2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ツクモ(九十九電機)が民事再生(事実上破産) 感想

ちょっと忙しくて間が空いてしまいました。またチマチマ書きます。

ITmediaさん↓
九十九電機が民事再生申し立て

秋葉原などにPCショップを展開する九十九電機が、民事再生法の適用を東京地裁に申請した。負債総額は約110億円。

「九十九」ではパッとどんな会社か思い浮かばない人もいるかもしれませんが、「ツクモ」「TUKUMO」と書けばわかるかもしれません。

ある程度パソコンに興味のある人なら、「あのツクモが・・・」という感想にはなるのではないでしょうか。取り扱っているGateway(ゲートウェイ) やeMachines(イーマシーンズ)なんかも、けっこうよく見かけると思います。


私個人としてよく知ってるのは、大須のツクモと名古屋駅のツクモですね。いや、知ってるというよりも実際に何度かお世話になったような。そもそも大須に住んでいたこともありますし。


なんにせよ、チェーン店などを持ち、その業界では名の知れた会社だと思いますので、潰れるとなるとけっこうショックです。

原因については、


 だが支払いサイトの短期化や競争激化による利益率の低下で資金繰りが悪化。キャッシュ不足が指摘される中、08年8月期も期待ほど収益が伸びず、シンジケートローンの一部償還もあって資金繰りがひっ迫。一部取引先に対する支払い遅延も発生していた。

等々いろいろあるんでしょうが、ひょっとすると最近の不景気による銀行の貸し渋りなんかも影響してるのかもしれません。



あ、厳密には「潰れた」ではなく、「民事再生申し立て」です。今日明日すぐに店舗がなくなるようなことはないとは思います。「すぐ」の後のことはわかりませんが。




さて、エキスポランドの件もそうですが、「民事再生申し立て」「民事再生法の適用」という言葉は、不景気になるほどよく出てくると思います。

ということで、自分自身への確認の意味も込めて、「民事再生とは何か」を書いてみます。ド素人ですので間違ってたらすいません。




借金返せない。取引先にお金払えない。銀行が金貸してくれない。もう駄目だ。



破産はヤダよう・・・



破産直前の最終手段、「民事再生申し立て」でなんとかしてみる!
(他にも会社更生法というものがあるようですが、新しく出来た民事再生法の方が中小企業には向いているようです。)





裁判所から監視されつつ、色々厳しいチェックを受けつつ、「3年間ぐらいで本来の借金を大幅減額した額(8割9割減額?)を返済する計画」を立てます。ツクモの件の負債110億に当てはめると、「90億ぐらいチャラにしてくれれば、残り20億を3年かけてなんとか返済します。だからお願い助けて・・・」みたいな話です。(もちろん額は適当に言ってます。)



計画を半年ぐらいで組み上げ、「借金を踏み倒された人達」を集めてお伺いをたてます。



「借金を踏み倒された人達」がその計画を了承したら、会社は潰れることなく存続できます。その場合、社長が辞める必要もなく、会社も機能したままです。ただし、赤字の元となった事業は潰さないと計画自体が成り立たないでしょうし、民事再生が公表された時点で評判・取引・人材などに大きなダメージを負うはずなので、どう考えても会社の規模は縮小されると思います。 

了承されなかったら破産です。



その後3年ぐらいでちゃんと返済できたら、以後も会社を存続させることができます。

計画通り返済できなかったら、「借金を踏み倒された人達」に計画修正のお伺いをたて、それが通らなかったら破産です。


※借金を踏み倒されて怒ってる人達が「なぜ計画を了承するのか」ですが、「破産したらほぼ全額~数%程度しか返ってこないけど、返済計画が上手くいったら3年かけて1割2割は戻ってくるかもしれない」という駆け引きによって成り立つようです。




こんな感じ? あってるかな? 全く自信ないけど。



あってると仮定していろいろ考えてみます。

まず、破産にしろ民事再生にしろ、「金を貸してる側」や「物を納めたのにまだ金を受け取ってない側」が大ダメージを受けるのは同じだと思います。「物を売ったのに代価がちゃんと支払われない」という社会の道理に外れた異常事態ですので、それはもうたまったもんじゃないです。

ということで、「事実上破産」「事実上倒産」という言い方は、まさにその言葉の通りだと思います。


違いがでるのは「経営側」と「客の側」ですね。

経営側は、借金をある程度チャラにしつつ会社を存続できる可能性があるわけですから、「民事再生」に賭けるのは当たり前だと思います。もちろん「黒字にできるだけのモノが残っていれば」ですが。

客の側も、ある日突然「倒産したので一切責任負えません」「先に頂いたお代は返せません」ではない分、民事再生の方がありがたいと思います。民事再生の手続きに入るということは、今後も商品を売りたいという意思が残っているはずなので、企業としての責任を「出来る範囲内で」果たしていく・・・はずです。

