2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

参議院選、民主60、自民37、で圧勝

短めに。もう昨日の話です。どこかのニュースのリンクをつける必要もないですね。

前評判どおり、もしくはそれ以上に民主党圧勝しましたね。おめでとうかな? 安倍政権はまだ踏ん張るみたいですが、既に「政権奪取」の話が出ていますね。色々な意味で面白く?なりそうです。



しかし、TVを初めとしたメディアの力は偉大だと思いました。今回「も」すごかったです。以前は自民に味方したこともあったと思いますが、ここまで強烈な民主応援アピールを行った理由は、ようするに「安倍総理の方針が気に入らない」ってことなんでしょうか。

「捏造問題追及」やら「放送法改正」やら、そしてここで書けないような「タブーの取り締まり」やら、理由はそのへんでしょうかね?
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 18:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

亀田興毅 vs ロペス

「かませ犬」ボクシング、日本人vsタイ人の国内の戦績9勝266敗 という記事で書いたとおり、ちゃんと見ました。

危うく見逃す所でしたが・・・

亀田大毅の試合は、TVつけたときには既に10Rの終わり際だったので、感想はなし。ちょっと他の人の感想みたところ、あまり良い試合ではなかったみたいですね。

例によって話題のタイ人ですし。しかしKO取れなかったか・・・



亀田興毅の方は、中盤ちょろっとヘッドロックがあったぐらいで、安定した試合運びだったと思います。最終10ラウンドの印象もよかったですし、問題なく判定勝ちですね。

前回は(見逃してないなら)亀田興毅vsオガーかな? たしか反則まがいの微妙なパンチ連発試合だったので、それにくらべたら非常にまっとうな「ボクシングの試合」だったと思います。

とりあえず、完全にKOタイプではなくなり、満遍なくバランスのいい選手という感じですね。変な挑発以外は十分強い気がしますが、今後もちゃんとした選手が相手の場合は判定が多いんじゃないかな? もちろん、まっとうに勝てるのが一番なので全然問題ないですが、興行・金儲けとして局が狙うだけのファンがついてくるかどうか・・・ そこだけですね。

次は日本人相手である可能性もあるので、やっとやっと「本当にまっとうに強い相手」との試合が見れるかもしれません。それなりに期待。



あ、あと例によって実況と解説は最悪でした。もう慣れてきて、音消さなくても冷静に見れるようになりましたよ。とはいえ、ラウンドごとの最後に言う実況の「決め言葉」はイラっときてしまいましたが・・・ あれが見ている人の印象を操作するテクニックなんだろうか。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 亀田 | 21:55 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

参議院選に伴うマスコミの報道について

さて、選挙が近づいてまいりました。どこでも激しく語られていますね。

どこを応援するかということには触れません。ただし、一つだけどうしても言いたい。



一部のTV局・新聞社は、自分達が応援する党を決めています。
中立性なんざかけらもねえ。





そう思ったのは、丁度今年の知事選の時ですね。例によって選挙前です。

民主、菅氏の「産む生産性」発言について

みんなの嫌われ者、柳沢厚労相の問題発言の時に私が書いたものです。

今見ると何言ってるのか伝わりにくくてかなりショゲる上、ほんとに誰も知らないようなとても小さな話なんですが、この時私はこっそり一人でとんでもなく大きなショックをうけたもんです。




ちなみに、民主の菅氏は過去に「国民は(マスコミに簡単に踊らされるから)白雉だ」というような主旨の発言をTVでしています。

問題発言・差別用語ですが、それもどうでもいい。言葉遊びはほんとにくだらない。

いやむしろ、菅氏の言うとおりだと思ってしまいます。私もほんとにチョット前までは見事に踊ってましたから。







さて、何がいいたいかといいますと、せっかくインターネットを利用できるのなら、マスコミが完全に、一切、全く、報道しない情報もみてほしい。それだけです。

ちゃんと公平に、できる限り中立でありたいと叶わぬ望みを持ちながら比較しましょうよ。





勿論、デマ・ガゼ・誹謗中傷、山ほどあります。でも、例えば、「政策」ですとか、「候補者の素性」ですとか、「支援団体の素性」ですとか、ほぼ事実と信じられる情報もありますよね? 

