない。いけないことだと注意していない。むしろ喜んで一緒になって中傷している。本人より酷い内容でした。まさに友達同士で機嫌取り合うように相槌うってる感じです。



SNSはその性質故に、自分の日記は友達同士でしか見てない、という錯覚を起こしやすいようです。実際、そのSNSを利用するには自分の意思だけでは駄目で、誰かから招待されないといけないわけなんですが、その辺の仕組みから「自分達しか見れない」という誤解が生まれるのでしょうか。(自分達しか見れないようにする機能はSNSの中にあるんですけどね。)勿論、友達以外の他人が見れなきゃ何言ってもいいという事ではないんですけど、その辺の話は面倒なのでパス。





このSNSがらみの問題も今に始まったことじゃないんですけどね…



とりあえずSNSを利用している方は、「自分の発言の重さ」について、もう一度よく考えた方がいいかもしれません。記事だけでなく、記事に対してのコメントも。(ちなみにこのブログも会社が絡んでいる為、こんな個人的な記事を書くときは正直無茶苦茶怖いです。私自身もけっこうビクビクしてます。)



で、本人が「単なる身内同士での悪口」気分で面白半分にやったことに対して、どこまで責められなくてはならないか、という点は中々難しい問題ですね。私は「悪口」なんていう軽い書き方をしてますが、実際は「職務先でのお客に対する盗撮行為」と「病人に対する強烈な中傷」ですからね… それに対して、まだ大学生じゃないか、本人は軽い気持ちだった、そこまで責めなくていいじゃないか、という意見がぶつかるわけですが、そのさじ加減なんてよく分かりませんよ。個人としての意見はありますけどね。↓で書きます。











(長い。)











ここまでが1つ目の建前と冷静さを保った見方。

もう1つの見方についてですが、単純です。









不愉快。









ということで、アトピーについてもう少し理解してもらいたい。



私はアトピー性皮膚炎でした。「でした」という過去形を使えるぐらいまで症状が軽くなったのはここ1年ぐらいです。まだ完全に直ってるとはいいがたいのですが、毎日塗り薬を塗らなくてもすむようになりました。

つまり、30年近くアトピーと付き合っています。



一番分かってもらいたいのは、アトピーは「もう一生直らないかもしれない。一生付き合う覚悟でがんばろう。」と医者から言われるものなんです。大人になると治ることが多いと聞き、事実そうだと思うのですが、私は20代になっても治らず、そのとき医者に「一生縲怐vと言われたときには本当にショックでした。



兎に角、症状も対処法も個人差が大きく、何が悪いか、アレが効く、コレが効くという内容も人によって全く違います。ある人が治った治療法でも自分は駄目だったなんて山ほどあります。というか自分が試したものは結局どれも効かなかった。「アトピー」という一言で済ませていいのかわからないくらい個人差が大きいです。



つまり色々試しても、治る人は治る、治らない人は治らない。

だから医者から『付き合え』という言葉がでてくる。



私は入院するなんて大事ではなく、軽度の部類なんですが、それでもつらかった。ひどい時期はシャツは毎日血が付きます。汗をかくだけで激痛が走ります。風呂やプールに入った後は痛くてしょうがないです。風呂は当然毎日ってことですよ。触らないように我慢するのがつらい。そんでもって寝てるときには抑制できなくて、朝起きたらパジャマが血だらけ、爪の間に血が固まって黒くなったりしました。血だらけになるほど酷くなったのは10代の時だけなんですが、それ以後も季節季節で症状が出たり出なかったりで、顔だけは頻繁にひどくなることが多かった。そのせいでほっぺが赤いです。というか顔赤いねってよく言われます。まあそれはそれでキャラになっていいですけどね。薬も飲み薬、漢方薬とか色々飲んだり、毎日塗り薬塗ったりとか、兎に角ずーーーーっと薬漬けって感じでした。(ステロイドとか問題なので塗り薬は選ばないといけませんよ。)



ま、幸いなことに皆とほぼ一緒の生活はできましたが、つらいつらい。



花粉症が治らない人は、多分共感できると思います。症状もつらいんだけど、それ以上に治らないことがつらい。



幸い私の場合は歳とともに治るパターンのようで、とりわけ特別な対処法に頼らなくとも(というか特別な対処法が効かなかったんだけど)いまはすごく軽くなりました。ただこんな軽い症状の私でも、「苦しみ」はわかる。