「はず」なだけで、保障はないですけどね。ツクモさんのお世話になったことがある立場なので、がんばってもらいたいですが。




ええと、九十九電機の話から随分離れてしまいました。ごめんなさい。

とりあえず、年を越せない有名企業が、これからもいくつか出てくるような気がします。有名じゃないところは、コッソリどんどん潰れていくと思います。大変な時期です。


以前、「不景気の中、個人としてはどんなことができるんだろう」みたいなことを書いたと思いますが、この辺の「考えるだけで暗くなりそうな知識」は、なんとなく知っておきたいなあと思っています。

間違いがあったら突っ込んでもらえるとうれしいです。
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 社会現象・流行 | 18:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【こんにゃくゼリー規制問題】男児パンを詰まらせ死亡 感想

産経さん↓
男児パンを詰まらせ死亡 千葉・船橋

千葉県船橋市宮本の市立峰台小学校(末永啓二校長)で6年生の男児(12)が給食のパンをのどに詰まらせ、窒息死していたことが21日、分かった。

亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

こういう子供の事件、といいますか「事故」は、本当につらいですね。「誰のせいか」という明確な答えが難しくて。




さて、この事件がネット上で話題になっている理由は言うまでもないかと思います。この記事のタイトルにつけた「こんにゃくゼリー規制」との絡みがほぼ全てだと思われます。ちなみに私はこのブログで2回もこの話題について書いてます。

「日経平均また暴落」の件と「こんにゃくゼリー問題」の件 感想
【蒟蒻畑】こんにゃくゼリー幼児死亡事件について 感想

どんだけこんにゃくゼリー愛してるんだ・・・


最初にお詫び。亡くなった方のことを考えると、この話題のもっていき方はどうなんでしょう・・・ 私も今書いているわけですが、大変失礼な事なのかもしれません。申し訳ありません。

なんといいますか、日々「○○殺人事件」なんてのが当たり前のように流れているせいで、感覚が麻痺してしまっているのかもしれません。ひどい言い訳ですね。罪深い。



では話を進めます。簡単ですね。



「窒息の危険が遥かに高い『餅』を無視して、こんにゃくゼリー『だけ』規制するのはおかしいよね?」



消費者庁「『餅がつまりやすい』というのは日本人の常識としてしっかり広まっているので規制は必要ないです。」



(今回のパン窒息事故)



「パンは『詰まりやすい』と認識されていないよね? 規制すべきじゃない? あと、パンには蒟蒻畑のような丁寧な注意書きは一切されていないけど、当然全商品に注意書きを義務づけるんだよね?」



消費者庁 『      ???       』




上の『   ???   』の答えが非常に気になるわけです。


最初からわかっていた「矛盾」です。

又、本来なら各々の事故に対して「事故に至った経緯」などもきっちり検証すべきですが、蒟蒻畑の事件は「子供と老人は食べるなと表にはっきり書かれているのに食べてしまった」という点が大きすぎて、細かく比較する必要性が薄く感じられてしまうのが正直な感想です。

「アレでダメなら他のも当然ダメだろ」という発想ですね。頭の悪い考え方ですが、大筋は間違ってはいないと思います。

あとは、絶対的な消費量の問題でしょうか。「たくさん消費されてるんだからこんにゃくゼリーと同じじゃないよ」とか。他にも「パンは食べれないと困るけど、こんにゃくゼリーはなくなっても大丈夫でしょ?」なんてのもあるかな。苦しいといえば苦しい、無理やり通そうと思えば通せるのかもしれません。



消費者庁はどういう見解を出すんでしょうか。それとも完全無視?

正直、興味津々です。



ただですね、この「パン」と「こんにゃくゼリー」を結びつける話の持っていき方に、ちょっとモヤモヤしたものを感じています。

そのモヤモヤですが、この事件で広まってる「厚生労働省:食品による窒息事故に関する研究結果等」というデータの中にあります。

1位:もち(168例、「こんにゃく入りゼリー」の84倍危険)

2位:パン(90例、「こんにゃく入りゼリー」の45倍危険)

3位:ご飯(89例、「こんにゃく入りゼリー」の44.5倍危険)

4位:すし(41例、「こんにゃく入りゼリー」の20.5倍危険)

(以下省略)

2006年度の年間の窒息死亡事故数をあらわすデータだと思いますが、パンは90例になっています。


つまり・・・

平均すると、4日に1人、パンによる窒息で亡くなっていることになる。

餅と違い、パンは年のある時期だけに消費が集中する食べ物じゃないはずです。ですので、無理やり平均にしてしまっても、そこまで違和感はないと思います。



では次の疑問。

パンによる窒息死事件が起きるたびに、TVや新聞は全国に報道していますか?




してないですよね? 

