2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ニコニコ」「初音ミク」 ドワンゴが作者に無許諾で着うた配信? 追記



忙しくて数日経ってしまいました。ごめんなさい。記事の頭で追記しておきます。

ITmediaさんの記事↓
「初音ミク作品」騒動、ドワンゴとクリプトンが“和解”コメント
最後の方に書いたとおり、個人的な意見としては、ネット上で言われているほど「ドワンゴが一方的に悪い」という騒動ではなかったと思っています。ポイントは「原盤権」ですね。まあ互いに傷ばかり深まる話ですので、「和解」という落としどころはごくごく自然だと思います。

そして結果だけ見れば、この騒動により権利関係の話は「作者を大切にしたもの」に変わったようですので、少なくても作者にとってはそんなに悪い結果ではないかと思います。

他の面ではいろいろと「影響」は出そうですけどね。





ITmediaさんの記事↓(最近気になるものが多い)
「みくみく」JASRAC登録で「手違い」 ドワンゴ・ミュージックが謝罪
ドワンゴ・クリプトン・JASRACが入り乱れてちょっとした騒動になっているのですが、気になってるのはこの「本筋」の部分じゃないです。副産物的に出てきた情報です。2ちゃんねるの内容を元に何かを書くのは初めてですが、2nnから辿った先を見て、あまりに目ん玉飛び出たので。

※匿名の内容ですので、信憑性は各自でご判断ください。

http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/streaming/1197894122/728n-
728 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2007/12/19(水) 18:27:45 ID:1Xu1qks40
こういうタイミングなんで書きますが、現在着うた配信されている曲に
関して全て作者さんは何の契約もしないまま配信されてるのが現状のはずです。
(契約書がないんじゃなくてそもそも契約してないし、契約条件も提示されて
 いないはずです。なので作者自身がどれだけの配分を受けるのかも決まって
 ないまま配信開始されてます。)

自分の場合は着うたの話が来たときに「契約が無事締結されたら配信開始して下さい」
とお願いしていたにも関わらず、無断である日突然着うた配信されてしまいました。
すぐに抗議して今は配信停止になってます。少数ですが、既に購入してしまった方も
いるみたいなので、私がもし最終的に配信NGという回答をしたらどういう扱いになる
んでしょうかね。

ドワンゴ社はそういったところですので、これから声がかかるであろう/かかっている
作者さんは少しだけ慎重になってほしいです。

730 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2007/12/19(水) 18:29:46 ID:1DG1saK9P
>>728
kwsk
それはミク関連の曲ですか?

732 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2007/12/19(水) 18:30:45 ID:1Xu1qks40
>>730
もちろんそうですよ。




920 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 本日のレス 投稿日:2007/12/19(水) 20:20:59 oSQ+FDNN0
○○氏とは違う中身なんだが晒す
着うたに関するニワンゴの渉外とのやり取りを簡潔にまとめてみた

曲を着うた化したいとドワンゴからメール

とりあえず話を聞きたい

「プロジェクトを一緒に進めているクリプトンかフロンティアワークスいずれかとの契約後、配信の流れになる」とのこと
上記ニ社にメールアドレス教えてもいいか聞かれる

とりあえずOKする(契約内容が分からないのでまだ配信については決めてない)

しばらく音沙汰なし

ドワンゴから配信の準備のために先にwavだけ下さいという旨のメール

マスターのwav送る

しばらく音沙汰なし

あれ?いつの間にか配信\(^o^)/ハジマッテル(その間、どこからも一切アクションなし)

その後も連絡なし

唐突にドワンゴからJASRACへの登録手配についてのメールが来る ←いまここ
なおこの段階までJASRACという言葉は一切出てこなかった



足りないのは何か分かりますか?

着うた1曲売れたら、その○○%である△△円をあなたに払います。毎月(仮)□□日に報告し、翌々月末(仮)に支払います。それでいいですか?(YES/NO)

これがない。ないのに勝手に売るなんてこと、ありえますか? 

いくら売れたかわからない。いくら払われるかわからない。OKも出してない。なのに売られている。消費者から特定の企業に対して、成果物の代価が勝手に支払われている。


一般的にこれを「著作権侵害」と言うのではないでしょうか。


ちなみに、ニコニコ動画の規約を読み直しましたが、動画コンテンツの扱いに関する内容はないようです。(書き込みテキストについてはありましたが。)まあ、そこで何がかかれていようと、著作権による報酬は発生するはずですが・・・

まさか、報酬はJASRACさんに支払われる分の中から渡されるということ? 勝手に額も確定? それ以外はなし? いやそれはないでしょう・・・



あくまで「この書き込みが事実なら」という前提の上での話ですが・・・ あまりにいい加減な話です。いや、「いい加減」の一言で済む話なんでしょうか。




追記。
CNET Japanさんの記事↓
『みくみく』JASRAC登録についての謝罪の矢先、楽曲を無許可で着うた配信していた疑惑が浮上

ひろゆきを始めとしたニコニコ動画関係者は、ニコニコ動画上で活動する職人たちとその職人たちが発表する作品のあり方について、度々親睦的な姿勢を示してきた。

-----------------
ニコニコ動画からは、多数の隠れた才能が開花しており、これらの優れた作品が世に受け入れられ、支持を受けることは非常に喜ばしいことであると当社は考えます。しかし、これらの作品は、作者の英知の産物でありこれが一般ユーザ-の私的交流の範囲を超え何らかの形で商品化された場合に、作者にその対価が支払われることは当然のことであると考えます。
※ニコニコ動画(ニコニコニュース)より
-----------------

