2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サッカー・FIFAワールドカップ2010 日本0-0延長PKで敗退 感想

見ていたので数行だけ。

非常に残念。惜しかった。でもよく戦ったと思います。少なくても今後や4年後に繋がる結果だったと思います。壁は厚かったですが、日本の皆は十分に認めてくれると思います。

番外感想として、イエローとかコーナー判定とかの審判の采配に不満がありますが、まあ今となってはそんなことどうでもいいかな。
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 海外 | 01:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近のニュースの感想(2010年6月29日)

ご無沙汰しております。また最近のニュースの感想やら日記やらを適当に殴り書きしておきます。

■サッカーワールドカップ
岡田さんすいませんでした。次の試合も勝てると思います。サッカーについては、ものすごい「にわか」で申し訳ないのですが、ガンバってほしいものです。

ちなみに、例によって気になるのが「誤審」の類かな・・・。すぐ出るビデオ判定で、明らかに誤審だとわかる行為でも覆さないのがサッカーの審判です。日本の試合では大きなトラブルは起きていませんが、他国の試合では理不尽なことも起きているようですね。


■twitter(ツイッター)の件
最近少しだけ使っています。「何がいいのか」はちょっとだけ理解できてきましたし、そこに短い言葉で感想を書いてしまうと、ブログで長文を書く意欲が削がれる感すらあります。

といいますか、基本のインターフェースはかなり使いにくく、文章の読み方にも独特のルールがあり、外部便利ツールなども活用する必要がある、色々とややこしいシロモノだと思うのですが、これを「あまりPCに詳しくない人たち」がしっかり使いこなしてることに関心している有様。

ちなみに私はツイッターでは敬語・丁寧語など使わず、自分の普段の言葉遣いで汚く書いてしまっているので、ここのブログとどう線引きし、どう使いわけるべきか若干迷っていたり・・・


■菅直人政権について
今まで何回も何回も書いてきましたが、私は民主党と鳩山政権を(前衆議院選前から)全く支持しておらず、鳩山政権時の政策の多くは、むしろ成立しないことの方を願っていたぐらいです。

それと比較すると、菅直人氏の打ち出した方針・政策は、(鳩政策よりは)圧倒的にまともだと認識しています。

「現実的」というか「自民っぽい」というか、細かい部分に目をつぶれば、全体としてはそう否定的な感情はおきません。もちろん消費税アップの話も含めて、です。

こと政策だけを見るのであれば、これが私の正直な感想です。


■相撲の野球賭博問題
名古屋場所は結局やるのかな?

今回の件、単純に「賭け事はやっちゃダメ!」というよりも、「”公益財団法人”が、”暴力団”と関わる賭博をしていた」という点が、厳しい処罰の主な理由としてよく伝えられています。

ただですね、「賭け事の罪」「暴力団の存在・定義」ってのはホントに難しいです。個人的には、今世間が求めているような処分は「重すぎる」と感じています。

賭け事について厳密な「アウト」「セーフ」の線引きをしていくのであれば、パチンコが「換金所」というバレバレの仕組みで許されてる事自体が理解できないです。

それから、麻雀をやる=99%金を賭けたことがあるという認識なので、みのもんた氏などがTVで平然とマージャンの話題を持ち出すこと自体に違和感を感じていたり。

暴力団については、偉そうに上から目線で相撲協会を叩いているTV局さん、芸能人の方々、そして、とりわけ芸能プロダクションさんに対して、「暴力団」というキーワードについていろいろと追求したくなります。「あなた方はどうなんですか」と。

そもそも暴力団を題材にした映画・小説・ゲームなどは山ほどありますよね? 「完全な悪」として描かれていないものもたくさんあります。そのあたりの根本の部分から、???マークを山ほど突きつけて考える必要があると思います。


■iphone4の件
ここ5年ほど、あまり携帯を持ち歩かない生活をしていたのですが、予約日初日に予約してしまいました。まだモノは手に入っていませんが。

手に入る前に色々と不具合の話が出ていて、ちょっと不安にはなっています。アップデートなどで対応できる問題であればいいんですけどね。


■岐阜県でおきたいじめの事件について
今日のyahooニュースさんの記事↓
<いじめ>中1女子生徒を裸にして撮影 岐阜県の公立中

私は愛知県民なのですが勤め先は岐阜県です。記事では具体的な学校名は挙がっていませんが、「インターネットは恐ろしいトコ」なので、すぐわかりました。なんだかんだでもろもろ縁のある、岐阜県の中ではわりと有名な地域です。

親の教育? 学校の責任? 動画を中学生でもパッと送れてしまう技術が悪い? 地域としての責任もある? 

いじめ加害者の年齢を考えると、本人達だけに責任を負わせるわけにはいかないかと思いますが、比較的近い地域でこういう痛ましい事件があると、なんだかいろいろと考えてしまいますね・・・
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 社会現象・流行 | 20:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新総理(首相)は菅直人氏に 感想

ちょっと時間がないので手短に。と思っていたらけっこう長文に・・・

次の総理は菅直人氏に決まりました。過去に「民主党の看板」を何度か担いだこともあった、重要かつ有名な人だと思います。

また、いきなり話が飛びますが、「奥さんのコメントが好印象」なんていう記事もみかけました。がんばって欲しいですね。嫌味ではなく。



さて、私が菅氏と聞いて、一つ思い出す事件があります。

多分誰も気にしていなくて、私一人しか気にしていないようなどうでもいい内容。

2007年02月09日に、このブログで私が書いた感想↓
民主、菅氏の「産む生産性」発言について
(今読み返してみましたが、なんだか要点がわかりにくくてめんどくさい文だなーと思ったので読まなくていいです。)