ものすごく限定された地方ニュースで流れるか、遺族の方が報道を望まなかったか、そもそも記者がいちいち一件ずつ取材なんて出来ないのか、とにかく報道されていないんです。



今回の事件は、学校=親族や本人以外の責任が問われる場なので報道されたのでしょうか。それとも、こんにゃくゼリー話題との絡みを狙って報道されたのでしょうか。


なんだかなあ・・・


「報道に操られてる」というのは言いすぎでしょう。人々が興味を持つ情報が提供された。ただそれだけのことですから。


ですが、とにかくモヤモヤします。


報道されたことだけ、目の前の情報だけに躍起になり、見えない部分に一切目を向けない。

私自身も、他の方も、国の機関すらも同じ。

こんなんでいいの?




このモヤモヤを晴らすべく、賢く広く公正な眼差しを持って生きる為には「時間」と「勉強」が必要ですが、自分の人生に直接関わらない話題にどこまで身を削れるものなんだろうか。

私自身、けっこうな「矛盾」を抱えています。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 社会現象・流行 | 20:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ロス疑惑】弁護側が「三浦元社長は他殺 」と結論づける 感想

短めに。過去の詳細話は複雑なので省きます。

サンスポさん↓
三浦元社長は他殺!?…弁護側が結論

AP通信によると、1981年の米ロサンゼルス銃撃事件で逮捕され、サイパンからロスに移送され今月10日に自殺した三浦和義元会社社長(61)=日本では無罪確定=の死因について、弁護人のゲラゴス氏は19日、弁護側が検視を依頼した病理学者が、自殺ではなく他殺だったと結論付けたと語った。

 ゲラゴス氏によると、遺体には、殴打されてできたとみられる傷が背中の深部組織にあったほか、首を絞められたことによってできた可能性がある血腫がのどにあった。これらの傷は、首をつって自殺した際にできる傷ではないという。

そういえば、三浦氏自殺の事件についてこのブログでは扱っていませんでした。「奇妙な自殺」ということで、多くの人は疑問を持っていたのではないでしょうか。

TVの報道などでも、「これ他殺なんじゃないの?」の一言を、無理やり言わせたいかのような誘導を繰り返していました。そういう意味では、この他殺説は「やっぱり!」というニュースではあります。

ただし注意点として、あくまで弁護側の病理学者がそう言っているだけですので、信憑性はまだまだと思います。もう少し詳細な情報やら、専門的な話やらが出てくれば、「どこまで信じられる話なのか」の判断も出来ると思いますが・・・



一つ言えるのは、不謹慎ながら、これほど「陰謀説」に相応しい話もないかと思います。誰もが気になるのは、「もし他殺だとしたら、誰が何の為に殺したの?」という点ですね。もしくは、弁護士側が「騒ぎ」目的でいい加減なことを言っているだけなのか・・・

「日本人がアメリカという国を見定める」という意味で、気になる事件ではあります。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 社会現象・流行 | 17:53 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

「門真」「橋下」「大阪」保育園のサツマイモ畑除去の件 感想

長すぎてろくに文面チェックしてません。いつもの通り。

朝日さん↓
第2京阪用地に行政代執行 園児の農作物引き抜かれる

畑には早朝から、保育園理事の松本剛一さん(49)ら約30人の地域住民、園児の保護者らが集まり、「収穫までのあと2週間をなぜ待てないのですか」と抗議した。「サツマイモ畑には子どもの思いがどれだけ詰まっていると思っているのですか」と、叫ぶ保育士らが畑にうつぶせになり、府職員が数人がかりで排除する場面もあった。



いや~酷いですね。子供がかわいそう。

橋下知事の命令? 2週間ぐらい待てばいいだろ? 血も涙もないな。



・・・と、この朝日さんの記事だけ読むと「子供達をいじめる悪の府職員達&橋下知事」というような構図になります。


ですが、これは朝日さんの記事ですので、そのまま鵜呑みにすることは出来ません。過去に「最低の偏向記事」を山ほど見てきたわけですから・・・ 

ということで、判断するにはもっと色々な情報が必要です。ちょこっと調べましたが、今回の件ですと、他の新聞社の記事よりも右の「2nn」のリンクからたどった先、ようするに例の匿名掲示板が分かりやすかった。

(以下は掲示板からの引用です。信憑性は各自でご判断ください。)

・第二京阪の土地の取得が始まる。
・道路建設に反対する園長は売却拒否。(計画用地を自身の経営する保育園の農園として使用する。)
・土地収用委員会によって土地の所有権が西日本高速道路に移転。
・園長は土地の代金の受け取りを拒否。
・裁判所の立ち退き命令が出るも無視。
・園長が父親から相続した農園の土地は20年耕せば相続税免除だったが(19年目で所有権が移転したので相続税2300万円の支払いを求められる。)
・今年もイモ植える
・西日本高速道路は大阪府にイモ撤去の代執行を依頼。
・代執行の通告が来る
・イモ掘らずにプラカード作る
・代執行 ←new!