しかし、表向きは作者や作品を尊重する思想を掲げながら、もし本当に無許可で楽曲を使用していたというなら、二枚舌もいいところだろう。

そうですね。最初に『目ん玉飛び出た』と書いたのは、これとまったく全く同じ感想だったからです。私もてっきり作者に対してクリーンに対価が支払われているとばかり思っていました・・・





翌日追記。本当は色々書きたいですが、ちょっと忙しいので手短に。

クリプトン社長とドワンゴさんの双方の言い分をじっくり読みましたが、こと「作者に無断で」の部分についてだけは、ドワンゴではなくクリプトン側に大きな問題があったのではないでしょうか。

「あるのではないでしょうか」というより、クリプトンさんは最初から歯切れ悪くこの点だけ平謝りしてるような気がします。そして、特に負い目がないのなら、「すぐに作者と契約を交わします。」という話は出ないような気がします。

つまり、書面での契約は確かに交わしていないけど、口答では恐らく代行会社あたりが、部分的ではあれ色々軽々しく了承をしていたのではないかと。また、いろいろと怠慢もあったのではないかと。あくまで個人的な想像ですが。

こんな記事を書いた私が言うのもなんですが、色々情報が出てきた後としては、ネット上の雰囲気はちょっとドワンゴさん側を責めすぎてるような気はしてます。「JASRACとの契約」の話や、「独占」の話は又別だとは思いますが、現状はそんな感想です。



↑書いた直後にドワンゴさん側からこんな見解が・・・
クリプトン社様からの着うた配信の経緯(2)に関して
「独占」の件についても色々と難しい話になってきました。

もう少し動向を見守ります。
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| ニコニコ動画 | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ダウンロード違法化」不可避に 感想その2

前日の「ダウンロード違法化」不可避に 感想の件の続きです。すみませんが、意味がわからなかったら前日のも読んでいただけるとありがたいです。

ITmediaさんの記事↓
反対意見多数でも「ダウンロード違法化」のなぜ
こっちを先に読んでおけばよかった・・・ 私が昨日書いた内容に対する回答がかなり載ってました。フォローが必要な内容がいくつかあるので、フォローしときます。

1.「いきなり「逮捕」はまずない。」
殆どの場合、先に「警告」は入るようです。これは私もちょっと演出が過ぎました。すみません。

2.「ニコニコ動画」「YouTube」などでのストリーミング視聴は含まない
ということで、私が昨日の記事で挙げた4つの動画サイトは全部「合法サイト」のようです。ちょっと前に、そのうち1つのサイトで「ダイハード4.0」が配布されていたのを見かけましたが、それをダウンロードする行為は問題ないようです。

3.「WinnyなどのP2P限定?」
そうらしいことはわかってたのですが、はっきり「限定」と書いてないんですよね。着メロの件があるからかな? 何でもいいですが、P2Pが廃れたら、かわりに昔ながらの「サイトを利用したデータ配布」に戻りそうです。こっちは個人特定しやすいのでマシなのかもしれません。むしろ、そこまで見越した「ダウンロード違法化」だと思ってたんですが。

4.「キャッシュについては複製とは扱わない。」
キャッシュデータを「別名で保存」する行為は問題なし?




ええとですね、言いたいことは前と変わりません。あまりに穴だらけ、あまりにザル、あまりに無茶苦茶すぎて、

「単なる嫌がらせ」

「今後の規制への布石」

以外の「意義」が見えないんです。ムダに薄く、ムダに広い。嫌がらせ以外の意味がないので、これを基点にすぐ強化されるのが目に見えている。気持ち悪い。



一つ提案をします。

P2PソフトをインストールしてるPCを所持していたら問答無用で逮捕』にしたらどうですか。

制作者に難癖つけて逮捕したんでしょ? それが完全に裏目に出て、ウイルスの対策もままならず悲惨な情報漏洩の毎日、違法なデータも飛び交って最悪な状況なわけです。ついでに、P2P技術の方面で日本は出遅れてしまいました。後に引けないなら、もうこの際、最後まで貫いたらどうですか。

この方法なら、情報漏洩の時点で身元が割れ、オマケに逮捕です。ほとんど「人生終了」の域です。「見せしめ」効果はバツグンです。


そっちの方がよっぽどわかりやすい。やりたいことが良く見えます。無理でしょうが。





最後に。

コピーワンスもコレも、『日本独自』ですよね? 「先進諸国の動向を踏まえて」は、そろそろ「嘘つき」の域に達していませんか?
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 著作権問題 | 19:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ダウンロード違法化」不可避に 感想