そういう情報はちゃんと見て、色々考えて欲しいなあとは思います。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 18:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[アニメ] 神社に「らき☆すた」ヲタク殺到

産経新聞(Yahooニュース)さんの記事↓
関東最古の神社に「らき☆すた」ヲタク殺到 地元「治安の問題が…」

「らき☆すた」流行ってるみたいですね。

勿論、「深夜アニメを見ているような層」にとっては・・・ですけど。私もニコニコ動画のランキングをたまに覗いてる影響からか、どんなアニメかは知ってます。ラララコッペパンとか。ちょっと前のハルヒの人気レベルにまでいきそうですかね?


まあ、そんな墓穴を掘りそうな話はおいておいて、「ヲタク」「アニヲタ」という言葉がニュースで普通に使われているのが面白いですね。最近表舞台に出つつある「腐女子」なんて言葉も通じるのかな? 

どちらにしろ、「自分はオタクである」という人たちと、「自分はオタクではない」という人たちによる「罵りあい」が、このニュースをきっかけに激化しているようです。ニュースの内容も「ヲタク=気持ち悪い」という認識をバッチリ広めるような文章ですので、色々な意味で怒っている人もいるみたいです。


こういう話題に参加するのは恐ろしいので傍観ということで・・・
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| ゲーム・漫画・アニメ | 17:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「かませ犬」ボクシング、日本人vsタイ人の国内の戦績9勝266敗

さて、世間は参議員選の話でいっぱいですが、ちょっと前に公選法の事を書いた手前、選挙の手前、その話題は封印中です。ということで、誰も気にしていないだろうボクシングの問題。

日刊スポーツさんの記事↓
JBCが昨年9勝266敗のタイ人を抑制へ


ええと・・・

昨年の国内でのタイ人の戦績は9勝266敗5分け

今年も7月18日までで10勝105敗4分け

一人のタイ人の戦績ではないですよ? タイ人が日本人の相手として日本に来る場合、約97%の確立でタイ人が負け、日本人が勝つってことです。




タイ人はすごく弱い。日本人はすごく強いですね。びっくりしました。




んなわけねーだろ。




失礼しました取り乱しました。「将来有望な日本人ボクサーは、タイ人のかませ犬で戦績を積み上げ、自信をつけさせる」という記事は何度も見ており、詳しい人にとってみれば当たり前の話かもしれませんが、素人の私が実際に数字を見るとけっこうショックです。




ちなみに、興味深々で亀田興毅の戦績をWikipediaで調べてみました。

1戦目:デンナロン・シスソバ(タイ 0勝2敗)
2戦目:プラカルン・ツインズジム(タイ 0勝3敗)
3戦目:サミン・ツインズジム(タイ 0勝4敗)
4戦目:ダオチャイ・KTジム(タイ 0勝5敗)
5戦目:ノパデッチレック・チュワタナ(タイ 確認できる戦績なし/当時タイ国フライ級2位)
6戦目:ヨードゲン・シンワンチャー(タイ 0勝4敗)
7戦目:サマン・ソー・チャトロン(タイ 46勝7敗1分/元世界王者だが、長期ブランクと戦績低迷により当時はノーランカー[7]
8戦目(2005年8月21日):ワンミーチョーク・シンワンチャー(タイ 12勝2敗/当時OPBF東洋太平洋フライ級王者&WBC同級世界ランカー)



( ゚Д゚)・・・(思わず顔文字)

勿論亀田だけではなく、日本ボクシング全体で蔓延してることだと思います。槍玉にあげてすいません。





まあ、このことを公にし、抑制しようとしているのは日本ボクシングコミッション(JBC)ですから、変な深読みをしなければ良いことだと思います。



ただ、それはある意味”公式”に「出来レースは存在する」と言ってるようなもんですけどね・・・ 

ほら、完璧に打ち合わせて負けを演出する「八百長」だけでなく、「日本のジムはお金を払ってくれるお客様→機嫌を損ねないための暗黙の了解」とか、「海外の怪しげな戦績でごまかしてるけど、本当は素人まがいのとんでもなく格下の相手」とかあるでしょうから・・・