区画整備事業が始まり、畑の裏では、もう工事が始まっていました。(2007年以前のデータ)
http://www6.ocn.ne.jp/~nakatsuh/photo.html

19年度時点でここまで工事の進んでいた土地を立ち退かず、
http://www6.ocn.ne.jp/~nakatsuh/PB01161911.jpg
3月には通知を受けていたのに、5月にわざとイモを植えました。

海外でも活動的でした~
 自己資金250万円を投げだし、たった1人でアフガン難民支援の旅に出た人がいると聞き、話を聞きに出かけた。
松本剛一さん(42歳)は、北巣本保育園(門真市)の理事。子どもたちと一緒に無農薬有機野菜を作り、
地元の在日外国人を招いて、園児たちとの交流保育をする。 http://www.jimmin.com/2002a/page_003.htm

あれ?なんかへんだな?普通の人?

九条の会でしたー
http://www.kadoma-shisyokurou.org/kenpou/kadoma9-yobikake.memberhtml.html
「かどま九条の会」 よびかけ人 松本 剛一 (社会福祉法人北巣本保育園理事)

@本当の教育者なら、行政代執行の現場に子供なんか連れて行きませんね。

詳細な突っ込みは避けますが、園長の相続税の問題や、思想的・社会的な運動方針も若干絡んだ話?のようです。又、他の新聞社さんの記事によると、無理やり奪い取ったというような作業ではなく、作業員が農作物をちゃんと刈り取って保管するような丁寧な対応だったようです。



これらを踏まえて感想。

ええと、相続税云々の話は、「政府に無理やり土地を奪われたせいで、本来は手にすることの出来た『相続税免除の権利』(2300万円相当)が失われてしまった。」ということですかね。

確かにキツイ話です。といいますか、「立ち退き料」はどのぐらいの額なのかな? この相続税の話を無視した不当な額であるのなら、裁判なり何なりで精一杯抵抗すべきだと思います。 

また、そのあたりの問題を理解しないまま、対立する2者の「どっちの言い分が筋が通っているのか?」を判断することは、野次馬の私には無理です。情報が全然足りませんし。


ということで、少し調べて個人的にみつけたページ↓
大阪地裁が10/1不当判決。10/16か10/17に行政代執行の危機迫る!08/10/08

ビデオは、ABC朝日放送ムーブの番組で08年2月と6月の2回取り上げたものそれぞれで、これを 見れば、第二京阪の建設必要性にそもそも大きな問題があること、松本先生・北巣本保育園の畑の必要性、そして国と道路公団、土地収容委員会が結託して(そうとしか思えない) 、お上に逆らう」松本先生への打撃と嫌がらせとして、信じられないような土地強奪(裁判中なのに密かに「収容決定」が出されて先生の土地が道路公団に所有者変更される!)や税金攻撃(勝手に農地を奪っておいて、「農地としての税金免除が無くなったから過去19年分の税金と利子約2300万円をすぐ払え!」)などを仕掛けてきた事が、実によく分かります。


ふむふむ。まだ全部に目を通していませんが、地元ではっこう大きな話題であることはよくわかりました。

あと、こういうページを作った人達が、10月16日をXデーとして、プラカードなども含めて念入りに準備したであろうことと、園長である松本氏が「金の問題じゃなく道路工事に完全反対する立場」だということはよくわかりました。歴史ある土地のようですね。



一ついえるのは、おそらくサツマイモの収穫の為に2週間待っても同じことだと思います。どちらにしろ似たようなニュースが流れたと思います。日本国としての大きなテーマである「道路建設反対運動」の話ですから。マスコミの大好きな話題ですので、中立性を無視して味方してくれるでしょう。





さて、↑が本筋の話なんでしょうが、ネット上で騒がれている「この事件のポイント」は、全く別の部分です。


このニュースを人為的に『作る』為に、わざわざ通知後にサツマイモを植えたの?

「大人同士の醜い争い」に、わざわざ意図して子供を巻き込んだ?



このあたりの話です。そして、正直私も↑の意見に同感です。

この件、どう言い繕っても「法的な処分に対して無理やり逆らっている」のは確かです。ある人が「ゴネ得」といった行為です。もちろん、それが間違っているとは言いません。筋の通らないことであれば、「モラルの許す範囲の中」で、徹底的にやりあえばいいと思います。


ですが、問題点を「子供」に移した時はどうですか? そういう難しい問題に子供を巻き込むのは、 教育的な観点でどうなんです? こんなのが、「子供に刷り込むべき正しい教育」ですか? 

「お上に逆らう」なんてフレーズは、本人が責任を取れるようになる20歳以降に考えれば十分でしょう。よく考えない、責任の取りようもない子供時代から「お上に逆らう」「警察に逆らう」を学んだ結果、その子はどうなります?