翌日に追記しました↓
「ダウンロード違法化」不可避に 感想その2」




ついにきました。ITmediaさんの記事↓
「ダウンロード違法化」不可避に

「違法サイト」からの動画・音楽のダウンロードが違法とされる方向が、私的録音録画小委員会で固まった。違法化への反対意見も踏まえながら、ユーザーが大きく不利益をこうむらない形で制度設計するとしている。

前々から「ヤバい」「ヤバい」と言われていた「ダウンロード違法化」の件です。散々反対されていましたが、どうやら「確定」のようです。まったくもって恐ろしい。


さて、決まるのなら仕方ない。よくわかんないうちにとっ捕まって牢屋行きにならないように(ちと過激な表現かな?)、「何をどうしたら犯罪なのか?」だけは、ちゃんと確認しとかないとまずいですね。

ITmediaさんの「まとめ」を読む限り、条件は、

違法サイト」からの「動画」・「音楽」の「ダウンロード」が違法

のようです。しかし、これだけじゃ何がなんだか・・・


とりあえず『違法サイトの定義』が一番大事っぽいです。「違法サイト」を利用しなければ大丈夫ということですよね? でもいきなりよくわからない。

例えば・・・

・Yahooビデオキャスト
・ニコニコ動画
・Youtube
・mixiの動画アップロード

上記の4サイトは、すべて揃って「違法サイト」か、すべて揃って「合法(?)サイト」かの2択です。

何故か? どれも違法動画をアップロードできます。どれも違法動画をダウンロードできます。違いがあるとすれば、「数はいくつか?」と、「その違法動画が、アップロードされてから何秒後に、何時間後に、何日後に消されるか?」だけです。

人間がその目で動画をチェックしないと、違法動画かそうでないかは判断できません。そして、例えば1時間の動画の場合、後半の30分に問題があれば『違法』です。分かりますよね?

ということで、この4つのサイトを個別に「違法サイト」かどうか判別する為には、もう一つ法律が必要なはずです。

「サイト運営者は、違法動画を動画タイム+○○分以内に消さなければならない。消せないなら、そのサイトは「違法サイト」です。」とかかな?  

そこまでガチガチになったら、既存のサイト運営者は、「運営者がチェックしたあとの動画以外公開不可」にしそうな気がします。でもって、チェックの手間がかかりすぎるので日本では廃れるでしょう。タイムリーさも失われます。IT分野において、世界から取り残された『マヌケな日本』が誕生しそうです。



どうなることやら。




もう一つわかりにくいのは、やっぱり「ダウンロードの定義」です。着メロなんかはわかりやすいかもしれませんが、問題は「動画」です。

最近人気のあるニコニコ、Youtubeなど動画投稿サイトには「ダウンロード」ボタンなんてのはありません。その場ですぐ再生されます。そして、再生されているということは、既に自分のパソコンにダウンロードされているということです。データはキャッシュとして保存されていて、場所さえ分かっていれば再生できますし、複製も可能です。「ワンタッチ保存」とかは、ただ「便利」なだけです。

つまり、違法であるかどうか自分で確認する前に、既にダウンロードしちゃってるわけです。


ということで疑問。どうやって「ダウンロードした」か「見ただけ・聞いただけ」かを区別するのか、そしてそれが「故意」か「故意でない」かを区別するんだろうか。家宅捜索してパソコンの中身を直接見る以外に手はないような気もしますが。

そして、「故意でない」という話は、「本人が権利侵害してるかどうか気付かない」場合も含んでいます。例えば、個人投稿動画のバックミュージックとして流れてる音楽、大丈夫ですか? 私だって、それがJASRACの権利下の曲なのか、そうでないかなんて聞いただけじゃわかりませんよ。

本気で「グレーではない、真っ白な自分」を保ちたいのなら、曲が流れたら全て避けなきゃダメぐらいの潔癖さが必要なのかもしれません・・・






ここまで文句ばっかり言ってきましたが、

違法化への反対意見も踏まえながら、ユーザーが大きく不利益をこうむらない形で制度設計するとしている。

とあるように、ごちゃごちゃ言われなくてもわかってるんでしょう。

↑で私が書いた内容も、読み直すと、かなり「こじつけ」がキツイです。実際にはこんなひどいことにはならないとは思います。後半の方の話も、それが『違法サイト』でなければ関係ない話ですからね。

とはいえ、とにかく息苦しい・・・




納得できる条件付けを期待しています。ネット環境を「見てるだけでいつ捕まるか分からない気持ち悪いグレーゾーン」にはしないでくださいね。お願いします。




しかし、ITmediaさんの記事の中にもある「現行法のままアップロードを取り締まれば十分なはず」では、何故ダメなんでしょうかね。『個人特定が難しく、捕まえるのが大変』という話なら、今回の「ダウンロード者の特定」だって同じことです。

何が違うかといえば、『無意味に多くの利用者が嫌な気分になる』だけなような気がします。


もっと言うのなら、この法整備にかかる時間・費用を、すべて「アップロード者の逮捕」に費やした方が有益だと思います。ダメカナ?