↑の体験談はまあ、アトピーの方が見てもあまり良いことは書いてないです。(自然に治っただけですから…でも、がんばって付き合えばきっといつか軽くなって治りますよ!) ただ単に、アトピーでない方にどういうものなのか知ってもらいたい。重度・軽度に関わらず苦しんでる人は多いと思います。服で隠せる軽い症状の人で普段通りに振舞っててる人とかもいっぱいいます。そういう人も裏でけっこう苦しんだりしてるんですよ。それに、いつ誰がアトピーになるかなんて分からない。花粉症とおなじです。その辺のことを知ってもらいたい。







まあ、私は差別等には疎くて関心があるともいえない人間だし、他人を批判しない清く正しい人間でもないので、「ただ自分と同じ境遇の人が貶されてるので腹がたった」というごく個人的な感情だけで文章書いてるのはわかっています。故に「こういった中傷をするのはやめて」という言葉に繋げる理由付けが上手くいかないです。



ただ、その大学生のあまりにも…な文章を読んだとき、珍しく使命感が生まれたので書きました。ちょっとでもアトピーのことがわかってもらえたらありがたいです。









うつわと関係ないけど。

人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 健康・病気 | 21:58 | comments:16 | trackbacks:13 | TOP↑

COMMENT

よんだ。

| | 2006/08/18 23:52 | URL | ≫ EDIT

誰だかわからないけど読んでくれてありがとう縲

| まるぽん(管理人) | 2006/08/19 00:18 | URL | ≫ EDIT

同意します。



こういう問題については、いろんな原因やキーワードを挙げることができるでしょう。

倫理教育、勝ち組負け組の社会構造、などなど。

でもどんな面から今回の一件に迫り議論したところで、やってしまったことは重たい事実です。

相応の処遇は覚悟すべきですね。これはもちろん学校からの処分だけではないはず。



さて、ここまでは極力言葉を選びましたが、私も結構不愉快に感じております。



来年以降しばらくの間、H立製作所を受けに来る岩手大生は意識して弾いてやろうかなw

| | 2006/08/19 19:45 | URL | ≫ EDIT

予想以上に反響を呼んでいる事件ですね。

自分は同SNSを一度退会しています。

理由は、まあ内容は違えど「モラルの少し足りない人」と知り合い、疲れてしまったからです。

今、またひっそりと再登録しひっそりと日記なんか書いてますがw



私の地元には、アトピー専門で(全国的に?)有名な病院があります。

なので、患者さんをよく見かける機会はありますので、なんであえてアトピー患者を中傷するのだろう、と、本当に不思議な気持ちと同時に怒りを覚えました。



まるぽんさんが元患者さんということで、生の意見を聞くことが出来、勉強になりました。

| | 2006/08/19 20:07 | URL | ≫ EDIT

返信遅くなってすいません。丁寧なコメントありがとうございます。



今はただ、本当に簡単でいいので、アトピーはどんなものかを知ってもらえればそれだけで嬉しいです。

| まるぽん(管理人) | 2006/08/19 22:17 | URL | ≫ EDIT

自分は5年ほど前は病院こそ違いますがこの事件の患者さんのように包帯をまいた状態の時がありました。

今でこそ薬を塗っていれば日常生活に不自由はしませんがそれでも普通の人が羨ましく感じてしまいます。

正直自分の肌を見て気持ち悪いと思うことがあるので思うのは当然なのかもしれません。でも、それをわざわざ不特定多数が見る可能性のある場所で晒し者にする行為には怒りも感じますし悲しくもなってきます。

全国にはこのような患者さんが大勢居るのでこの事件をきっかけにこのような事が2度と起きない事を願うばかりです。



| | 2006/08/20 01:09 | URL | ≫ EDIT

TBありがとうございました。

うちの旦那さまが子供のころから30年のお付き合いです。

一時期軽かったのですが、最近またひどい状態で、また病院通い+苦労して抜いたステロイド剤のお世話になってたりします。



そーなの、シーツやシャツ、座っていれば壁や床に血がつくくらいヒドくなるんですよね。



今回の件は、彼も言葉を失っていました。

| meaou | 2006/08/20 11:01 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます。



同じ境遇の方や、身近で「苦しさ」を見ている方は、どうしても同じ気持ち(軽く笑い飛ばせない気持ち)になってしまいますよね…

| まるぽん(管理人) | 2006/08/20 13:19 | URL | ≫ EDIT

私自身ミイラ化のような幼少時代をすごしていたので、この記事をみてあるいみ笑ってしまったのですが。

自分だって、この傷がどれだけ膿んでいて臭いとか、外見が悪いかなんてわかっているわけで、@食料品売り場に感染しないとは言えども、あんまり来て欲しくないんだろうな…とも思っていまし、言われました。