「難しい問題」に立ち向かうのは大人だけで十分です。


ということで、このニュースを見て、「子供が可哀想」というマスコミの思惑通りの感想を持つのはおかしいと考えています。「子供を巻き込むな」という意見になります。巻き込まずに対応する術はいくらでもあったはずです。

身近な大人や親達はどう思っているんでしょうか。 少し考えてほしいものです。



ただですね、松本氏の相続税云々の問題一点については、確かに道路側=府側に問題点があるような印象を受けています。

それから、「歴史を守る」「地域を守る」、昔は理解できませんでしたが、最近は少しは理解できるようにはなりました。その地域に住んでいる人しか理解できない、「どちらが正しい」という答えが出しにくい、大きくて難しい問題だと思います。裁判云々による結論も難しいでしょう。


子供抜きにして、そちらについてはがんばって追求してもらいたいですね。






余談。あえて無視していた「九条の会」の件。というのも、基本的には、この件には関係ないと思いますから。

実はですね、この「門真」(かどま)という地名、このブログで過去に扱ったとこがあります。書いてる途中に気づきました。

3月の記事↓
門真の第三中 国歌斉唱に起立1人 教員が指導?

「国歌強制反対」なんざ、正直どうだっていいです。子供を自分の思想運動に使うという「やり口・手段」であるなら、教師どころか、人としてもどうかと思います。

まったく同じこと言ってる・・・ われながら軸がブレてなくて関心。(←自画自賛)

さて、これらの事件が「門真」で繋がっているのが偶然なのか何なのか気になったので、最初の方で引用させてもらったリンクを適当に調べていたら、URL的には「かどま九条の会」=「門真市職員労働組合」であることに気づいてしまった。

市職員の労働組合? 税金で仕事している公務員の方々の労働組合ですよね? なんなんだろうこのつながりは・・・ 例の人の自治労や日教組のタブー話を思い出してしまいました。

いったい誰と誰が戦っているんだろう。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 社会現象・流行 | 19:50 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

映画「ミスト」 レンタル視聴 感想

※ニュース感想じゃないです。しかも、恐らくあまりにも今更な上、殴り書きです。


レンタルで「ミスト」って映画を借りたんです。スティーブンキング原作のホラーですね。


いやね、


ここ数年で見た映画の中で最高の満足度でした。すばらしー!!の一言。個人的超絶一押しです。

残虐表現大量なので当たり前とはいえ、ホラーの項目にコソコソ置かれてるのがもったいない。




ええと、借りる前の経緯から順番に説明していきます。

休みということでレンタルで3本くらい借りようと思って、2本はサクっと決めて、残り一本どうしようかと迷いつつホラーのコーナーにいったら、最新作で6本くらい置いてあった(B級不人気作だと1,2本しか置かないので、そこそこ人気あるのかな?と判断)のでテキトー借り。

最近は映画情報にあまりに疎く、事前知識は一切なし。今思えば、以前映画好きの友人が勧めてた作品かもしれないけど、どっちにしろド忘れしていて「面白いかも」という意識はまったくなし。

ひょっとしたらかなり有名な作品なのかもしれませんが、少なくても私にはその感覚がなかったわけです。というのも、スティーブン・キング原作の映画をけっこう観てまして、それらの出来不出来の差も理解していましたので。

で、駄目もとで一切期待せず、B級ホラー感覚でてきとーに流しながら掃除でもしようかなと思っていたら・・・ 



超引き込まれた。掃除なんて無理。



こういう映画はよくあります。未知の何かによるパニック系、絶望的状況からの脱出系みたいなの。ホラーにしてみればあまりにも基本中の基本、ホラーじゃなくても超売れ筋。

「アイ・アム・レジェンド」然り、スピルバーグの「宇宙戦争」然り、私の子供の頃のトラウマである「タランチュラ」(正式名称忘れた)然り、今回一緒に借りてきた「クローバー・フィールド」然り。いちいち挙げきれません。

でもって、私はそういう系統の映画が大好きです。クローバー・フィールドもかなり良かったですし、上で挙げた近年の有名作も、それぞれそこそこ面白かったです。

ただ、何か満たされなかった。何か一味足りず、「面白いねー」まではいっても「絶賛」する気になれなかった。人に「良かった映画は?」と聞かれ名を挙げる場合、10年以上前の作品を挙げてしまうみたいな。ここ数年、ずっとそんな感じでした。



・・・いやいや、今回観た「ミスト」は、久々に私を満たしてくれました。こいつは人に堂々と薦められる一本だ。

あくまで個人の感想ですが、上記に挙げた有名作より、出来栄えは遥かに上だと感じています。




さて、ここまで繰り返し褒めてるだけの超駄文になってますが、そろそろ具体的な感想を。


うーん。


・・・書かない方がいいですね。もったいない。事前情報は無いほうが面白いに決まってますから。

一つ言うのなら、王道である「真に怖いのは人間」「真に正しい行動とは何か」というテーマが、良質な伏線と共に非常に良く表現できていると思います。べた褒め。

これに匹敵するような人間狂気描写の映画といえば・・・ 忘れた。なんだっけ?



