PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

K-1 秋山vs桜庭の問題

遅めですが・・・



あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。







ついでに遅めですが、K竏窒Pの「秋山vs桜庭」のぬるぬる疑惑?の件、ネットではけっこう盛り上がってたみたいですね。









私も大晦日に見てました。試合の終盤を観てたあたりでは、事の真相を理解できず、「おいおい、一方的に殴られてるのにレフリー止めないのかよ。早く止めてやれよ。」と思っていました。



(以前桜庭の試合で、桜庭が無抵抗に殴られ続けてるのにレフリーストップがかからなくてすごく危険な場面があったから。)





「変だな?」と感じたのは、ゴングが鳴り、秋山の勝利が決まった後ですね。桜庭がはっきりと「滑る! 滑る!」って言ってました。解説もなにか異変のあるようなことを言ってたみたいなんですが、あんまりマジメに聞いてなかったのでよく理解できてませんでした。「何が滑るんだろう・・・マットの上がすべるんかな? 秋山のパンチが滑ってるからぜんぜん効いてない、って意味なのかな?」と全く見当違いのことを考えていました。







で、番組後にちょろっとネットを見て、そこでやっと真相がわかりました。



桜庭はタックルにいったとき、秋山の足があまりにぬるぬると滑るので、「滑る、何か塗ってるんじゃないか? 反則じゃないの? タイム、タイム」と、途中からずっとタイムを要求していたみたいですね。それをレフリーが受け入れず、秋山も聞かずにがんがん殴っていたようです。



↑の事なんですが、新年早々すぐネットを見て気づいたんですが、新年早々納得のいかない嫌なものを見て気分が悪かったので、意図的に忘れてました。

















秋山側のセコンドが試合中に「はい、滑った縲怐vと滑ることを前提にしているようなことを叫んでいたり、秋山が試合開始ギリギリまで胴着を着ていて、試合後は急いで胴着を着なおしていたのがなんだか怪しかったり、秋山は過去の胴着ありの試合で石鹸でぬるぬるした胴着を注意されたことがあったり、果てはグローブにも何か仕込んでたんじゃないか?という疑惑すら上がったりしていますが、例によって真相は分からずじまいです。



もちろん疑惑は疑惑で真実ではないので、決め付けるのはよくないかと思いますし、桜庭の言い分を一方的に信じるのもおかしな話だとは思います。審判団や谷口プロデューサーからの正式回答はまだかな? とはいえそれもどこまで信じればいいのかわからないわけですし、「真相は分からずじまい」ですねやっぱり。













まあちまたで言われているように、レフリーが桜庭のタイムを聞いてあげてもよかったんじゃないかなと思います。試合中にレフリーが秋山の背中を触ってぬるぬる具合を確認してたみたいですけど、桜庭が戦意一切なしでタイムタイム言いながら一方的に殴られてる状態で、しかも背中をちょろっと触っただけの確認はまずかったと思います。一度止めて、ちゃんとチェックして、その上で「問題なし」と公に示せばすんなり収まったのではないでしょうか。









あとからよく聞くと、桜庭はホントに必死にアピールしてるんですよ・・・レフリーはなんで無視して「ファイトッ!」なんて言ってたのか・・・理解できませんわ。

人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| K-1 | 15:19 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marupodo.blog113.fc2.com/tb.php/110-e16a6e2a

TRACKBACK

youtube ボビー 動画

youtubeでボビーの動画を紹介しています youtube ボビー 動画はココ...

| | 2007/01/10 02:11 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。