でも努力しても治るわけでもなく、包帯やガーゼ、眼帯で覆うことはよくあることで

現在も時々会社を休むくらいの急な喘息や、発疹により身体が1.5倍くらいにむくんだりしております。

どうしょうもないのですよね。100%治るということがないので、まるぽんさんの所にあったセリフじゃありませんが、付き合っていくしかないのです。



個人的には、

笑っている人は自分も同じ境遇になった時笑えって自分をみれるのか?同じことを書けるかということです。

笑いたかったら笑えばいいと思います。

本当に相手の気持ちが分かるのであれば、

笑える人なんているわけがないのです。

そしてそれが分からなかった彼らは、

かわいそうな人達なのだなと思います。

| Eda | 2006/08/21 14:18 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます。



本当は、「相手の立場になる」って話、すごく突っ込んでしたいんですよ。でも、「お前はどうなんだ?」といわれた時、私は全く反論できない駄目な人間です。今も昔もそれが出来ずにどれだけ失敗してきたことか。そしてこれからも、嫌いなものをたくさん傷つけながら生きていくと思います。



ということで、私が望めるのは「知ってもらう」という事だけですね。ですので、皆さんのコメントには大変感謝しております。ありがとうございます。





あー書いてて思うけどなんてちっこい人間なんだろうorz

| まるぽん(管理人) | 2006/08/21 18:54 | URL | ≫ EDIT

中身は別として、文章が長い。

でも、長いがゆえに想いが伝わる・・・そんな内容だね。



しかしいいねぇ縲怩アこのブログ。中身を読んでると、社会勉強になるよ(^_^)



これからも宜しくね。・・・・・・うつわもな!

| PCから日の出 | 2006/08/22 22:03 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます。



長い文のわりに内容纏まってなくてすいません。こちらこそよろしくお願いします。

| まるぽん(管理人) | 2006/08/23 08:59 | URL | ≫ EDIT

よく「言って良いことと悪いことがある」「本音と建て前」なんてことを言ったりします。これをこの事件に当てはめると「(実質)公共の場で言ってよい内容ではなかった」となるわけですが、個人的にもはやその範囲をはるかに超えた問題に思えます。



前途した事は社会的な地位の保持だったり、悪く言えば偽善行為の一例と言え、内心はそう思っていても、それを表に出さないことですが、病気に苦しむ患者を指を指して暴言を吐き、集団で笑いものにするなど、もはや社会人でも、学生でもなく、人間としてありえない事に思えます。



病人をみてあのような感情を抱くこと自体、もはや人間として欠陥品だと思います。こんな人間が数年後に社会に出て、いつかは次の世代の教育をすることを考えるだけでゾッとします。



僕も10代のときにアトピーがひどく、血と体液まみれの苦しい日々を送り、いまだに手袋は欠かせません。本当に悲しいことだと思います。

| ミヤハン | 2006/08/25 01:49 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます。



この件ですが、関心を持ってくださる方がとても多く、少し驚いています。

| まるぽん(管理人) | 2006/08/25 10:52 | URL | ≫ EDIT

「知ってほしい」という言葉、私も同じ気持ちです。

自分の気持ちを代弁してもらった気がします。

ありがとうございました。

| ts | 2006/08/26 13:07 | URL | ≫ EDIT

遅くなりまして申し訳ありません。



「同じ気持ち」と言っていただけてとてもうれしいです。ありがとうございます。

| まるぽん(管理人) | 2006/08/28 10:23 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marupodo.blog113.fc2.com/tb.php/14-ec4873ed