あ、勿論注意点はあります。

グロいです。グロ慣れしていない人は注意してください。麻痺してる人は問題なし。私は勿論麻痺しています。

それからなんというか、「未知の何か」への怖さではなく、「狂ってる系」の真に迫る怖さ、ビックリ系じゃなく、ヒシヒシ伝わる「狂気」の怖さですので・・・

まず間違いなく観終わった後まで後を引きます。精神的に。だからこそ私は絶賛しますが、それが耐えられない人もいるかと思いますのでご注意を。清く正しく真っ直ぐな人にとっては、私の評価と全く正反対、「最悪な作品」という評価になるかもしれません。

そのときはごめんなさいしておきます。私「個人」の評価は全く変わりませんけどね。



めずらしく「当たり」を引けて大満足。これだから「事前情報無しのテキトーレンタル屋借り」はやめられない。映画評論家には出来ない素人の特権ですね。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 生活・身近な話 | 01:57 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「日経平均また暴落」の件と「こんにゃくゼリー問題」の件 感想

今日こそは短めに。しかも全く関係ない内容を2つまとめて。でも長くなった。ダメだもう長文クセがついてる・・・

Yahooニュースさん↓
<東証>終値は8276円43銭 下落率は戦後3番目

10日の東京株式市場の日経平均株価終値は前日比881円06銭安の8276円43銭と、03年6月以来約5年4カ月ぶりの9000円割れとなった。下落率は9.6%で戦後3番目の大きさ。

うん。

すごい。恐ろしい。

ちょっと前に書いた日経平均 952円安の9203円 世界恐慌の始まり? 感想の内容以上は、もうあまり書くこともないですね。ビクビクしつつ、悲観的になりすぎないようにしつつ・・・ どうすればいい?

そういえば、楽観発言をしていた専門家、政治家の方々は、今はどんなことを言ってるのかな? 興味あります。





次。いきなり話がすっとんで、蒟蒻畑による死亡事故の問題。まだCMやってますね・・・

産経さん↓
議員立法で規制を検討 「こんにゃくゼリー」で自民

自民党消費者問題調査会(岸田文雄会長)は10日の会合で、こんにゃくゼリーをのどに詰まらせる死亡事故の続発を受け、形状変更などの規制を加える議員立法を検討する方針を確認した。今臨時国会への提出を目指す。

この件については、数日前に【蒟蒻畑】こんにゃくゼリー幼児死亡事件について 感想という記事で感想を書きました。

簡単に要点を抜き出すと、

では、「たべないでください」と書いてあるのに食べた場合でも、やはり企業は責任を負わなくてはならないのでしょうか。むしろ、「何で食べさせたの?」が、至極まっとうな反応だと思います。「責任を負うか負わないか」のラインはそこだと思います。

もしこのラインが破られるのであれば・・・ どうなるの?

こんな感じです。あとは、ネット上ではよく出回っている「餅理論」とかですね。



その後、マンナンライフは蒟蒻畑の販売一時停止を決めました。これは、政府や一部団体の圧力によるものなのか、情勢を考慮した自社の判断なのか、そのあたりはよく知りません。



そして、今回のこのニュースは何かといいますと、

議員がこんにゃくゼリーの為に法律を作るそうです。

ふむふむ。

まあ、企業に直接罪を問わせるような話でもなく、全面禁止にするわけでもなく、形状・表記内容等のきまりを作るという流れですので、一見筋は通っているのかな? 



その前に関連企業が廃業にならないことを祈ります。



といいますか、

日本の経済がこんな状況の時に、政府自身が日本の企業をピンポイントで痛めつけているのは、?マークがいくつあっても足りないくらい「???」です。

マンナンライフは、そこまでの大罪企業でしょうか。ちゃんと罪の重さを測っています? 正直、前回この件について書いた時より、政府(消費者庁)のやり口に対する不満は強まっています。



景気対策? 中小企業を助ける? 大きな矛盾ですよ。




もう一点気になること。

この件に対する政府の動き、とにかくものすごいスピードです。関心します。

ですが、同じ「食の安全問題」系統の話題の中で、もっと明らかに酷いものが放置され、なぜ賛否両論分かれているこの「こんにゃくゼリー問題」のみピンポイントで責められるのかがよくわからない。

もっと言うのなら、「強きを無視し、弱気を挫く」にしか見えない。


企業というのは、その下に「人」がいるんです。よく悪者にされていますが、全てが全て、そんなに強くて悪いものじゃないんです。(書きながら私も少し反省する部分はありますけどね。)


正直気持ちが悪い。コレが、こんなのが「消費者の声」なの? バナナダイエットと同じで、そのときのなんとなくの勢いみたいなもの? そんなのでいいの?




