2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

衆議院選挙 投票と民主圧勝について 感想

選挙法の件があるので、選挙期間中に入ってからは話題を封印していました。

といいますか、私自身が投票するギリギリ1分前まで「どこの党に入れるのか」を決めかねていましたので、そんな状況でいい加減に書いたものが、選挙間近の「他人の参考」になるのは問題かな・・・ というのがありまして。


さて、民主党の圧勝となりましたが、いろいろと思うところがあるので、いくつかにまとめて書いておきます。


■投票について

「民主には入れない」
「かといって自民にも入れない」
「外国人参政権・人権擁護法案は相当気にしている」 

このあたりはちゃんと最後まで貫きました。


ただし、

「民主、自民どっちにも入れないのなら、どこに入れるんだよ」

これには本当に困りました。


「白票はなし」という自分ルールを作っていましたので、無理やり一票投じておきましたが、10人に満たない野党の多くは、結果的には民主党と手を組むわけですから、それらの野党に入れる場合、「民主ではないけど、”民主寄り”の答えを出した」と言えなくもない。


ここまで時間をかけて、一生懸命調べてきた「結果の一票」としての価値はあったんだろうか・・・

まあ最近は「結果よりも過程」がモットーになりつつあるので、これでもいいかなと自己満足してはいますが。



ちなみに↑は「党選び」の話でして、「地元の候補者選び」については、党を完全に無視して、個人個人の政策らしきもの”だけ”で比べ、一票入れてます。

こっちはもう私のスタイルとして前から固まってますし、迷いも特になくあっさり。



■各党に対する感想




・民主党、政権交代おめでとうございます。

このブログでは、褒めるよりも問題点をつつく事の方が多かったですし、一部の政策ははっきりと反対ですが、逆にいくつかの政策には期待しています。

そして、兎にも角にも「ねじれ国会」は最悪ですので、それが解決するのは良いことだと思います。


ただし、小沢氏・鳩山氏の黒い部分が、なぜか「見えないフリ」をされたままですので、そこは明確に清算すべきだと思います。

といいますか、私のここ数年の「民主党への不満」は、民主党が気に入らないというよりも、「民主党を応援する特定TV局・新聞社の、やり口・手段・ねじ曲がりっぷりが気に入らない」というのがメインなんですよね・・・

政権を取ったら逆になるのかな? それもバカバカしい話ですが。

ちなみに、こと「選挙期間中だけ」については、前回の参議院選の時よりも、随分中立に気を使った報道がなされていたと思いました。それはよかった。





・自民党、ボロボロです。現役も元大臣もボロボロ。特にお年寄り議員の落選っぷりが恐ろしいことに。

方針は嫌いじゃないです。ただ、そういう私ですら今回票を入れていません。ダメなとこはダメですから。

このブログで私の自民批判が少なめだったのは、「TV・新聞が細かく激しく突っ込んでくれるので、わざわざやらなくてもいいか」的な気持ちが強かったからだと思っています。

ちなみに、年金・郵政・格差・箱物等々の「有名な問題点」とは別に、私個人が非常に大きな不満として持っているものがあります。

超バカバカしくマヌケな「規制」の数々。

「消費者庁によるこんにゃくゼリー規制」をはじめとして、「ダウンロード違法」、「ダガーナイフ規制」「タスポ導入」、まだ決まってない「児童ポルノ法」も含まれるのかな? どれもこれも印象が悪いです。

もちろん、すべて自民のせいだとはいいませんし、民主にかわって良くなるとも思えませんが、もうちょっとなんとかならないものだろうか・・・



ああでも、自民の中で、石破氏だけはかなり好きだったり。大臣から外れることになるので、またTVなどに出るようになるかな? この人は、むしろ野党の視点の方が面白いかもしれない。

