2009年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

グインサーガ 栗本薫さん死去 感想

yahooニュース(J-cast)さん↓
作家・栗本薫さん死去 「グイン」引き継ぎは未定

作家の栗本薫(本名・今岡純代)さんが2009年5月26日、すい臓がんのため死去した。56歳だった。夫で元SFマガジン編集長の今岡清さんが27日未明、mixi内日記のコメント欄で、「26日の夕刻、私の奥さんは他界してしまいました」と報告した。葬儀は近親者のみで行い、後日一般のファンなどを対象にしたお別れ会を行う。

ご冥福をお祈りいたします。まだ若いのに・・・ 残念です。


そしてグインサーガは126巻で途中・・・ うう。


ええと、私が読んでるのは80~90巻ぐらいまでかな? 全部ではないしろ、けっこう読んでます。その後は仕事が忙しくなったりなんなりで、あやふやになってますが・・・

最近の巻も、完全に読んでないわけではなく、電車に乗る直前に本屋に駆け込んで、「裏のあらすじを見ながら、巻を飛び飛びで買ってしまったり」などしてました。


まあ、元々は「100巻完結」と言い続けていて、途中でそれが変わったわけですので、読者も半分ぐらいは覚悟していたと思います。

栗本氏の書き上げる速度が半端ないとはいえ、「終わりのメドがない」のなら、まさにエンドレスですので。(ひょっとしたらあったのかな?)

そして、栗本氏自身が「あとがき」で、こういう「未完」の可能性についても懸念していたと思います。

最近のことはわかりませんが、100巻より前の段階から、「自分が生きている間に完結できるのか」と、度々書いていました。

だから尚更、読者にとっても「思うところ」があったと思います。80歳ぐらいまでずっと書いててほしかった。残念です。




一巻を読み出したのは中学生の頃だったかな? 高校かな?

動機は非常に不純でして、そのころ、ある有名TVゲームのイラストを手がけていた「天野芳孝」氏のふにゃふにゃ線の絵が大好だったので、「その絵がついた小説を本屋でたまたまみつけた」、というのがきっかけです。

1巻の挿絵は別の方で、天野氏の挿絵は途中からだったのですが、とりあえず「すごい続いてる」=「面白いんだろうな」という理由でチャレンジしました。

今はめっきり本を読む機会が減ってしまいましたが、電車通学の際には、本は「暇つぶしの最高のお供」でしたので、面白い時は連続して2,3巻読んだりしました。結局5、60巻ぐらいで最新刊においついてしまったと思います。


なつかしい。


上でも少し書きましたが、栗本氏の何がすごいかといえば、「執筆の速度」だと思います。

「今年はいっぱい出します。」とあとがきで書いたら、本当に2ヶ月に1巻ぐらいの速度で出してたりしました。ちょっとありえません。すごすぎる。

それだけの速度になると、気分的には「月間マンガ雑誌の連載」を読んでる感じになるんですよね。他の単行本型の小説とはちょっと感覚が違います。



なんにせよ、こういうことを、作者が亡くなった後に書くのは悲しいですね・・・




今後気になるのは、「別の人がこれを続けて、完結までもってくのか?」だと思います。といいますか、上のニュースも思いっきりそれですね。

私は全巻読んでいないので、もっとしっかりしたファンの方に申し訳なくて、「強い意見」を出す立場ではないと思っていますが、あえて言うのなら、

もし、本当に上手く引き継げるのであるなら、完結してほしい

という曖昧な答えになるかな? それが非常に難しいことだというのは分かるんですけどね・・・

もちろん、栗本氏自身に何か意向があったのであれば、その通りにしてあげるのが一番だと思います。



今はアニメもやってるみたいですね。ひょっとして、「こういう事態を考慮して」決まったのでしょうか。悲しいなあ・・・
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 生活・身近な話 | 18:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボクシング 内藤vs熊 感想

久々となりますが、わりとどうでもいい話題。書きなぐり。

yahooニュースさん↓
ボクシング 内藤が5度目の防衛成功 熊に判定勝ち

世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦が26日、東京・ディファ有明で行われ、同級王者、内藤大助(34)=宮田=は世界初挑戦の同級10位、熊朝忠(26)=中国=を3-0の判定で降し、5度目の防衛に成功した。


いやー。

ひどい試合でした。

いろんな意味で。


私は4Rぐらいからしか見ていなかったので、判定についてアレコレ言う資格はないのですが、4Rからの「適当『印象』判定」でいいのであれば、ドローか内藤の負けでもおかしくなかったような。

結果としては内藤がそこそこ差をつけて勝利なわけで、まあポイントとなる部分を洗っていけば、そう言わんとする部分も分かるにはわかりますが、勝負としてはどうなんだこれ?