もう3年もたってるのか・・・複雑な気分。

とりあえずこの内容の要点をまとめると、

----------------
自民柳沢氏の『産む機械』発言を激しく非難した菅氏も、過去に『子供を産む生産性』という趣旨の発言をしてるだろ。マスコミはちゃんと中立に取り上げろよ。

取り上げるどころか、朝日新聞さんに至っては菅直人氏の過去発言を隠蔽してやがる。ひどい。

----------------


こんな細かいこと誰も気にしてないと思いますし、今読んでも(自分自身が)キモいと思ってしまいましたが、少なくても、ただの素人の私が、「TV・新聞社の出してる情報」に強い疑問を持つようになったのは、この2007年2月の文章を書いてからなんです。


そういう意味で、菅直人氏は、私にとって思い出の人です。

その人が総理になる日が来るとは・・・  支持・不支持と関係なく、祝福したいです。なんとなく。



そして、これから注目したいのは、

「マスコミは、菅直人氏の味方になるのか敵になるのか」

これですね。


あれから3年、私の心や考え方はどうしようもなく荒廃し、

「日本の政治って誰が動かしてるの?」

と聞かれたら、迷わず

「マスコミ!!」

と答えるぐらいにまで荒(すさ)みきってしまいました。


「ネットの情報に毒された」「中二病かな・・・」などと疑ってみましたが、よくよく考えても「この考えで間違ってない。恥ずかしくない。」という結論で、私の心は納得しています。


ということで、菅氏が上手くいくかいかないかは、TV局と新聞社が決める事だと思っています。

菅氏は歴史のある人です。過去に、マスコミに助けられたことも敵になったこともあると思います。もちろん局・新聞社によっても違うと思いますが、どこがどういう反応を見せるのか、とても楽しみです。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 19:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鳩山氏・小沢氏辞任 感想

一日書くのが遅れました。鳩山氏、小沢氏、そろって辞任です。お疲れさまでした。

私の感想は簡単です。

ちょうど数日前に書いたこの記事とかぶります。

私の中では、昨年の衆議院選で民主党が大勝した時点から、責任は民主党ではなく投票者(国民)にあると思っていますから。鳩山氏を責め立てる気持ちはそちらに転換することにしています。


この通りです。


辞めることになったお二方の共通項は、「政治とカネ」問題です。

この問題は、去年の衆議院選の”前”で、ハッキリ「黒」と識別できるぐらいに判明していました。にもかかわらず、マスコミが「政権交代!」「国策捜査だ!」などと適当に叫んで黒い部分をモミ消し、国民は見てみないフリを決め込んで、民主党は勝ちました。

つまり、一度は選挙で国民に許されたわけです。「黒でもいいよ」と。

ところが勝った後に、マスコミが「やっぱり黒だしよくないよね」と言い出しました。国民はバカなので、それにつられて「黒はよくない」と言い出しました。


ひどいものです。後からそんなことを言うぐらいなら、何故最初(去年の衆議院選)に民主に票を入れたんでしょう。 



ちなみにもう一つ別の考え方もあります。こちらが本命かな?

最初から黒い部分も全て理解した上で、「自民を倒すためだけの使い捨ての道具だからもう用なし」という考え方。TV・新聞といったマスコミがこの状態。

ひどいです。一見カッコよさそうですが、これによって生まれた混乱・政策の遅れによって、日本は様々な要素でヘコんでいます。影響は数年後に時間差で出るのではないでしょうか。

この博打の責任は誰が取るの?

総理?

違うでしょ。私たちです。

鳩山総理は、ちゃんと選挙を介して決まった総理です。私達が選んだ総理です。正確には、7割の人が民主党に票を入れたことで決まった総理です。

今になって全てを総理に責任転嫁し、バカだのルーピーだのひどいことを言う人がいますが、その人がもし民主党に票を入れた張本人なのであれば、そっくりそのまま「バカ」「ルーピー」という言葉を返してやるべきです。



まあ、あくまで「政治とカネ」の問題のみを見れば、という話ですけどね。「小沢氏を道連れに」だったので、こういう感想になります。



さて、私は「次の総理は誰?」なんてことは、あまり気にしてないです。菅さん? ああそうですか。過去に面白いことを何度も何度もいっていた迷言王という記憶はあります。

そんなことよりも、「5月に強制採決で通っていった法案はどうなるのか」のほうがよっぽど気になります。

■読売さん↓
郵政改革法案、派遣法改正案…成立微妙に

今国会で審議中の重要法案には、わずか1日の審議時間で衆院を通過させた郵政改革法案、国家公務員の幹部人事を内閣で一元管理するための国家公務員法等改正案、2020年までに温室効果ガスを1990年比で25%削減するとの目標を明記した地球温暖化対策基本法案などがある。

 現在、衆院で審議中の労働者派遣法改正案については、今国会成立は難しいとの見方が出ている。

郵政改革法案
国家公務員法等改正案
地球温暖化対策基本法案

この3つのうち、成立してほしくない法案のある人にとっては、今回の鳩山氏の退陣騒動は朗報でしょう。

あんまり注目されていませんが、私が思っている一番の「珍政策」「悪法」は、「地球温暖化対策基本法案」です。機会があればいろいろ書きたいです。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 07:13 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。