この件で、亀田の試合が28日にあることを知りました。なんだか完全に選挙話題にのまれてる気がしますが、久々に最初からみてみようかなあ・・・ 何かの縁だし。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 亀田 | 21:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福島県立医大のSM宴会画像流出の件

笑い系のニュース? いや違うかな? モラル的な問題で怒っている人もいるかもしれません・・・

j-castさんの記事↓
SM宴会写真が流出 福島県立医大で騒動

内容は非常に破廉恥、かつ写真付きなのであえて触れないでおきます・・・><。ただ、「どうしてこの写真が漏れたのか?」という点が細かく書いてあるので、参考にはなりますね。




さて、恐らくインターネット・ホームページの仕組みとしては初歩的な内容かと思いますが、こういった「画像の流出」がどういう仕組みで起きるか書いておきます。

※「んなこと常識だよ」って人は読まなくていいです。「良く分からないから、こっそり理解しとこう」という人にオススメです。





とりあえず犬の画像張りました。

konoinu1.jpg
既にこの画像に、私がインターネット上におおやけに公開する気がない画像が流出する危険が潜んでいます。今回の事件をもとに探してみてください。2枚あります。










わかりましたか?









わからない人は、画像部分を右クリックして、「プロパティ」を見てみましょう。(Windowsの話です。マックでも同じようなこと出来たはずですが忘れました。ケータイは・・・どうだろ無理かな。)







答え。







プロパティで犬の画像のURLを調べると、

http://blog-imgs-11.fc2.com/m/a/r/marupodo/konoinu1.jpg

というURLになっているかと思います。最後の「konoinu1.jpg」というのが、この画像の名前です。


ここから、「ん?、”konoinu1” → "この犬1" → ということは、ひょっとしてここの管理人は「この犬2」や「この犬3」という画像もサーバーにアップロードしてるんじゃないか?」と、想像力を働かせます。

1枚だけ画像をアップする際に、「○○○1」という感じに番号付けすることは少ないと思います。「○○○2」や「○○○3」があるから、「○○○1」という名前にする人が多いと思います。

もしくは、デジカメなどで写真を撮った時に勝手に自動で番号付けされたり、サーバーにアップロードする時に勝手に番号が付いたりして、それがそのまま「画像名」になることもあります。前者は選んでアップすると番号の順番は飛び飛びになってしまいますが、後者は綺麗に並ぶことが多いです。他にも、「20070724-1」といった、日付と組み合わせた番号が勝手に付くこともありますが、想像力次第でなんとなく分かってしまうわけです。



長々説明してる間に「答え」分かりましたよね? 1番があるということは、2番や3番があるかもしれない。ということで、下記のURLが想像できるわけです。

http://blog-imgs-11.fc2.com/m/a/r/marupodo/konoinu2.jpg

http://blog-imgs-11.fc2.com/m/a/r/marupodo/konoinu3.jpg

このURLをブラウザ(IEとかFirefoxとか)のアドレスの部分にコピーペースト(自分で打ってもいいですが)で入れて、エンターを押してみましょう。
(見終わったら、ブラウザの「戻る」でもどってくださいね。)


見れましたか? 



上の2つの画像は、(今回の記事は別として)普通にブログを読んでるだけの人はまず間違いなく見ることのない画像です。ですが、勝手に想像でURLを探られると、誰でも見れてしまうわけです。



これが今回の事件の流出の仕掛けです。勿論、世の中のホームページごとでいちいち調べる暇人などいるわけがなく(もしくは少なく)、無作為に試して「当たり」が出る可能性は非常に低いですが、今回のように、何かしらのきっかけで「怪しい」と思われると、一生懸命調べる人がいるわけです。




じゃあこういった「流出」を防ぐにはどうすればいいか?