熊さん(すいません中国の選手の方です)は、突進→大振りフックと単調でした。技術力、というより「見栄え」では当然内藤の方が上なわけです。

ただ、熊さんのパンチは当たってます。パンチ力はあり、タフネスも相当で、逆に内藤は明らかにダメージもらってます。ダウンもしました。

というか、ボコボコでした。

バッティングも多かったので、その分は熊さんのマイナスとして差し引かれるかと思いますが、それでも印象悪い。


そして、パンチスピードも低く、ガードは甘く、大振りだらけで程度の低い試合です。

内藤の変則? どうなんだ? その良さはあったんだろうか。



熊さんは、終盤足が止まりぎみだったのが残念ですね。というか、後半は内藤がものすごく距離取る場面が目立ってました。消極的ではなかったですが。

私は内藤はわりと好きですが、途中のジャッジを聞いた後は熊さんを応援してましたよ。熊さんスタイルは好きです。


最後に。TBSの解説・実況は、ずっとチンプンカンプンでした。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 亀田 | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

民主新代表 鳩山氏で決定 感想

今回も短く。

yahooニュース(産経)さん↓
民主党新代表に鳩山氏を選出 鳩山氏124票、岡田氏95票

民主党は16日、両院議員総会で代表選挙を行い鳩山由紀夫幹事長(62)が岡田克也副代表(55)を得票数で上回り、新代表に選出された。

まあ、順当といいますか、前評判どおりといいますか・・・


では感想を箇条書きで4つ。


●1.私個人が鳩山氏・岡田氏どっちを支持するかといえば、岡田氏でした。

といいますか、どちらも「具体的にどういう政策を打ち出したいか」という指針がないので、判断する為の材料が、「これまで何をしてきたか」しかないのがツラいですね。



●2.おかしい。小沢氏が辞めると言った時、鳩山氏も辞めると言っていたような・・・ 

「国策捜査だ!」とわめき散らしたときから、小沢氏と一蓮托生の覚悟だったのでは? もろもろ「なかったこと」になったの?



●3.「小沢氏の傀儡(かいらい)」と言われるでしょう。間違いなく。

TV・新聞は、この「鳩山民主」も応援するのでしょうか。今朝のニュースを見た限り、「国民の間では岡田氏を推す声が大きいのに、何故鳩山氏?」と、いつも民主党を応援していた例のTV局すら難色を示していたような。



●4.以前このブログで、民主鳩山氏 ニコニコ動画で外国人参政権について発言という記事を書きました。

この件(外国人参政権)があるので、私が「鳩山氏の率いる民主党」を応援する気持ちは限りなくゼロに近いです。

何も知ろうとせず、自分の頭で考えることをやめ、「友愛」という言葉で適当にごまかされるのはまっぴらごめんです。



こんなところですね。

岡田さんなら、私がどこを応援するか「悩む要素」になり、もっと困ることになったと思うのですが、鳩山さんなら特に悩まなくていいので、そういう意味では楽になったかも。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 16:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

民主小沢氏辞任表明 感想

GW中は疲れ果てて何も書いていませんでした。ごめんなさい。

しかも今回、本当に適当な書きなぐります。

yahooニュース(毎日)さん↓
<小沢民主代表>辞任表明、西松建設違法献金事件で引責

民主党の小沢一郎代表は11日午後、党本部で記者会見し、西松建設の違法献金事件で公設第1秘書が東京地検特捜部に逮捕・起訴された責任をとり、代表を辞任することを発表した。




なんといいますか、いざ辞めるとなっても、

「ふーん」

というさめた感想しか出てきませんでした。



鳩山氏も幹事長を辞めるみたいですが、この件の後の発言を考えれば、まあ当然ですね。議員は辞めないみたいですが、まあそんなものだとおもいます。

そういうえば、逃げに逃げ続けていた党首討論からも、結局完全に逃げる形になったのかな? ひどいですね。


このいい加減な感想が、本当に正直な感想です。





TV・新聞による報道も、一度盛り上がった後は、(民主の傷を小さく見せるかのように)報道自体が少なかったような気がします。

そして、小沢氏含め民主党は、何かにつけて「マスコミが私達を叩くから」とずっと主張し続けていましたが、

「マスコミが民主党を必死に擁護しつづけるも、結果耐え切れず」

私個人はこういう感想しか持っていません。




あ、そういえば、対抗馬?となる同問題の自民党議員はどうなったんでしょう? 情報収集すらしていませんでした・・・ この点は、私も中立的な見方を放棄してます。反省も兼ねて調べておきます。




おまけで関係のない話を一点。

全く別の話題になりますが、麻生氏の『アニメ美術館』でしたっけ? あれは反対です。

本当に「アニメ」という文化に貢献するのであれば、同じ資金を使って、皆が熱狂するような「国民的アニメ」でも作るべきだと思います。

箱ものはいらないと思います。



落ち着いたらちゃんと書き直しますが、相変わらずどこを支持するべきか・・・ さすがに選挙は近いですし、そろそろ結論が必要ですね。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 19:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。