もし仮に、消費者庁のアピールの為にやっているのであれば、少なくても私個人にとっては逆効果です。もろもろ筋が通っていません。「規制」という便利な言葉が、また一層嫌いになっただけです。

他の件はどうなりました? 汚染米、中国産の問題・・・ この件と違い、『消費者がどれだけ気をつけてもどうにもならないような恐ろしい問題』はいくらでもあるはずです。


なんなんだろうこの消費者庁ってのは。

私の政治系の感想は、どちらかというと民主党に厳しい意見を書いてきたような覚えがあるのですが、この件については政府=自民党をはっきり批判しておきます。



こんにゃくゼリーいじめしてる場合じゃないでしょ・・・
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 社会現象・流行 | 20:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日経平均 952円安の9203円 世界恐慌の始まり? 感想

※経済関係の話題についてはド素人です。

日経さん↓
日経平均終値、952円安の9203円 下落率は過去3番目

8日の東京株式市場で日経平均株価が急落し、終値は前日比952円58銭(9.38%)安の9203円32銭と、2003年6月以来5年4カ月ぶりの安値になった。下落率としては1987年10月のブラックマンデー(14.9%安)、1953年3月のスターリン暴落(10%安)に次ぐ過去3番目で、下落幅は過去18番目。前日の米国株安を受け、トヨタ自動車やソニーなど主力の国際優良株を中心に全面安の展開。米金融危機に対する政府の対応が不十分との見方や、実体経済への影響を悲観する見方が強まった。世界の株価連鎖安に歯止めがかからなくなってきた。

952円安はヤバイです。1万割るとかどうとか言ってたら、1日で通り越して9000円割りそうです。

これはさすがに・・・





\(^o^)/世界恐慌じゃ~





ここから日記。


今日、友人から、

「日経平均株価が1万わるとどーなるの?」

と聞かれました。


具体的に答えられませんでした。けっこうショックでした。

日経平均=日本の主要上場企業の総合株価みたいなものだから、下がってるってことは景気悪くなるってことだと思います。

でも、本来株価というのはその会社の業績に比例して上がり下がりするはずなのに、正直、会社の業績とあまり関係なく上がり下がりしているような気がしてならない。

確かにその上場企業の資産が下がっているのは分かるし、その下にぶら下がる中小企業もまた影響を受けるのは確かです。ですが、「今月株価が下がったので来月から取引はナシで」なんてことになるものなんでしょうか。銀行が絡んだ不渡り云々から取引全般に大きく広がっていくのかな?


ということで、はっきりした「答え」がわからず、上手く説明できなかったのですが、にもかかわらず、なんとなく「日本ヤバイ」「経済ヤバイ」と叫ぶのは、けっこう恥ずかしいことですよね・・・ 灯台下暗しです。気づかせてくれた友人ありがとう。



さて、反省の意味を込めてとりあえず調べてみたのですが、↓のページがそこそこわかりやすかったです。質問の投稿時期は昨日のようですし、やっぱり同じ疑問を持つ人はいますよね。

Hatena Question↓
株安、株安と騒いでいますが、生活にどう影響するのでしょうか。日経平均が1万円を割ると、何が変わるのでしょうか?

一生懸命読みましたが、個人的に一番わかりやすかったのはこの人のかな?↓(一部抜粋引用)

7 回答者:yumisaiki 2008-10-08 02:10:50
企業が体力を温存するために、一般的なサラリーマンの今年の冬のボーナスは確実に減ります。

大金持ちは、リーマンブラザーズで大損していて、貧乏人は給料が減って、みんなが貧乏です。

いろんなものが売れなくなります。

売れないから値段が下がってもいいようなものですが、企業に体力がないので、商品が小さくなったりしてじり貧になるでしょう。

卵10個を買っていた人が6個パックを買うようになり、目玉焼きは2個から1個になります。

輸出で儲からないので国内の企業はかなりダメージを受け、失業者が増えます。

海外に依存していた食糧を買うお金が日本からなくなり、中国の方がお金持ちになって、日本にまわってくる安い食糧が減ります。

しかも、ドルの信用がどんどんなくなり、ドルをいっぱい持っている日本の信用もなくなり、お金というものの価値観が崩れる社会が来る可能性が今とても高いです。もしかしたら、田舎に野菜が取れる土地を持っている人が一番信用できるというような時代が来るかもしれません。

ずばり、年金崩壊など国が破たんする可能性があります。そうなると戦後みたいな食べるに困る人が増えるでしょう。

全部が全部を鵜呑みにする気はまったくないですが、一部分については納得できました。


うーん・・・

悲観的になりすぎるのもどうかと思いますが、逆に危機感をもたないのもどうかと思います。

何をどうするべきか、個々でも真剣に考えないといけないですね。笑えません。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 社会現象・流行 | 18:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【蒟蒻畑】こんにゃくゼリー幼児死亡事件について 感想