見られてはいけない画像は一切アップロードしない。ただそれだけのことです。

むしろ「流出」という言葉すら怪しく、インターネットの仕組みで言えば「自分から公開してるだけじゃん」となり、「不正アクセスだ! 訴えるぞ!」という訴訟もおそらく無理だと思います。

今は検索エンジンやらブログやら便利なものがありますが、普通にホームページを作り、URLを直接打ち込んでサイトを探すのが基本な時代からはじめた人にとっては「見られて当たり前」な話なのです・・・


(j-castさんの画像は流出した画像をコピーしてアップし直していると思うので、色々な意味でちとマズイような気もしないでもない。)





無差別に撮った画像を全部ネット上にアップロードしている人は、とにかく気をつけてくださいね。ブログなんかも、ブログの記事内に張らなくても見れてしまう場合がほとんどですよ。

それから、「友達に見せるために一時的にアップロードする(パスワードも何もなし)」というのはかなり危険な行為です。注意してくださいね。

※追記。
ぎゃあああ。なんか「答えのページ」が単独で記事になってた><。(消しました。)
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 社会現象・流行 | 19:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

欧州でFirefox 2がIE7のシェアを逆転(日本では4%)

短めに。

@ITさんの記事↓
欧州でFirefox 2がIE7のシェアを逆転

Firefox vs IE ですが、海外では随分Firefoxが広まっていますね。にもかかわらず日本では4%・・・ 

検索エンジン勝負で、日本ではGoogleよりYahooの方が上という話と同じで、国によって勢力は随分違うようです。



ちなみに私は両方使っています。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| IT全般 | 19:03 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

中国の「段ボール肉まん」はやらせ 北京テレビが謝罪

中国の「段ボール肉まん」といえば、日本では知らない人の方が少ないほど知名度の高い事件(多分)ですが、ああ・・・ 中国のTV局のヤラセ・捏造だったそうです。



サンスポさんの記事↓

中国の「段ボール肉まん」はやらせだった!北京テレビが謝罪



やけに細かい情報(○年縲怐「年まで□万個販売とか)も出てたような気がしますが、すべて嘘? 警察すら騙し通す覚悟がないと出来ない芸当だと思いますが、す、すごいなあ。







ちなみに、このヤラセという報道自体が捏造ではないか?(ダンボール肉まんは本当の話だが、海外で騒がれて困ったから「ヤラセ」ということにして被害軽減)という「トンデモ疑惑」もあるにはありますね。もちろん「そんな馬鹿な」とは思っているのですが、もう最近「そんな馬鹿な」ことばかりなので・・・ 





もう一つ、ロイターの記事↓

中国の輸出、製品の安全性めぐる海外報道で打撃



そうですね。連日の中国製品に関する報道は、間違いなく影響ありますよね。



ただ、「(中国から見た)海外のマスコミが惨すぎる」という話なら、意図も読めて分かりやすい話なのですが、このダンボール肉まん事件のように、中国国内の中国のマスコミが騒いでるのだとすると・・・ 国単位で見ると自爆? 意図が読みにくいですね。 「本当に純粋なまでに視聴率が取れれば他はどうでもいい」ということでしょうか。





ああ、でも日本のマスコミも日本の不利益になるような報道やってるか。そんなもんか・・・

人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 海外 | 14:56 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

Second Life(セカンドライフ)日本語版 流行りますか?

※この記事は会社関係なしに、個人の責任のもとで書いています。

TVなどでも盛んに取り扱われているセカンドライフですが、とうとう「日本語版」の登場です。

ITmediaさんの記事↓
Second Life日本語版、ようやく公開

やっとです。

このブログでは全然書いてないですけど、セカンドライフについてはずっと興味深く眺めていました。随分前に中にも入ってます。




さて、正直に書きます。私個人としての見解は、「流行ってるのは企業とマスコミの間でだけ。今後、一般ユーザーの間で流行るかどうかというと・・・難しいんじゃないか」です。

そう思う理由ですが、ITmediaさん他、びっくりするほどズバっと言ってる人が山ほどいるので、わざわざ私が書く必要すらないかと思っていたり・・・



むしろ、『ためしに自分でやってみる』のが一番かと思います。ID取って中入るだけなら無料ですからね。



もちろん現に楽しんでる人もいますし、今後に期待している人もいます。可能性は未知数です。私の考えもコロっと変わるかもしれません。ただ、一つどうしても言いたい。



今後の発展性の話ならいいんです。『現状を』『誇張して』『宣伝する』のはどうかと思います。そういうのは大嫌いです。





つたない知識な上、既出の当たり前の話かもしれませんが、いかがわしい宣伝に対する突っ込みという意味でだらだら長々「おかしいだろ!」と思うところを書いときます。(用語等、面倒なのでわざわざ説明しません。ごめんなさい。)

■「米で大流行」
一部の報道によると、米でのセカンドライフは既に下火状態みたいです。大手参入企業もいくつかは撤退を始めているそうです。そりゃそうです。企業だけ盛り上がっても一般ユーザーがついてこなかったら破綻します。企業参入の基本的な目的は「広告・宣伝」ですからね。

じゃあ今の日本ならどうか? 