(※読み直したら日本語が色々おかしくて恥ずかしかったので、一部修正入ました。)





おまけ。直接は関係ない話ですが、INTERNET Watchさんの記事ふたつ↓

「みくみくにしてあげる♪」がJASRAC管理下に……ネット騒然
初音ミクのアレですね。お金が絡むにつれて、ガチガチ権利が固まっていきますね。

公開質問状は“場外乱闘”ではない、権利者側がJEITAの対応を批判
コピーワンスと私的録画補償金の話です。長いですが、両者の言い分がちゃんと書いてあると思います。むつかしー言葉がいっぱい並んでますが、

私的録画補償金=レコーダーの価格に権利税みたいなものを上乗せすること。コピーされる・されないに関わらず、全ての購入者から先に著作権利用料を徴収するってことです。

疑問視されてる理由はいくつかありますが、その一つとして、「徴収した金は本当に権利者に渡ってるの?」というのがあります。この点は、JASRACへの不満の声と似てますね。まあwikiによると、殆ど同じ仕組みである「私的録『音』補償金」の方は、JASRACが36%を受け取ってるそうなので・・・ そういうことです。

別々の話のように見えて、実はけっこう繋がってるんですよね。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 著作権問題 | 20:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セカンドライフ「過疎化」?(同時接続者数の話)

先週の話ですが。

j-castさんの記事↓
街並みは立派だが人がいない セカンドライフ「過疎化」進む

日本国内でも多くの企業が出店するなどして大きな注目を浴びた「セカンドライフ」の「過疎化」が目立っている。J-CASTニュース記者が「セカンドライフ」のなかで有名企業の「仮想店舗」「仮想社屋」を訪れたところ、建物は現存しているものの他のアバターが全くいないという現象が相次いでいる。




このブログでセカンドライフについて書くのは2回目です。1回目は2007年7月19日のSecond Life(セカンドライフ)日本語版 流行りますか?という内容です。自分で書いたことを読み直しましたが、だいたい言いたいことは言い終えてると思います。ポイントだけまとめると、

1.見るべきは「同時接続者数(同時オンラインユーザー数)」
(「登録者数」を「住人数」と言い換えて、知識のない人を騙すのはやめて)

2.「儲ける」ではなく、「楽しい」「面白い」というキーワードで広めて欲しい。
(「セカンドライフで儲ける!」というフレーズは、むしろセカンドライフをおとしめてる)

の2つですかね。






さて、今回のj-castさんの記事には、はっきり『セカンドライフ過疎化』と書いてますが、これにはほんのちょっとだけ違和感を感じます。何故かといいますと・・・



■2007年7月に書いた時の各種データ
登録ユーザー数: 約800万
60日以内にログインしたユーザー: 約173万
同時オンラインユーザー数: 約2万5千


■これ書いてる時に調べたデータ
登録ユーザー数: 約1140万 (j-castさん記事より)
60日以内にログインしたユーザー: 約150万 (1,494,247)
同時オンラインユーザー数: 約5万 (49,786)




少なくとも同時オンラインユーザー数(同時接続者数)は、以前調べた時と比べて2倍近くにまで増えているんです。今回私が調べたタイミングで「たまたま多かった」だけかもしれませんが、それでも以前は「最大でも4万」と発表してたわけですから、「増えてる」のは確かでしょう。


これが、ちょっとだけ気になってる「違和感」の正体です。「過疎ってるはずなのに、同時接続者数は前より増えてるってどういうことよ?」って話です。

何故そうなるのか、適当に理由を考えてみます。


A.日本ではダメ、でもどっかの国ではある程度上手くいってる?
j-castさんが取り上げてるのは、「日本人が見に行きそうな場所」だけのようです。ということで、「日本ではダメだけど全体で見たらちゃんと伸びてる」という事なのかもしれません。

B.同時接続者数の増加よりも、土地・世界の広がる速度の方が速い?
これは、「本当にセカンドライフ全体で過疎化してるのかもしれない・・・」という系統の推測です。土地を用意し建物を建てる「売る側」・「宣伝する側」の人ばかりで、肝心の「観光客」・「消費者」が少ないのなら、世界はどんどん広がりますが、人口密度はどんどん低くなるような気がします。

C.j-castさんが批判的に書きすぎてるだけ?
少なくてもセカンドライフ全体としては人は増えてるハズですから・・・という話から、セカンドライフを庇うような推測。例えば、古い人気スポットは寂れてしまったけど、他にどこか新しい「名所」が出来ていて、そっちに人が集まっているとか。何処なのかは知りませんが。

D.そもそも、公開されている「数値データ」自体が怪しい?
失礼な話でごめんなさい。あくまで「可能性は0ではない」ということで。簡単に言うと、『本当は同時接続者数は減ってるのに、公表されているデータに細工して、増えてるように見せかけているのでは?』というような話です。とはいえ、最初から律儀に数字を公開してるリンデンラボが、そんな小細工を仕掛けるとは思えないんですけどね。一応書くだけは書いときます。



こんなとこですかね? 