毎回書くことがいちいち長すぎるのでがんばって短めにしようと思ったのに、やっぱり長くてヘコんでます。あと、最近「書きたい出来事」が多くて書ききれません。

とりあえずこんにゃくゼリー窒息事件の件。

読売さん↓
伊勢の事故遺族 製造禁止求める

亡くなった方と親族は可哀想ですね。誰にどう怒りをぶつければいいか・・・

ですが、「また人が死んだ。危険な食べ物だ。こんにゃくゼリーを全面販売中止にしろ!!」という意見については、少なくとも私は賛同する気にはなれません。

理由は↓の通り。(特に変わった意見でもないです)



1.事故になったマンナンライフ「蒟蒻畑マンゴー味」には、右下に「お子様や高齢者の方はたべないでください」と、大きくイラスト付きで表記されていた。

画像は↓コグノスケさんの2008年 1月 30日の記事で確認しました
食べるな、と来たか

「対策取られず」と誤解を招く報道をし、なんでも政府の責任にするいつもの怪しい新聞社は無視するとして、それなりに企業努力はされてると思います。

「凍らせたら余計危険とは書いてなかった」と突っ込む報道もありましたが、そもそも「食べるな」って書いてあるんです。何より、少なくてもパッケージを見ればわかります。



2.窒息死ということなら、他にも窒息しやすい食べ物はいくらでもあるわけです。最も窒息しやすい食べ物から順に規制すべきだと思いますが、何故「こんにゃくゼリー」が一番手なのか?

「お正月には餅食って~♪ の~どにつかえて♪(以下略)」という物騒な替え歌の食べ物もあるわけです。この件についてはgigazineさんの記事がわかりやすいです。

gigazineさん↓
「こんにゃく入りゼリー」よりものどに詰まって死亡した件数が多い危険な食べ物ベスト10

記事内でも書かれている通り、「消費されている絶対量」は全く違うと思いますし、「消費量に対する割合」で計算しないと微妙な気はしますが、少なくてもこういった「数字」の話に触れないまま、勢いにまかせて特定の商品だけ規制されるのは筋が通っていません。

そもそも、餅には「蒟蒻畑」なみのしっかりした「注意マーク」はついてますか? 

もしこの話を先に進めるのなら、そこからスタートしてほしいですね。




3.行き着く先は、有名な「包丁理論」と同じ。「殺人に使われた包丁の製作会社も逮捕するの?」という話になる。

どんな事件でも、「どこまで誰が責任を負うべきか」を無理やり線引きしなくてはなりません。ケースバイケースであり、非常に難しい問題ではあります。

この件について言えば、「商品に対する正しい情報表記」は求めて当然でしょう。そして、私が見た限り、蒟蒻畑はかなり明確に表記されていると思います。

ちゃんとお子様や高齢者の方は「たべないでください」って言い切っていますから。この表現、食品を販売する会社としては断腸の思いだったと思います。

では、「たべないでください」と書いてあるのに食べた場合でも、やはり企業は責任を負わなくてはならないのでしょうか。

むしろ、「何で食べさせたの?」が、至極まっとうな反応だと思います。「責任を負うか負わないか」のラインはそこだと思います。



もしこのラインが破られるのであれば・・・ どうなるの? 




4.世の中の死亡事件、全てが全て報道されてると思います? もうひとつ言うのなら、会社が潰れて首を吊った自殺者が、すべて報道されてると思います?

今年は不景気です。会社もよく潰れており、中には不幸な事件もおきていますが、いちいち報道されません。報道してほしくない親族もいれば、「ニュースにしても視聴率取れないからニュースにしない」場合もあります。

10:0の「正しさ」なんて世の中に存在しないです。大抵どんなものも6:4や7:3ぐらいです。本当の意味での「情」「モラル」があるのなら、すぐ手に入る「興味深い情報」以外の情報にも、なるべく目を向けたいですね。




さて、↑までが「販売中止」に反対する理由なわけですが、書いたとおり私も「10:0」だとは思っていません。せいぜい6:4か7:3です。ということで逆の意見も書いておきます。


まず、今回の事件ではなく、過去の事件ではまた状況が違うという点。ケースバイケースということ。

一番上の記事の被害者の事件は保育所での出来事のようですし、「たべないでください」表記もなかったと思います。理不尽さは今回のものとは別格です。

また、ここで(意図して)リンクしていない朝日さんの記事にもありましたが、EU(欧州連合)や韓国では禁止されているようです。「だったら餅から禁止しようぜ」と突っぱねることも出来なくもないですが、国が取る行動の為の参考事例としては大きいものだと思います。



改めてまとめると、「今回の事件は厳罰化を進める理由にはならないと思うが、議論自体はちゃんとしていけばいい」ぐらいかな?



そして一番大事なこと。

お子様や高齢者の方はこんにゃくゼリーをたべないでください。



話は変わりますが、なんというか相変わらずネットの意見は厳しすぎます。「意見の出し合い」がいつのまにか「被害者への中傷」に変わってしまう。

バランス取れないのかな・・・
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 社会現象・流行 | 20:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。