「セカンドライフ進出しました!」と発表すればマスコミが大々的に取り上げてくれる。ある意味「ステータス」となりえるかと思います。そして、セカンドライフの「中の仮想世界」ではなく、「外の現実世界」への宣伝効果が期待できます。

でも、それって・・・ おかしくないですか? むしろいつまで続きますか? ユーザーが増えるまで?





■「何言ってるんだ? ユーザー数800万だぞ! 盛り上がってるじゃん。 すごいじゃん!!」
すごいです。でも例えばmixiは、日本人ユーザーだけで1000万を超えています。

そしてmixiのユーザー数もどうでもいい。


ITmediaさんの記事から引用します↓

Second Lifeの登録ユーザー数は、7月13日午後7時50分現在で
約800万3000人
60日以内にログインしたユーザー数は約173万2000人
同時オンラインユーザー数は約2万5000人



各種データの中で一番大事なのは何ですか?

同時オンラインユーザー数」です。



何故か。

無料の登録ユーザー数なんてアテにならないからです。

簡単な話で、IDを取るだけ取って1分で辞めてしまう人、1週間で辞めてしまう人、一人で複数ID入手する人・・・すべて含めていますからね。辞める時にわざわざIDを消す人は少ないですし、そもそもID削除の機能すらないwebコンテンツも山ほどあります。私もセカンドライフのIDはとっくの昔に登録済みで、ちょこっと歩き回ったりしましたが、ほとんど触ってない。そういうことです。



余談ですが、mixiの会員数は2006年3月で300万、2007年5月で1000万突破と凄まじい勢いです。ところが、alexaでここ数年のmixiのPVを見ると、会員数は1年で3倍以上に増えてるはずなのにPVは・・・・・・ (´・ω・`)なわけです。(alexaの信頼度の話もありますが、信頼できないといっても「完全にデタラメだ!」ってことは無いと思います。) まあそれでもすごいPVなので否定的なわけじゃないですけどね。






ということで、会員数で測るのは微妙だと思います。PV(ページビュー)や、もっと言うならユニークユーザー数の方が信頼度が高い。ただし、セカンドライフはwebページのコンテンツではないので、同じようにはいきません。でも、「会員数」より信頼性高そうなデータがあるじゃないですか。

「60日以内にログインしたユーザー数」? いやいや、確かに単純な会員数よりは遥かに信頼度高いですが、一番「賑わってる感」を測りやすいのは「同時オンラインユーザー数」ですよ。





さて、「約2万5000人」は多いか少ないかという話ですが、例えば数年前に特に流行した「RO(ラグナロクオンライン)」「FF XI(ファイナルファンタジー11)」などのMMO(多人数同時参加型オンラインRPG)の類は、有名どころの大手でいえば、同時オンラインユーザー数10万人超えを達成しているわけです。(今は下火です。) 2万・3万という話であれば、モノによっては「世界」ではなく「日本専用サーバーのみ」で達成しているかと思います。中国のとあるMMOでは、同時オンラインユーザー数100万超えたこともあるようですし。

(※上記の10万云々というのは「最大」ですから比べるのちょっとおかしいですね。セカンドライフの「最大」同時オンラインユーザー数は、とある海外のソースでいくと「4万超えていない」らしいので、そっちで比べてください。)

もちろん「仮想世界に皆が集まってわいわい」というのは同じでも、中の仕組みは全然違い、MMOでは「露天」という仕組み(やBOTなど)で同時オンラインユーザー数が割り増しされる傾向がありますが、それにしても、セカンドライフが現状「賑わっている」とは思えない。仮想世界が狭ければ話は別ですが、セカンドライフがそこいらのMMOより狭いって事はないでしょう。随時足されてるわけですし。