そういえば、「同時オンラインユーザー数」はかなり増えてるのに、「60日以内にログインしたユーザー数」は減ってるというのは、どう捉えればいいんだろう・・・ 半年前と比べて、質の良い(長くSLを楽しめる)ユーザーが来るようになったとか、そういうことでいいんだろうか。





ここまでなんとなく中立っぽく書いてみましたが、そのせいで「結局何が言いたいの?」になってしまい、「結論」が無くなってしまいました。ごめんなさい。最初に書いた2つが「結論」ということでお願いします。






関係ない余談。ユーザー数を「完全に捏造する」トコまでやる企業はさすがに少ないですが、都合が悪くなって「ごまかし」に入る企業ならけっこう見てきました。勿論確証はないですが、ものすごくあやしーです。

一つ、よく見る手口を紹介しておきます。



■とあるオンラインコンテンツの、ログイン画面におけるユーザー数表示
※もちろんフィクションですよ。

○賑わってる時の表示方式
・サーバー1: 5,862人
・サーバー2: 5,346人
・サーバー3: 4,231人



○なんか廃れてきたので、表示方式を変更
・サーバー1:■■■■■MAX(2500人ぐらい)
・サーバー2:■■■■■MAX(2500人ぐらい)
・サーバー3:■■■■(2000人ぐらい)
※()内のことはユーザーはわからない。以前の半数ぐらいの賑わいだけど、なんとなくいっぱいいるように感じる。ちなみに別にMAXでもなんでもない。



○どんどん廃れてきたので、ちょっとずつ■1個で表す人数を変更
・サーバー1:■■■■■MAX(1500人ぐらい)
・サーバー2:■■■■■MAX(1500人ぐらい)
・サーバー3:■■■(900人ぐらい)
※実はかなり減ってるのに、そんなに減ってないように見えてしまう。



過疎化しました! 最終的にはこんな感じでおちつきました!
・サーバー1:■■■■■MAX(500人ぐらい)
・サーバー2:■■■■(400人ぐらい)
・サーバー3:■■(200人ぐらい)
※実はかなり減ってるのに、そんなに減ってないように見えてしまう。でもさすがに少なすぎて、中にいるユーザーにはバレバレです。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| セカンドライフ | 19:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中国、今度は「iPhone」の偽物?

すごく短めに。例によって「驚き」ばかりで書くことがあまり思いつかないので。

Record China(yahooニュース)さんの記事↓
<偽><中国製品>今度はiPhoneそっくり!!来年発売の携帯電話、価格は本物の4分の1―中国

この携帯電話は米アップル社iPhoneに外見上うりふたつ。よくよく見ないとその違いがわからないほど、形や大きさ、デザインまでもがそっくりにできている。詳しい機能はまだ明らかにされていないが、3.5インチのタッチセンサー付きディスプレイ搭載で手書きによる中国語入力が可能。しかも、販売予定価格はiPhoneの4分の1だという。

写真は↑の記事から辿っていけば見れます。



とりあえず一言。
気になった写真へのリンク
リンゴマークのパクり方がひどすぎる・・・ ここまでやるのか・・・

非合法のニセブランドと考え方は同じ? 中国であれば、この程度の事なら堂々としてても問題ないんだろうか。


チョット前に、中国の「Vii威力棒」のことを書いたばかりなのに。ロッチもビックリです。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 海外 | 13:15 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

米ゴールドマン・サックス サブプライム「逆張り」で4480億円の利益

はじめに。私はのことは「ちんぷんかんぷん」です。
ということで、知識がなさすぎて何も書けませんでした。短くてごめんなさい。

時事通信社さんの記事↓
サブプライム「逆張り」で4480億円の利益=米ゴールドマン・サックス

米国の低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローン問題が深刻化する前の段階で、リスクの高い住宅ローン担保証券(RMBS)の下落を予測する「逆張り」投資を行った米証券大手ゴールドマン・サックスの一部トレーダーらが、11月末までの1年間で40億ドル(約4480億円)近い予想外の巨額の利益を上げたと報じた。

すごいですね。それしか言いようがないです。




さて、私が、「ゴールドマン・サックス」という単語を見て思い出すのは、『不二家騒動』の時にたまたまたどり着いたこの↓の記事です。印象が強かったので未だに覚えていました。

江草 乗の言いたい放題さんより
これがインサイダーでなかったら何だ?
(そこから一部だけ引用します。内容が曲がるとイヤなので全文読んでくださいね。 )

突如ゴールドマン・サックス証券が5.32%の大主になってるのだ。1月12日受け付けということは、この大量保有の報告義務が発生したのは昨年の12月30日以後ということになる。これはいったいどういうことなのか。不二家の首脳陣はこの不祥事のことを11月中にはすでに知っていて、対策というかもみ消しの方法について協議していたそうである。

その情報をなんらかの形でゴールドマン・サックスは手に入れて、そして「確実に値下がりする」として「空売り目的」での大量保有をしてきたのではないだろうか。そうでなければあまりにもタイミングが良すぎるのだ。もちろんオレがなんらかの証拠を握ってるわけでもない。単なる憶測でしかないことをここで申し上げておきたい。ただ、あまりにもタイミングがよすぎるということがオレには疑問なのだ。