代表などになると、右右右右言われてややこしくなるので、それより一歩引いたとこのほうがいい味が出るような気がします。



・公明党、「ほっといても不思議と安泰な党」などと勝手に思っていましたが、そう甘くはなかったようですね。都議選のようにはいかなかったみたいです。

太田代表の落選は、イメージ的にも大問題でしょう。






その他の野党。当選者の人数は、

共産 > 社民 > みんなの党 > 国民 > 日本 となりました。

いくつかの党は既に「民主と連立組みたいです!!」と言っており、民主も参議院では単独過半数を得ていない関係上、これをのむ方向だと思います。

個人的には、「くっつく」よりも、「グチグチと文句を言う」立場になって欲しいものです。

そうじゃなきゃ、党が分かれている意味すらわからなくなってしまうので。





ある意味今回の選挙で一番目立っていたのかもしれない「幸福実現党」は、300人以上の候補を立てたにもかかわらず、一人も当選できなかったようです。惨敗です。

前にも書きましたが、「タブーに突っ込める党」として、一議席ぐらいあったら面白かったかもしれません。

幸福実現党はその敗因を「露出(TVなどにあまり取り上げてもらえなかった)」と言っているようです。まあ、気持ちはわからなくもないですけどね・・・



なんだろう、この党の肩を持つわけじゃないですが、「当選するにはどうしたらいいか」って、かなり歪んでるとは思ってます。

問われる能力は「政治力」ではなく「選挙に勝つ」能力、「党」という肩書きがその個人の魅力以上に強大である等々・・・





こんなところです。



そうそう、私の大好きな「中立的な視点で」という言葉を使うのなら、「白紙投票」「投票しない」事こそが、一番の中立なんですよね。

投票率が思ったほど伸びていない理由に、「自民も民主もどっちも入れたくない、なら入れない」というのがあるのかもしれません。

ちなみに私は何故それを拒否してるかといいますと、仮に「49.99999点 vs 50点」であっても、私は「同点」ではなく「後者」を選びたいと思っているからです。

僅差であっても決断しないといけない。そのバランス取りは苦痛ですが、やりがいがあり、自分自身に対する後悔が少ない。

途中で書いた「結果より過程」というのはそういうことです。
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 18:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

酒井法子 覚せい剤「使用」で追送検 感想

この件、「他にもっと大事なニュースがあるだろう」的な意味で、出来る限りは気にかけないようにしていたのですが・・・ 無理でした。


毎日さん↓
酒井法子容疑者:夫の高相容疑者、覚せい剤「使用」で追送検 「4年前、妻に勧めた」

覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された酒井法子(本名・高相(たかそう)法子)容疑者(38)の夫で自称プロサーファー、高相祐一容疑者(41)=同法違反(所持)容疑で逮捕=が19日、同法違反(使用)容疑で東京地検に追送検されていたことが分かった。


”所持”ではなく”使用”で立件されるかどうかが焦点になっていましたが、どうやら"使用"で突き進むみたいですね。

それはさして興味はない。そんなことより・・・


TBSさん↓
酒井法子容疑者、髪の毛切って出頭か

髪の毛から覚せい剤の成分が検出された、女優・酒井法子容疑者。夫の逮捕現場から立ち去ったあと、出頭するまでの空白の6日間に、その髪を切っていたとみられることが、警視庁への取材で新たにわかりました。

警視庁は、酒井容疑者が毛髪鑑定を警戒して、髪を切った可能性もあるとみています。



aabニュースさん↓
酒井法子容疑者の壊れた携帯発見 出頭前に破壊か

女優の酒井法子容疑者(38)が逮捕された事件で、酒井容疑者が出頭した時に持っていなかった携帯電話を警視庁が発見していたことが新たに分かりました。携帯電話は壊れて使えない状態で、警視庁は、酒井容疑者が出頭する前に自分で壊した疑いもあるとみて調べています。



・・・なんじゃこりゃ。

失踪中の6日間に、いったい何をやってたんだ・・・

しかも、やってることがいちいち的確といいますか、犯罪のプロ臭いといいますか・・・




どういうこと? 麻薬入手ルートがバレない為に携帯をこわした?

