PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

柳沢氏の『子供を2人が健全』発言

昨日、柳沢氏の「産む機械」発言の全文(趣旨)という件を扱ったのですが、もう次の『問題発言』ですか。



柳沢伯夫厚生労働相がまたも問題発言か、というニュースが出回っています。今回は各メディアさんも「趣旨」を掲載しているところ多いですね。スポーツ報知さんの記事と、中国新聞さんの記事を引用させていただきます。



■発言の背景(スポーツ報知さんより

発言は、国立社会保障・人口問題研究所の05年の調査で独身の90%が結婚を望み、欲しい子供の数を「2子以上」と答えた人が約85%に上る結果を踏まえたものとみられる。


■厚労相の発言要旨(中国新聞さんより

若い人たちの雇用が安定すれば婚姻率が高まるという状況だから、安定した雇用の場を与えていかなくてはいけない。女性、あるいは一緒の所帯に住む世帯の家計が、子どもを持つことで厳しい条件になるから、それを軽減する経済的支援も必要だ。家庭を営み子どもを育てることに人生の喜びがあるという自己実現という範囲でとらえることが必要だ。



ご当人の若い人たちというのは、結婚をしたい、子どもを二人以上持ちたいという極めて健全な状況にいる。だから本当にそういう日本の若者の健全な、何というか、希望というものにわれわれがフィットした政策を出していくということが非常に大事だというふうに思っている。


ふむふむ、なるほど。例によって捉え方の問題でしょうね。





■私個人の捉え方-------------------------------

○『今の若者達が子供を二人以上持ちたいと思っている事は健全』

その若者の気持ちをバックアップできるような政策を打ち出していきたいってことですね。例えば子持ちの親への資金的なフォローとか。おおまかな方向性としては賛同できます。

そもそも男1人・女1人から、2人以上の子供が生まれないと日本の人口は増えませんよね。私は結婚相手の候補すら一切存在しない状況ですから、国の少子化対策の観点から見たら問題児です・・・
-------------------------------


■この件を問題視してるメディア・個人の方の捉え方----

○『子供を二人以上持ちたいと思うことは健全』
→『じゃあそう思ってない人は不健全なのか!!』

○『子供を二人以上持つことは健全』
→『じゃあ子供を二人以上持ってない人は不健全なのか!!』

こんな感じですか。受け止め方・捉え方は人それぞれですからね。そういう反論もあってもいいかと思います。もちろん、柳沢氏がそんなことを思っているかどうかは別にしてですが。
-------------------------------




ちなみに、この件に対して『野党がどういう行動を起しているか』については、個人の感想云々とは別問題だと思います。

-------------------------------
産経新聞さんの記事↓
厚労相発言めぐり質疑 野党復帰、国会が正常化
-------------------------------

一週間の ”審議拒否” お疲れ様です。その間、知事選がありましたが、何か得るものはありましたか?


はっきり言いますね。

安倍政権には私も不満があります。次は野党に勝ってもらうべきかもなあ、と思ったりします。ところが・・・ 野党は何してるんですか?

申し訳ないですが、なーんにも具体的なことを詰めずに、ただただメディアに乗せられて、『選挙の為』に必死に騒いでるだけにしか見えません。野党が押し切った場合、「厚生労働省が問題発言をしなくなる」以外に何が変わるのか教えてください。与党を叩くなら、少子化問題対策の具体化を進めた上でその内容を叩いてくださいよ。あなた方の案はないんですか? 今の所、物事の進行を妨げてるだけじゃないですか・・・ 


「言葉狩り」と「言葉遊び」はもういいですよ。やりすぎです。呆れます。他の政策はどうなってるんですか? 問題山盛りですよね? ”政治家の仕事”をしてもらいたいです。


※ちなみにこの記事は、昨日扱った『中立の立場』という観点から程遠い内容です。悪意に満ち溢れています。ごめんなさい。




※追記
一部のTV番組では、前後の意味を意図して削り、視聴者が柳沢氏に怒りをぶつけるよう誘導していますね。改めて確認。何も知らない人があんな報道内容を見れば、上記で説明した「私個人の捉え方」になるはずがありません。

仮にも「ニュース番組」でよくやりますわ。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 18:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marupodo.blog113.fc2.com/tb.php/134-e73a2317

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。