2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

亀田vs内藤 亀田判定勝ち 感想

文脈むちゃくちゃの殴り書き。



亀田勝ちました。

いろいろと事件があったわけで、複雑な思いの人も多いとは思いますが、判定には特に不満もなく、どちらが強かったかといえば、「亀田が強かった」と素直に言えると思います。

そして、「試合前にはどちらが勝つかよく分からなかった」という意味では、十分楽しめた試合でした。



さてまず、試合後の「後だし」で申し訳ないのですが、「予想していたこと」について説明。

内藤ですが、ここ数試合は「明らかな格下に苦戦するような試合」ばかりでした。特に気になったのは熊(選手名)との戦い。年齢的なものに加え、ボクシングスタイル的にも体を酷使しており、顔には出さずとも、色々と苦しんでいたのではないでしょうか。


対する亀1ですが、初期の頃は「足を止めてガードしながら前に進むだけ」だったのですが、ランダエタ2戦目あたりから、「足を使うボクシング」をちゃんとするようになっていました。そのようなことをこのブログでも書いた覚えがあります。

その後、亀1はTVの露出が減りましたが、しっかりアウトボクシングの方向性で完成度を高めていたと思います。

そのかわり、初期の頃に噛ませ相手に稼いだ「ハードパンチャー」という触れ込みは影を潜め、KO率はめっきりと低くなっています。察しの良い人なら、試合前の「●試合●KO」の時に、「あれ?、けっこうKO率低くね?」と気付いたはずです。



ということで、わりと興味のある人の間では、「衰え気味の内藤 vs 判定勝ち狙いの亀田」という図式のもと、「どっちが勝つかわからない」という予想が多かったと思います。

亀1は「かませ犬」だの「八百長」などの影響でボロクソに言われ、「弱い」「世界の器ではない」ともよく言われていましたが、「確かに強いチャンピオンとは言いがたいけど、そこまで弱くもない」というのが結論、そして「予想」ですかね。




で、今日の試合。

亀田のパンチスピードは見事なものだと思います。足もよく使えていました。ちゃんと「世界に通用するものだった」のではないでしょうか。否定することは出来ないはずです。

パンチ力はよくわかりませんね。内藤の鼻はひどいことになっていましたが、バッティングなのかパンチによるものなのかまでは分かりませんでした。

手首だけ動かした変則の2連打みたいなのは、ポイントには役立つかもしれませんが、ダメージ的にはどうなんだろ?



パンチでいったら、これまでちゃんとした強敵相手にKOを取っていてる内藤の方が遥かに「効くパンチ」だと思います。

ただ、内藤のフック主体の変則ボクシングは、正直ここ最近、上手く効力を発揮している場面を見れていません。ついでに言うと、かなり被弾も多いため、今日だけでなく最近ずっと、「ポイントを高くつけてもらえていない」ような。

実際、亀田は(最終ラウンドを除いて)ピンピンしていたわけですしね。



作戦勝ちというか、元々のスタイルがかみあったというか、兎にも角にも、この判定は納得できるものだと思います。


あえて言うのなら、ちょっと大差がつきすぎてるかな?ぐらい。「アグレッシブ」という要素もあるはずですからね。

ただ、亀田もそこを取られないように、手数はしっかり出ていたと思います。なのでケチをつけるきはおきない。


内藤選手の、「チャンピオンになってもまるで挑戦者であるかのようながむしゃらさ」を逆手に取った、上手な判定勝ち、そして実力勝ちだったと思います。

亀田家は(特に親父の悪影響で)、「やってはならないことをやってしまった」のは確かですが、こと試合の中では、その努力と結果、そして「逆境に耐えたこと」をしっかり認めてあげるべきです。

感想は以上。



さて、今後どうなるのかな? 

これもずっと前に書いたと思うのですが、今の亀1のスタイルは、「にわかミーハーファン」に対する客受けはあまりよくないと思います。このままのスタイルでは、勝てても判定勝ちが9割以上だと思いますので。

かませをぶつけて無理やりKOを取るとなれば、また昔の「腐ったTBSのボクシング」に逆戻りです。


それから、内藤はどうするのかな? 引退の話も事前に出ており、「TBSのシナリオ通り」みたいなウワサもちらほらあるようですが。




私個人としては、やっぱり「亀1 vs 長谷川」を望みますね。

↑で亀田をしっかり褒めましたが、「長谷川と比べたら屁でもない」というのは、どうしても言いたくなる。なんというか、私も結局「にわかミーハーファン」ということで。ごめんなさい。



追記。

いつもTBSのボクシングの感想を書く時に、「必ず書いてること」を書き忘れてた。

TBSの放送の場合、解説・実況の言ってる事は無視しましょう。今回の実況の色は「亀の応援」で、いつものように「的外れ」だったと思います。そして彼らは、「過去の忌まわしき事件」など、まるで一切無かったかのように振る舞います。

邪魔だと思った時には音を消すのがオススメ。
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 亀田 | 22:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2009年ユーキャン流行語大賞ノミネート語発表 感想