それは本人がやったこと? 誰か別の組織・人物によるもの?


などなど、なんといいますか、まるでフィクションドラマのような黒々しさに、思わず食らい付いてしまう。



他にも、

サイゾーさん↓
押尾学を逮捕した麻布署が酒井法子とジャニーズ大物との関係を捜査中

「その情報を麻布署がつかんだんでしょう。今春頃から、芸能界の一部には、ジャニタレたちが参加している"薬物パーティ"を連想させる、彼らの表情が尋常ではない写真が出回っていますが、それを入手したのかもしれません」(同)

 その写真には去年、「週刊現代」で"大麻3P疑惑(記事参照)"が報じられた嵐の大野智だけではなく、二宮和也、KAT-TUNの赤西仁、それにジャニーズの大物タレントの東山紀之まで写っていた。もちろん、この写真が何を意味するかは断定できないが、それを見れば、当局が関心を持つことは間違いない代物だ。

なんていう情報もあります。

週刊誌のネタですので信憑性は怪しいものですが、いや、こういうのに久々に踊らされて、思いっきり興味を持ってしまった。



これらの件が実際にどこまで追求されるのか、確かに気にはなります。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 芸能 | 19:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニコニコで『麻生 VS 鳩山」党首討論』をノーカット生中継

観た感想ではなく、これをやる事に対する感想です。

インタネートウォッチさん↓
ニコニコ生放送、21世紀臨調主催「麻生 VS 鳩山」党首討論をテレビが拒んだ「ノーカット」で生中継

今回の21世紀臨調主催の党首討論については、自民党は「テレビの地上波でノーカット放送すること」を麻生首相の参加条件としていたが、NHK と民放各局が応じなかったため、最終的に同党が譲歩したという経緯がある。

これは素晴らしいです。最近はニコニコ全然みてませんが、「ニコニコよくやった」と褒めるしかない。




まったく気にしてない人にとってみれば、何がすごいのか、何が関心なのか、さっぱりわからないと思います。

ただ、事情を知っている人や、「偏向」「捏造」という言葉に興味のある人にとってみれば、「ノーカット」という言葉に大きな価値を感じられるかと思います。


1時間の演説をTVが報道する時、良いイメージの部分だけ5分切り取ってつなげるも、悪いイメージの部分だけ5分切り取ってつなげるも、すべてTV局の思うがままです。

それぞれのTV局はどこかの党を応援している(あってはならないことですが確定事項)ため、タブーとなる話題は消され、片方の有利になるよう編集されてしまいます。


そんなことされたら「党首討論」という資料の価値がなくなります。ゴミ屑も同然です。



だからこそ、「党首討論は是非ノーカット生放送で」という要望があったのですが、NHK・民放・民主党が反対したわけです。といいますか、局ではなく民主党が反対する意味がわからない。


もちろん、「NHKが拒否」というのもひどい話です。

この件「のみ」については、ニコニコ動画の方がNHKより報道機関として優れている、ということですから・・・




なお、私個人がここまで疑ってかかるのは、「過去の積み重ね」によるものです。とりあえず関係ありそうなもの↓

2009.02.27【捏造疑惑】「TBSの報道を検証してみた」について 感想

その他は、このブログの右下のカテゴリーの「放送倫理・捏造・偏向」に、山ほどあります。





ちなみにこれだけ一人で盛り上がっておいてなんですが、私の予想では、恐らく党首討論はそんなに面白くなく、盛り上がりに欠ける内容で終わると思います。

そうじゃないことを期待してますけどね。



ただ、それも私にとっては些細なこと(?)です。

ノーカットを見て私が持った感想と、各TV局のダイジェスト・感想を比較したい。TV局が何をカットし、何を強調したのかを確認したい。


自民vs民主より、こっちの方が興味あります。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 放送倫理・捏造・偏向 | 19:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。