でもって、もう一つ違和感を感じる部分。



ROでいくと、最大同時オンラインユーザー数10万をたたき出した時のユーザーID数は64万(キャラ数ですので実際はもっと少ない)、セカンドライフは、最大同時オンラインユーザー数4万以下で、ユーザーID数は800万です。

集計の仕方、無料・有料の仕組みが大きく違うので、これも比べるのはおかしいかもしれませんが、それでもセカンドライフの同時オンラインユーザー数とユーザーID数の比率は極端( 1:200 !?)だと思います。

あくまで妄想ですが、

「企業やマスコミの宣伝が凄まじいので、その影響でとりあえずチャレンジする人は多いが、実際気に入って長い期間楽しむ人は思いのほか少ない」

と、嫌らしい勘ぐりを入れたくもなります。








つまりですね、少なくとも現状はまだまだ流行っているとは言いがたいですよね? むしろこれから頑張るって状況ですよね? 


面白い試みなのでそれは全然いいんです。でも変な誇張はやめてほしい。






といいますか、言っちゃいますね。「金」「宣伝」「金」「宣伝」「金」「宣伝」「金」「宣伝」「金」「宣伝」 は、現実世界でもう十分です。


「セカンドライフで儲ける!」がキーワードってどうなのよ。

「ユーザーが楽しい」は、どこに消えた? 




楽しい仮想世界がほしいです。セカンドライフも「楽しく」なってほしいですね。




めずらしく荒れ荒れで無茶苦茶な内容です。ごめんなさい。

(追記。日本語おかしかった所をいくつか直しました。あと、ちょこっと用語説明↓)



■※同時オンラインユーザー数(=同時接続者数)とは
例えばAさんが○時△分にログインして中に入ったとします。その時、仮想世界に他に何人ログインしてるか? という数字です。当然、日により時間により常に変動しています。

■※最大同時オンラインユーザー数とは
「今月」「今年」「サービス開始から今まで」等々の一定期間の中で、上記の「同時オンラインユーザー数」が一番多かった時の数字です。


人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| セカンドライフ | 14:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「コミックボンボン」、12月号で休刊

毎日さんの記事↓

講談社:「コミックボンボン」を休刊



「ボンボン」が休刊するらしいです。ここまで「コロコロ」が圧勝だったとは知りもしませんでした。



とはいえほんとに小さい頃にしか読んでなかったので、ボンボンとコロコロの区別がつかないんですけどね・・・2つで一セットみたいなイメージだったので。プラモ狂四郎がボンボン? 





なんだかちょっとさびしい感じです。マンガ業界自体の売れ行きはどんな感じなんでしょうね。月刊ジャンプが休刊になったのは知ってますが、週刊なんかは大丈夫でしょうか。

人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| ゲーム・漫画・アニメ | 17:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨ニモアテズ

短めに。

産経さんの記事↓
現代っ子にぴったり? 「雨ニモアテズ」宮沢賢治の故郷で発表
宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」のパロディだそうです。なんだか知らないですが、やたらと広まっています。


なんだろう・・・これが100年前との文化の違いでしょうか。笑い飛ばせるのならそれでいいのですが、自分自身にも所々当てはまる部分があるような気がします・・・ けっこう重いし悲しいなあ。

(以下引用です)


 雨ニモアテズ 風ニモアテズ

 雪ニモ 夏ノ暑サニモアテズ

 ブヨブヨノ体ニ タクサン着コミ

 意欲モナク 体力モナク

 イツモブツブツ 不満ヲイッテイル

 毎日塾ニ追ワレ テレビニ吸イツイテ 遊バズ

 朝カラ アクビヲシ  集会ガアレバ 貧血ヲオコシ

 アラユルコトヲ 自分ノタメダケ考エテカエリミズ

 作業ハグズグズ 注意散漫スグニアキ ソシテスグ忘レ

 リッパナ家ノ 自分ノ部屋ニトジコモッテイテ

 東ニ病人アレバ 医者ガ悪イトイイ

 西ニ疲レタ母アレバ 養老院ニ行ケトイイ

 南ニ死ニソウナ人アレバ 寿命ダトイイ

 北ニケンカヤ訴訟(裁判)ガアレバ ナガメテカカワラズ

 日照リノトキハ 冷房ヲツケ

 ミンナニ 勉強勉強トイワレ

 叱ラレモセズ コワイモノモシラズ

 コンナ現代ッ子ニ ダレガシタ

人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 教育・親子・自殺問題 | 17:27 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ヒトカラ(一人カラオケ)が増えてる?