INTERNET Watchさん↓
「草食男子」「婚活」2009年流行語大賞ノミネート語発表

ノミネートされた流行語60語(公式ページの上の方の候補語をクリック)↓
新語・流行語大賞


うん。なんというか、「月日がたつのが早い」と感じてしまいました。今年はイマイチ更新少なくてすいません。


さて、去年も感想書いたと思いますが、今年も全く同じ感想ですね。

半分ぐらいは流行語でもなんでもなくて、「今年起きた主な出来事の名前」をそのまま羅列しただけじゃない? 微妙なかんじ。



流行に疎すぎる私が何を言っても説得力ないですけどね。



とりあえず、私個人が「調べないと理解できなかった言葉」をリストアップ↓

------------------------

※分かるけど、その言葉そのままズバリがちゃんと流行ってたか?
●ハウジングプア ●のりピーショック ●のり塩事件
●離カツ(離活)

※調べたら知ってる内容だったけど言葉は知らず
●コンビニ受診 ●ゼロゼロ物件

※調べてもよくわからない
●ぼやき

※明らかに知ってたのに記憶力低下・ド忘れで、何なのかがすぐ出てこなかった
●1Q84 ●キング・オブ・ポップ

※流行ってたかもしれないけど知らなかった
●アシュラー ●あると思います ●家電芸人 ●こんなところ来とうはなかった
●セクスィー部長 ●トゥース ●ファストファッション
●ひな壇芸人 ●ノギャル

------------------------

こんなとこです。



で、私がこの中から一つ選ぶとしたら・・・

ごめんなさい。一つだけ選ぶの無理でした。



新しく作られた造語っぽい言葉ってことなら、「婚活」「草食男子」かな。どちらも私がイラっとくる言葉なので、浸透具合も直に体感できました。(お察しください。)


新しさは感じないけど、実際に良く使われた・聞いた言葉ってことなら、「政権交代」「チェンジ」「故人献金」かな。(故人献金は新しいか。)やっぱり民主党が政権を取ったことは大きいと思います。歓迎してるか悲観しているかは別にして。


TVCM部門ということなら、「エコカー減税」。これしか聞かない。こればっか。他も「エコ」「CO2削減」ばっか。というかこれ、一応誰も評価してない麻生政権の景気対策の効果なんですよね・・・


個人的なヒット賞は「シルバーウィーク」。さも元からあった言葉かのように、ごく自然と私自身が使ってました。よくよく考えたら、こんな言葉は今まで無かったのかも。不覚。



こんなところです。



番外で、この候補以外から選ぶとするなら、「友愛」ですかね。

あくまでネット流行の方でですし、そちらの部門の大賞?候補としては挙がっているかと思います。


ただこれ、実はかなり危険なネタでして・・・

表の意味としては、鳩山氏が政権交代のキーワードとして挙げていた「友愛」そのままの”やさしい”意味なのですが、ネットで良く使われる理由になった裏の意味は↓なわけです。

「選挙期間前後に、小沢氏・鳩山氏の不祥事に関わる人物が不審?な死を遂げた」

「友愛する=殺す・消す=ポアする(オウム真理教の事件より)」


・・・ということなので、ユーキャンでは見送られたのかもしれません。


※前にも書いた注意点ですが、確かに事務所が燃えたり、関係者の方が(不自然に?)亡くなられたのは事実ですが、鳩山氏が何かしたのか?という部分については、完全にデマ・でっちあげ・偶然です。証拠も糞も無いわけで、いわゆる「思っても口には出してはいけない系統の妄想・推測」です。




感想は以上。

「微妙」などといいつつも、大賞が決まった時にはまた何か書くことになるかと思います。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 社会現象・流行 | 19:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リンゼイさん事件の市橋容疑者が大阪で身柄確保 感想

随分間が空いてしまいましたが、久々に簡単に。

yahooニュースさん↓
市橋容疑者、大阪で身柄拘束 リンゼイさん死体遺棄容疑

千葉県市川市のマンションで平成19年3月、英国人の英会話講師、リンゼイ・アン・ホーカーさん=当時(22)=が他殺体で見つかった事件で、死体遺棄容疑で指名手配されている市橋達也容疑者(30)が10日午後、大阪市住之江区内で身柄を拘束された。

やっとですね。まさしく「世間を騒がせた」という言葉に相応しい人物だと思います。

とはいえ、今のところは「死体遺棄」という罪状なんですが・・・



そんなに詳しくないのですが、「ほかにもひどい事件が山ほどあるのに、何故この事件はここまで注目されるのか」について。

1.外国人の方が関係しているので、国際問題になりかねない。(既になっている。)

2.警察が確保しようと突入したのにまんまと逃げられ、その後も捕まえられなかった。

3.懸賞金がかけられた。


この3点でしょうか。


整形云々に伴う情報公開から今日の確保までは、けっこう早かったですね。

そういう意味では、「バンバン報道していたTVのお手柄」みたいなものは感じました。

今朝などは、容疑者の母親の生の呼びかけも公開されてましたし。


ただ、↑で書いたとおり今のところは「死体遺棄」のみです。ここからやっと「どんな事件であるのか」がはっきりするのでしょう。多分。


そういえば、懸賞金1000万はどうなるんだろ?
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 社会現象・流行 | 20:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。