2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

民主党の最近の動きに関しての感想(岡田氏の失言とか)

最近はこの話題についてばっかなので、もう書くのも疲れてきました。

てきとうに要点だけまとめて、感想かいときます。


■TVの報道について

政権交代の後は、

・新聞はけっこう中立な感じ
・TVはひどく民主より → ここ最近は変わってきた

こんな感じの印象です。

「TVはひどく民主より」については、ようするに、「自民がやったらボコボコにされることも、民主がやったら何故かほめられる。」ってことです。


「ここ最近は変わってきた」については、私が直接見たのは以下のとおり。

1.私の中で、もっともひどい民主党応援番組だと思っている「スパモニ(スーパーモーニング TV朝日)」が、民主党議員に厳しいツッコミを入れていた。(先週のこと)

2.先週の「太田光の私が総理大臣になったら」で、民主党議員をボコボコにしてた。(先週のこと)


感想を書くなら、

今民主党を叩いてる内容、選挙前のマニフェストに目を通してれば「素人」でもわかるはず。「プロ」のクセして、選挙後の今になってから何を言ってるんだこいつら。 (太田総理に出てる金美齢氏除く。)



■民主党の今やってることについて

国会が開かれる直前にはまとまる(ハズ)なので、その時に確認します。

一ついえるのは、「いろんな補助がついたけど、かわりにお父さんの職がありません。」に向かってるような気がします。


■現段階での不満について

中小企業が「今年年越せるんだろうか・・・」と涙してる中、選挙から国会までに2ヶ月もかかってること自体が不満。


■「ムダをなくす」について

予算付け替えについては、ムダじゃないとこまで削ってる気がしてなりません。埋蔵金はどこ?



■自民党について

だからといって、自民党も頼りない。はぁ。



■社民 福島瑞穂氏について

今まで賛同できることはなかったのですが、最近はやけに賛同できる(まとも?)意見が多いので、むしろ怖い。


■岡田氏、天皇陛下のお言葉についての失言

毎日さん↓
臨時国会:開会式「陛下の思い入ったお言葉頂く工夫を」 岡田外相が「注文」

 岡田克也外相は23日午前の閣僚懇談会で、26日に召集される臨時国会開会式での天皇陛下のお言葉について、「大きな災害があった後の1回を除いてすべて同じごあいさつを頂いている。陛下の思いが少しは入ったお言葉を頂くような工夫ができないものか考えてもらいたい」と述べた。岡田氏が記者団に明らかにした。



今日のネタ。もうめんどくさいので、某掲示板の一説を↓に。

5 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2009/10/23(金) 19:30:53 ID:wnp3Q6IP0
わかりやすく岡田ブーメランの解説

意外と民主内閣にも良心があって、いつもどおりの文言を作った
  ↓
岡田、「せっかく政権交代したんだから、気の利いたコメントよこせ!」と激怒
  ↓
宮内庁に抗議 
岡田、「もっと陛下の思いが入った文にしろ!」
  ↓
宮内庁:意味わかんない コメント作ってんの内閣じゃん
  ↓
岡田:マジ?
  ↓
内閣:マジ あんたも閣議に出てたじゃん!聞いてなかったの?   ← イマココ

↑は、厳密に言うと「悪意」が加わって曲がってる気がしますが、だいたいはあってるでしょう。


とても「マヌケ」だと思います。ちゃんと報道されるのかなこれ。




ええとですね・・・

「天下りは駄目」だけど、「官僚が何でもかんでも全て悪い」とは思っていません。

悲しいことに、私よりも年齢いってる人のほうが、「官僚が悪い」で考えること自体を拒否してるので悲しくなる。




とりあえず以上。疲れる。
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 社会現象・流行 | 20:46 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Windows 7 関係(とくダネでの放送事故?他) 感想

ひさびさです。超いそがしかった。
放置してた書きだめとかを追記して放出。適当に書きなぐり。



とりあえず、今話題の「Win7」について。

■Youtube 「win7 demo (japanese tv show)」
(今朝のとくダネのWin7宣伝での放送事故みたいなものです。)

(著作権的に問題があるので、そのうち消されてしまうと思います。)


これ、何というか・・・ 笑ってしまいました。

女性スタッフの方がマウスで先に進めてますが、それじゃ進行的には何の意味もないような・・・

ネット上では、この不具合について「Windows7(マイクロソフト)が悪い!」やら「VAIO(ソニー)が悪い!」やらで、責任転嫁して遊んでるようです。



では次。私個人の「7」に対するイメージ。


「7」の出来がどうこう以前に、「こういうのは発売直後はバグやら不具合やらで色々面倒が多い」という教訓が、これまでの歴代ウィンドウズによって深く刻まれていますので、とりあえずは様子見です。

半年ぐらい様子を見て、よさげなら手を出してみようかなと。

自分のPCは、XPのまま長いこと変えずに使ってますので、そろそろ「時代に取り残されそう」という変な意味での購入意欲が出始めています。

そういう意味でも、「XPモード」(Win7でもXPのソフトなどが動かせる機能)は、ちょっとうれしいかなと。



ちなみにTVなどでは、

1.動作が軽い

2.タッチパネル


この2つをしきりに全面に押し出しているようです。


1.については、「XPほどではないが、Vistaよりは軽い」という認識です。MSさんは、「XPよりも軽い」みたいなこと言ってるようですが、いろいろなテスト結果などを見ていると、実に胡散臭い。