毎日さんの記事↓

1人カラオケ:ストレス解消に練習に、「ヒトカラ」増える



なるほど、「ヒトカラ」ですか。確かに「一人で気軽に歌いたい」と思うときはあるんですよね。





特に、



1.隣の家の人に声が思いきっり届くような住居



2.電車・バス通勤



と、2つ重なっている環境だと、普段の生活の中で気軽に歌えるタイミングがないんですよね。過去何年かこういう時期があったのですが、けっこう叫びたい症候群になりました。





今は車通勤なので気楽なモンですけどね。まあ恐らく不気味にノリノリで歌っている気持ち悪い姿をいろんな人に見られている(特に停車時の前の車の人なんかには、バックミラーでバレバレだろう)と思うのですが、割り切って気にしない。





ということで、「ヒトカラ」の需要、あるかもしれません。

人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 生活・身近な話 | 16:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

参議員選の公示に伴う、ネットでの注意事項

前にちょっと書きましたが、今日が28日の参議院選の公示日なので、以後28日の参議院選まで、候補者に関するネットでの書き込みは「公職選挙法」に触れる可能性があります。今年の知事選でも、いくつかのネットの書き込みに対して警察が動いたみたいです。(実際に逮捕されたかどうかまでは確認していませんが。)


ちなみに「どのような書き込みが駄目か?」ということについて、私も全然詳しくはないのですが、軽く調べた内容を引用させてもらいます。

ITmediaさん
「何でダメなの? ネットを使った選挙運動」
---------------------------------------------
ネットで選挙運動ができない根拠は、公選法142条にある。「選挙運動のために使用する文書図画は、はがきやビラ以外頒布できない」と規定されているのだ。総務省は、Webサイトやメールが「文書図画」にあたると解釈。サイトやメールを使った「選挙運動」は、候補者も第3者も行ってはいけないことになっている。

 「選挙運動」とは何を指すのだろうか。東京都選挙管理委員会によると「特定の選挙で、特定の候補者を当選させることや落選させることを目的に、投票行為を勧めること」。つまり「この人に投票してください」「この人には投票しないように」といった記事をブログやサイトにアップしたり、メール送信することは違法と考えられる。

---------------------------------------------
(2005年の古い記事ですが、法自体は変わってないと思いますし、内容がわかりやすかったので。)


京都新聞さん
ネット応援に陣営ぴりぴり 公示後「書き込み」選挙違反も
---------------------------------------------
 選挙期間中に、支援者でも具体的な候補者への投票依頼や個人演説会の日程など、特定候補に有利な情報を書き込めば違反になる。候補者が支援者にHPでの書き込みを頼めば、候補者も罪に問われる場合がある。

 今回の参院選を念頭に、ネットでの選挙運動規制を緩和する公選法改正案が昨年に提案されているが、成立していない。こうしたことを不特定多数の支援者たちにどう周知していくか、各陣営とも悩ましく思っている。

---------------------------------------------


大きいのは「選挙に関係ない第3者も駄目」ってとこですね。いきなり「逮捕だコラッ!」という話ではなく、「公選法に抵触します。ホームページ上の問題部分をただちに消去してください」といった警告レベルのものがほとんどだと思いますが、「数が多すぎる」「事実無根」「悪質」「惨い誹謗中傷」など、特に目立つものは(みせしめとして)罪を問われる可能性もあるかと思います。


ただ、正直未だによくわからないこともありまして、例えば、候補者に対する直接的な内容ではなく、政党批判や候補ではない党員の批判、政党自体の応援、みたいなものはどうなるんでしょうかね。

そもそも、「投票してください。」「こいつには入れるな。」という一言さえなければ問題ない?  それもおかしな話だとは思いますが・・・結局細かい話についてはわからずじまいです。ごめんなさい。