ライブドアのホリエモン(堀江氏)は、『インサイダー取引』で逮捕されました。

村上ファンドの村上氏も、『インサイダー取引』で逮捕されました。

米ゴールドマン・サックスは、↑の記事のような内容もてきとーにほったらかしにされたまま、また『不思議な予知能力』を褒め称えられます。



気持ち悪い。はっきりしないけど気持ち悪いです。

といいますか、せめて日本の中でくらい、「バレなきゃOK」以外の綺麗な落としどころが欲しいです・・・。

インサイダーってなんなんですかね。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 海外 | 16:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本の「任天堂Wii」 vs 中国の「Vii威力棒」

もう随分遅いネタみたいですが、私は今日気づいたので・・・

痛いニュースさんの記事↓
中国最新ゲーム機「Vii威力棒」の詳細が明らかに
とりあえず、↑の痛いニュースさんの内容を読んでみてください。読めばわかる。

な・・・なんですかこの凄まじきパクリは。

いろいろ「驚愕」です。あまりに驚きすぎて、感想やら説明や書く気力が失われました・・・。

このブログではめずらしく、動画と画像を載せて終わっておきます。ごめんなさい。

■youtube 威力棒vii 解剖 日本語字幕


Wiiの中身(↑の動画と比較してみてください)
Wiiの中身


Vii威力棒
vii


任天堂Wii
wii



おまけ。でも良く考えたら20年くらい前の日本もこんなもんか・・・ 普通にそこいらの店で売ってたもんなあ。

ガンガル(ガンダムのぱくり)



ロッチ ビックリマンシール(ロッテ ビックリマンシールのぱくり)



さらにタイミングよく、産経(yahooニュース)さんの記事↓
今年の漢字は「偽」、食品偽装など反映か
今年の日本をあらわす漢字が「」とか・・・ なんだか悲しい。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| ゲーム・漫画・アニメ | 18:42 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【冨樫義博】ハンター×ハンター(HUNTER×HUNTER)また休載

■毎日(yahooニュース)さんの記事↓
<ハンター×ハンター>また休載、作者「近くまた戻ってまいります」


9月の初めに冨樫義博『HUNTER×HUNTER』 連載再開?と書いた件ですね。その後、このブログでは特に触れていませんが、連載再開後はハンター×ハンターの為だけに久々にジャンプ読んでるくらい個人的に重要です。

さて、今回の「また休載」についてですが、

10月に「10週連続」の連載を再開し、その後の動向に注目が集まっていた。同社の広報室は「(休載は)予定通り。再開時期は未定」としているが、

とあるように、最初から10週で終わることは知らされており、「また休載か!」と驚くことではないでしょう。


つまり・・・

・「10週連続」=他の作者とは違い、富樫氏にとっては奇跡的なこと。
・「10週連続」=10週したら必ず休みますということ。
・「10週連続」=10週が限界ということ。


です。

「よく落とさずに10週連続を完遂できたなあ・・・ すごいぜ富樫!! 見直したぜ富樫!!」と感動すべきところだと思います。



さて今後ですが、

冨樫さんは巻末で「近くまた戻ってまいります。なるべく早く帰って来ます。頑張ります」とコメントしている。

とありますので、復帰は短くて半年、長くて5年ぐらいと予想していればショックは小さいと思います。



まったく期待せずに期待しておきましょう。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| ゲーム・漫画・アニメ | 17:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ケンタッキーでゴキブリを揚げた」発言と電凸動画の件

昨日書きかけだったのを直して上げました。うまくまとまらず、すごく長い・・・です。

サンケイスポーツさんの記事↓
ケンタッキーでゴキブリ揚げた!?男子高生が大嘘日記で謝罪

テラ豚丼の件で、吉野家:アルバイト店員2人を処分 山盛り豚丼動画(毎日さん)というニュースが流れたばかりですが、今度はmixi発の「ケンタッキーゴキブリ揚げ」ですか。2、3日前に、このブログのニコニコ動画の「テラ豚丼」(吉野家)が問題にという記事で、

「人を笑わせるネタとして軽い気持ちでやったつもりが・・・」という系統ですね。mixiでうっかり犯罪報告」と良く似てます。

と書きましたが、そのテラ豚丼の感想で「うっかり」というのは・・・ うう、なぜじゃ。




ええと、考え方によっては、「mixi」は「ニコニコ動画」よりもはるかに危険だと思います。テラ豚丼の投稿者は、ある意味「関西のどっかのアルバイト員がクビになった」程度で済んだわけなのですが、この「ケンタッキーゴキブリ揚げ」騒動の主が受ける罰はそんなものでは済みません。

違いは「個人情報」です。

「やったことの重さ」などお構いなしに、勝手に情報が飛び火し、多くの人に「珍事の犯人」として知られてしまいます。「○○県○○市の○○に通う○○さん○○才(顔写真)」という個人情報付きで。



前から何度か書いていますが、mixiにおいて「マズい内容かそうでないかの判断に自信がない人」は、「公開は友達まで」にしておいた方が無難だと思います。それから、公開範囲に関わらず「個人情報をある程度曖昧に」しておいた方がいいと思います。