TRACKBACK

皮膚病患者をミイラと書いた大学生

 僕はこの事件知りませんでした。馬鹿な奴がいるもんだなぁっと思うと同時にアホな大学があるもんだっと思う。一体なんで成人に達した学生の事案の処理に大学が関わってくるんだ?大学とは、少なくともこういうことをする場所でも学生とこういう関わり方をす

| | 2006/08/18 22:03 |

皮膚病患者をミイラと中傷 ネットで岩手の学生

岩手県内にある大学の元水泳部員の男子学生(20)が、アルバイト先の書店で顔や腕を包帯で覆った皮膚病患者の写真を隠し撮りし、インターネットに「ミイラが来店」などと中傷する書き込みを繰り返していたことが17日、分かった。同じ悩みを抱える患者らからの抗議メ

| | 2006/08/18 23:15 |

岩手の大学生が皮膚病患者を「ミイラ」と中傷

岩手の大学生、皮膚病患者を「ミイラ」と中傷・SNSに書き込む。(サンケイ・ウェブ) イザ! また、こんなことをしでかした馬鹿者が出たか――という感じ。類似のネット・トラブルとして、昨年8月にコミック・マーケットでアルバイトしていた女性が会場の写真を

| | 2006/08/19 04:13 |

皮膚病患者をミイラと中傷/岩手の学生

岩手県内にある大学の元水泳部員の男子学生が呆れたことをしでかしました。その学生のアルバイト先の書店で、顔や腕を包帯で覆った皮膚病患者を携帯で隠し撮りして、こともあろうにインターネット上で「ミイラが来店」などと中傷する書き込みを繰り返していたそうなん

| | 2006/08/19 11:45 |

皮膚病患者を「ミイラ」 SNS巻き込み閉鎖騒ぎ

皮膚病患者を「ミイラ」 SNS巻き込み閉鎖騒ぎ 岩手県内にある大学の元水泳部員の男子学生(20)が、アルバイト先の書店で顔や腕を包帯で覆った皮膚病患者の写真を隠し撮りし、インターネットに「ミイラが来店」などと中傷する書き込みを繰り返していたことが17

| | 2006/08/19 12:12 |

SNS内での中傷

イザ!:皮膚病患者を「ミイラ」 SNS巻き込み閉鎖騒ぎ -話題!ニュース誰が見るかわからない場所での発言は慎重にと。

| | 2006/08/19 16:03 |

皮膚病患者を「ミイラ」と中傷 SNSに書き込む

ちょくちょくインターネットの書き込みで、事件や話題になっているけど、こういう書き込みをする人って、何を思い、何をしたかったのだろう。そして、書き込みによって、どういう事態がありえるのか、想像してないのだろうか? 今回は、大手SNS内での日記書き込みらし

| | 2006/08/19 17:05 |

皮膚病患者をミイラと中傷

皮膚病患者をミイラと中傷 ネットで岩手の学生 (産経新聞) - goo ニュース岩手県内にある大学の元水泳部員の男子学生(20)が、アルバイト先の書店で顔や腕を包帯で覆った皮膚病患者の写真を隠し撮りし、インターネットに「ミイラが来店」などと中傷する書き込みを

| | 2006/08/19 21:19 |

ミイラ中傷大学生の日記を読み解く

岩手大学工学部情報システム工学科の部員が、SNS『mixi』で、皮膚疾患患者を「ミイラ」と中傷する日記を書いていたところ、偶然それを見た第三者によって2ちゃん経由で炎上。大学や所属する水泳部にまで抗議が殺到するという事件があった。→イザ!:皮膚病患者を「ミ

| | 2006/08/19 22:05 |

SNSの特性もあるかも知れないね。

井戸端会議をしているところにたまたま通りかかって、「何だかスゴイ」会話を耳にしちゃった時と同じ感じ。【皮膚病患者を「ミイラ」 SNS巻き込み閉鎖騒ぎ】他人が通りがかった時、井戸端会議では声を落とすものですが、SNSのコミュニティ内にいることを「声を

| | 2006/08/20 11:03 |

悪意の塊

皮膚病患者を「ミイラ」と中傷 SNSに書き込む(産経新聞) 岩手県内にある大学の元水泳部員の男子学生(20)が、アルバイト先の書店で顔や腕を包帯で覆った皮膚病患者の写真を隠し撮りし、インターネットに「ミイラが来店」などと中傷する書き込みを繰り

| | 2006/08/22 00:59 |

皮膚病患者をミイラと中傷 ネットで岩手の学生

いまや簡単に誰でもがブログをもつことの出来る時代。ネットに簡単に自分の日記を書くことが出来る。しかし、その先には不特定多数の人々がいることを忘れてはならないだろう。個人情報がうるさく言われている割には、個人的な漏洩の危険性を認識している人

| | 2006/08/23 10:31 |

皮膚病

皮膚病で悩む多くの人に:ステロイド、アトピー、乾燥肌などいろいろな症状がありますそんな皮膚病に関することを考えましょう

| | 2007/06/23 20:58 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。