とはいえ、Vistaからなら完全な+要素ですし、この「方向性」自体は、私は好きです。

余計な機能はいらないので、軽くして欲しい。



2.については、正直あまり魅力を感じない。

「分かりやすい目新しさ」ということで前面に出しているみたいですが、どうなんだろこれ。

タッチパネル対応のモニターまで買わなくてはならないですし、そもそもタッチパネル操作自体が便利だと思えない。特に新しいとも思えない。

ちょっと脱線しますが、例えばニンテンドーDSのタッチパネル(ペン)、確かにそれを生かした面白いゲームはいっぱい作られましたが、十字キーのほうが楽そうな操作をわざわざタッチパネル・タッチペン操作にして、むしろ従来のゲームよりも操作感が悪くなったモノも山ほどあります。そういうことです。

あと、「メンテナンスのわずらわしさ」もあります。指紋ベタベタになりますからね。



こんな感じの印象。ビジネス向けのそこそこ性能のPCでは、まだまだ「XPでいいじゃん」という声が聞かれそうな感じですが、Vistaが出たときに比べれば、期待値は高めかも。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| IT全般 | 18:28 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オバマ大統領がノーベル平和賞に 感想

手短かに、見直しなしのなぐりがき。

CNNさん↓
ノーベル平和賞、バラク・オバマ大統領に

(CNN) ノルウェーのノーベル賞委員会は9日、今年のノーベル平和賞を、バラク・オバマ大統領氏に授与すると発表した。 バラク・オバマ大統領氏には賞金1000万スウェーデン・クローナ(約1億2700万円)が贈られる。授賞式は12月10日、ストックホルムで行われる。


おおお、すごいですねー。黒人初の大統領、その後の政策などが実を結んだのでしょうか。おめでとうございます。



・・・というのは、正直、おもいっきり建前感想です。


「えっ! 平和賞? 何かやったっけ?」

というのが、最初に素直に浮かんだ感想です。

「順当」とは全く逆の「驚き」ですね。




その次に思ったことは、

「平和賞なんて取ってしまったら、むしろ重荷になってやりづらいのでは・・・」

ということ。

アメリカが軍を動かす機会は、今後も多々あるでしょう。その度に、「それが平和賞を取った人間がやることなのか!」というクレームがつくことになるのではないでしょうか。けっこう重たい足枷になるような・・・

国の政治というのは、「良い悪い」とは大きく外れており、むしろ「その国が豊かになるにはどうしたらいいか」こそが一番の目的だと思います。建前と本音が180度逆方向な世界です。

引退後なら、何を言われようが「素晴らしい事」と喜べるでしょうが、大統領として「これからが本番」なこの時期にというのは、オバマ氏も素直に喜べるものなのかどうなのか・・・



むしろ辞退もありうる? 

でもそれもまた、「私は戦争しますよ」の意思表示に捉えられてしまうかもしれない。難題極まりないですねこれ。



それからもう一点。

「おめでとう!おめでとう!」の裏で、権威ある「ノーベル平和賞」自体に対する疑問も出てくるのではないでしょうか。

もちろん、立派な方なのは間違いないのですが、「まだ成してない、これからだろ。」みたいな。就任して1年も経ってないはずですし。

こういった話は、日本の政治家として平和賞を取った佐藤栄作氏にも言われていたみたいですけどね。(今回の件ではじめて知りました。)



どちらにしろ、「大きな事件」だとは思います。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 社会現象・流行 | 19:17 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

藤井財務相の発言と日経平均1万割れの関係について 感想

感想は少なく紹介中心。

日経さん↓
日経平均反落、午前終値143円安の9990円

1日の東京株式市場で、日経平均株価は反落し、一時、3日ぶりに1万円を割り込んだ。前日の米国株安に加え、債務の返済猶予制度構想を巡る不透明感や円高懸念から、金融株や輸出関連株など幅広い銘柄で売り優勢となっている。

日経平均がまた1万を割りました。はぁ。



今日、といいますか、今週のこの状況については、『藤井財務相の軽率発言の影響が一番痛手』という見方が強いかと思います。

産経さん↓
藤井財務相発言が欧米金融機関に波紋

藤井裕久財務相の外国為替市場への介入姿勢をめぐり欧米金融機関や投資会社が批判や相場見通し修正を伝えるリポートを相次いで発表している。

 元モルガン・スタンレーのグローバル為替リサーチの責任者でブルーゴールド・キャピタル・マネジメントのマネジングディレクターのスティーブン・ジェン氏は9月29日付の顧客向けリポートで、鳩山政権について「外為市場に介入しない方針を宣言することで、最初の政策上のミスを犯した」と指摘した。


もちろん、前から言ってるCO2削減量25%やら、亀井氏の発言なども絡んでいると思いますが、なんといいますか、そのあたりのことをもうちょっと責めるべきでは?



もう一つ大事な点。

ブルームバーグさん↓
TOPIXが世界ワースト1位、鳩山政権政策や円高重し-9月騰落率

9月30日(ブルームバーグ):日本株の出遅れが鮮明だ。9月の月間パフォーマンスは、TOPIXが世界の主要株価指数の中で最も悪かった(30日の日本株取引終了時点)。欧米を中心とした世界の株式相場の上昇基調が続く中、日本株は中期的なトレンド線を割り込んで調整局面入りの様相。鳩山新政権の政策不安や、為替相場の円高傾向などが重しとなっている。

リーマンショック、サブプライムショックなどと言われていた時は、「世界同時なのでしょうがない」という言い訳もできるのですが、9月に関しては、主要先進国は軒並みプラスの中、日本だけがマイナス、ということです。

ある意味、今の方がよっぽど深刻なような。



まあ、株価でどうこうというよりも、円高云々の影響で、年を越せない中小がどのぐらい出るのかの方が気になるんですけどね。

「超急いで3ヶ月で景気対策やる!」なんていっても、年越しには間に合わないわけですから。



明日・一週間後にはどうなってるのかわからない話ですので、これ以上つっこんで細かく言うつもりはありません。素人ですので。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 19:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。