家の中で家族と話す「世間話」や「悪口」を、自分の名札を付けて駅前で大声で叫んだらどうなりますか? mixiの閉鎖空間」は「とんでもなく広い閉鎖空間」です。声を出すと日本全国に響き渡ります。

このことは絶対忘れちゃ駄目ですよ。






さて現状ですが、騒動の主が「あれは全部真っ赤なウソでしたごめんなさい」という謝罪をして、そこで一区切りついたようです。

とはいえ、ネット上ではいまだに非難は続いているようです。「この騒動の主を更に追い詰める」ような動きと、「ケンタッキーを更に非難するような動き」の2つです。メインとなっているのは、「ホントはゴキブリ揚げてたくせに、「嘘」ということにしてごまかしてるんじゃねーの?」という「疑惑」に対してですかね。

疑惑についてちょっと感想書きますが、例えばこの記事の一番上で紹介してるサンスポさんの記事に、

広報担当者は記述が虚偽だとすぐ分かったといい「動き回るゴキブリを揚げることはものすごい技術が必要ですから。それに店内には他の店員もいますし」とプロの目で指摘。

と、あります。

確かにあまり説得力を感じないんですよね・・・ むしろいろいろ突っ込みたくなってしまう。

前に起きた「テラ豚丼」の事件のせいで「バイトならやるかも」という先入観が出来てしまったのかもしれません。騒動の主がケンタッキーと全く関係ないなら話は分かりますが、実際にケンタッキーでバイトをしていたわけですから。




ただ、逆に自分がケンタッキーの側だとして色々考えた場合、「本当にG揚げがあったかどうかを検証する良い方法」が浮かばないんですよね。

更に騒ぎの主を追及? 事実確認ということならそれぐらいしか思いつきません。でも、どうしても「やりすぎ」という言葉が出てきてしまいます。もう最近は、個人情報が出た時点で勝手に「やりすぎ」にまでギアが入ってしまっています。自己責任とはいえ、「やったこと」に対しての「罰」が重すぎる。

・・・たとえ本当にゴキを揚げていたとしても、です。

それでも、追求をしないと「疑惑」は晴れないでしょう。それなしに謝罪をしたとしても、何に対して何を謝罪してるのか今ひとつピントが合わなくなります。成果はなくとも、とにかく何でもいいから動き、とにかく謝罪をすれば効果はあるのでしょうか。


困った事件です。ケンタッキーも、クリスマス前のこの大事な時期に、たまったものではないでしょうね。そして、チャンスとばかりに「ケンタッキーの過去の細かい汚点」がちょろちょろ表に出つつあるようです。

マスコミはどう動きますかね? いつものイジメ路線か、ひょっとしたら「風評被害」を考慮して情報を抑えるかもしれませんね。





余談。いや本題かな? 昨日の夜にニコニコ動画を覗いたら、ケンタッキーへの電凸(電話でクレームつける)会話を録音した動画があがっていました。広報担当者のクレームに対する対応の仕方がマズかったようでして、ケンタッキーの担当者に対する非難のコメントがすごいことになっています。

ただ、私個人の感想としては、いくら「お客様は神様」とはいえ、電凸した人物も相当ひどい(日本語がおかしく、要点も伝わりにくく、相手を怒らせる内容だった)と感じたのですが、そういう意見は少ないのかな・・・ 



もういいや。めんどくさいのではっきり書きます。この電凸の手口は醜い。怒らせて、騙して、脅して、晒しあげる。詐欺のやり口と似てます。こんな筋の通らないものに感化され、「怒ってるwwww」「お客様にwwww」「最低」「馬鹿だなこいつ」などとコメントする感性が理解できません。全くニコニコできない。

そしてこれが今、「神様である消費者に逆ギレしたケンタッキーの広報担当者○○○」と実名公開でネット上にばら撒かれています。

何ですかねこれは? 私が今まで不満を愚痴ってきた「マスコミ」以下ですよ。「相手が悪そうだから、どんな手段でも構わないので貶める。」ですか? しかも、社名ではなく個人名を対象にして。


今回この件で注目しているのは「ケンタッキー」でも「ゴキブリ」でもないです。「いじめと変わらない悪質な個人攻撃」です。罪と罰がまったくかみ合ってない。相手が社員だから、企業だから強いと思ってるんでしょうか。この「お客様に怒ってしまった」という一つのミスで、「人殺し」以上の罰を与える気ですか? 


私は「インターネットの味方」ではありません。こんな筋の通らないものには賛同できない。責めるにしろ、せめて「手段は選べ」と言いたい。「悪質な企業」は嫌いですが、同様に「悪質なクレーマー」も嫌いです。


個人のモラルの線引きではこういう感想になります。たとえ少数派であろうと、めずらしく意思表示しておきます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| ニコニコ動画 | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「生活保護」と「刑務所に入りたい人」の話

短めに。

産経さんの記事↓
【法廷から】年末に刑務所に入りたがる面々

年末に近づくにつれ、軽犯罪で捕まって刑務所に入りたがる人が増える-。以前、ある警察官から聞いたこの嘆きは、どうやら本当らしい。

被告は詐欺罪での刑期を終えて今年4月に刑務所を出所。1カ月15万円生活保護を受けていたが、今年10月にはそのすべてのお金をパチンコに費やし、家賃が払えずに住む場所も失った。被告の犯行動機は、「金もなかったので、悪いことをすれば食うものと寝るところに困らないと思った」(供述調書)からだという。

(一部だけ転載で意味が捻じ曲がってるかもしれません。元の記事をよんでみてください。)



一ヶ月15万の生活保護を受けて、パチンコで使いきって、金がないから3食タダで住める刑務所に入るためにわざわざ犯罪を犯す。

ふざけた話です。こんな人に税金から月15万ももってかれると思うと、誰だって腹がたつでしょう。もっと言うなら、汗水たらして15万稼ぐのがバカらしくなりますよ。



今、生活保護の金額を下げる話が出ていると思います。下げる下げないの話は別にして、「駄目な人」と「本当に困る人」の区別は出来ないのかなあ・・・ 

本当に保護が必要な人はいると思います。それは忘れてはいけません。ですが、この産経さんの記事のような状況も確かに問題です。



そして、生活保護云々に関わらず、「衣食住の為にわざと犯罪犯して捕まる」なんて話はカンベンしてほしい。これについてはどうやったら解決できるんだろう。



難しい問題です。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 生活・身近な話 | 19:58 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニコニコ動画の「テラ豚丼」(吉野家)が問題に

書きかけで止まってたのを補完。

痛いニュースさんの記事↓
吉野家のバイトが店内で「テラ豚丼」を作りニコニコ動画にアップ→大炎上
ニコニコ動画では、こういった「バカ動画」・「ネタ系」がけっこうあります。別の人の動画ですが、ハンバーガーを山ほど買ってきて、それを重ねて「テラマック」を作ったり。

私もその昔、「ビックマック買うなんて愚か者のやること。チーズバーガーを複数買って重ねた方が安いしボリュームある。」と周囲に堂々と言い放ち、本当にチーズバーガーを何個か重ねて食べていました。馬鹿です。そして全然関係ない。



さて、今回のこの件が問題になってるのは、「食べ物で遊ぶな」とか「見た目が悪い」とかそういう部分ではなく、


・「自分の金で買ってきて自宅でやった」ではない。「実在する吉野屋の店内の厨房」でやられている。

吉野家は24時間営業なので、人が少ない深夜にやっていたにしてもいろいろ問題が・・・。衛生面、従業員教育面、イメージ面etc...

・食品衛生問題が日々取り上げられている今この時期。



等々の部分のようです。「人を笑わせるネタとして軽い気持ちでやったつもりが・・・」という系統ですね。「mixiでうっかり犯罪報告」と良く似てます。

もちろん犯罪でも何でもなく、あまり責めすぎるのもどうかと思いますが、「吉野家に対する直接的なイメージダウン動画」になってしまってるのがマズいかもしれませんね。「食べたくない」「汚い」というイメージがいっぱい詰まってますし。

そして、そのイメージダウンを行ったのが第三者ではなく店員自身というのは・・・ アルバイトか社員かわかりませんが、吉野家にとっては「いい恥さらし」です。

ということで、一番怒るのは恐らく吉野家自身でしょう。上層部は「マスコミにより日々報じられる食品衛生問題」に頭を悩ませてるでしょうし。





余談。ニコニコ動画のランキング上位は自作自演だらけ?という記事を書いて以来、ニコニコのコメントのID特定について全然調べていなかったのですが、いつの間にか「ID特定する為のツール」がいろいろ開発されてますね。この「テラ豚丼」の件で気付きました。その一つ↓

ニコニコ動画のID等を表示するサイト↓
nicosen
ここのサイトの一番上にある「URL」の項目に、「http://www.nicovideo.jp/watch/sm○○○○○(○は動画番号)」を入れるだけです。特にインストールも必要ないです。特定のIDの抽出も一発で出来ます。優秀だ・・・

例の事件以降、IDは暗号化されているので、「動画投稿者本人かどうか」は判断できませんが、「こいつはバカな発言を一日中繰り返してるわ」みたいなことは冷静に分析されちゃいますので、バレないと思って無茶なコメントを繰り返してる人はご注意を。






追記:吉野家の謝罪があったようですね。

ITmediaさんの記事↓
吉野家、「テラ豚丼」動画騒動で謝罪

吉野家は「弊社商品を悪用した動画『テラ豚丼』がWeb上に投稿され、お客様には大変不安・不快な思いをさせてしまったことを、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。その上で「店舗設備・食材を使用した勤務中の行き過ぎた悪ふざけ行為と思われる」として、「全社を挙げて該当店舗・従業員を特定し、確認が取れ次第厳正に処分する。会社としても、再度従業員教育を徹底する」としている。

特定して処分ですか・・・吉野家はやっぱり怒ってるみたいです。


自分で材料買ってきて家で作れば多分こんなことにはならなかったでしょうに。歯車一つズレただけで一大事ですね。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| ニコニコ動画 | 16:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。