ちなみに、色々な意味で「この公選法をネットに当てはめるのは無理があるんじゃ・・・」という意見もあるようでして、↑の京都新聞さんの記事にあるように「改正案」の話も出ているようなのですが、現状はまだ改正されたわけではありません。選挙前のしばらくの間は、ネットでの過剰な応援・過激な批判は控えた方がいいかと思います。



すぐ追記---------------------------------------------------

実際のところ、選挙前だからこそ過激になる人も多いですし、「何を今更。今に始まったことでもないし、みんなやってるから大丈夫。(←この言葉嫌い)」といういい加減で曖昧な感じはありますけどね。

ホントはギャーギャー騒ぎあった方が「政治への興味up・活性化」という意味でいいような気もしますが、「匿名の発言者が、候補者と関係あるのかないのかほとんど把握できない」という大きな問題もあるかと思います。

前回の知事選の時、「自民の工作だ!」「民主の工作だ!」という書き込みがいっぱいあったのですが、証拠が何もくっついてないので、どっちがどうなのか想像(妄想?)するしかなかったですし・・・。 mixiの「あしあと」を元にした事件はあったみたいですけど。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 18:32 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小沢代表の「ニコニコ動画」演説作戦 (7/10追記)

帰る前に面白い記事見つけてたので、のっけときますね。今日2つ目の記事です。

Yahooニュースさんの記事↓
小沢代表「ニコニコ動画」で集中砲火

「ニコニコ動画を利用した、小沢氏本人による演説」というわけです。「新しい選挙活動のあり方」が見出されつつあるのでしょうか。

ただ、どうやらニコニコ動画の運営側の「この動画だけは24時間体制でチェックし、誹謗中傷などを削除する」という方針や、「なんで民主だけ?」みたいなことで反感を買ったようで、現状かなり混乱してるみたいです。他の動画に対してのコメントは、(誹謗中傷も含めて)思いっきり自由な分、ユーザーの反動も大きかったみたいですね。どうなることやら。




※追記です。この件についてのニコニコ動画の運営さんの公式発表↓
小沢一郎さんの動画について










※さらに追記。小沢氏の動画をおちょくった動画なども出てきて、もう完全に「子供の遊び場」状態のようです。なんというか、政治に興味のある一般の方に「面白いことやってるよー」とオススメできない状況ですね。

選挙活動の新しい形みたいなものを期待していたんですけど、現状はちょっとどうだろう・・・という感じです。

ただ別の収穫が。
ニコニコ動画に、新風という政党の演説の動画があったのですが、「タブーへの突っ込み具合」がすごい・・・ 確かにTVでは一切扱わない内容です。賛否・真偽は兎も角、一見の価値あり、かもしれません。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 17:57 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

モンスターペアレント(怪物親) vs 教師

教師vs親の問題です。

BNNさんの記事(アンケートに投稿できるようにもなっています。)↓
Webアンケート 今週のテーマは「モンスター親、あなたが考える対処方法は?」

「モンスターペアレント」という言葉、今日はじめて知りました。何も難しいことはないですね、最近よく非難を受けている「理不尽な親」のことを指すようです。

上のBNNさんの記事の引用↓
------------------------------------------------
 「ある小学生が授業を終えた後、児童会館の外で喫煙し、それを目撃した子どもが私に教えてくれた。喫煙した子どもに注意し親にも事実を知らせると、謝るどころか、たばこを吸っているところを見ていた子どもは誰かと追及し、その子や親に文句を言うと息巻いた」
------------------------------------------------
これは惨い。


もう一つ。産経さんの記事↓
教師悲鳴「つぶされる」 理不尽な保護者らのクレーム
同じく産経さんの記事の中から引用↓
------------------------------------------------
何らかのトラブルで保護者から訴えられるかもしれないと考える教員も多く、東京の公立教員の3人に1人が、訴訟の際の弁護士費用などを補償する「訴訟費用保険」に加入しているというデータもある。
------------------------------------------------
この産経さんの記事に書かれている親のクレームも惨い・・・ 教師が親から自分の身を守る為に、弁護士を雇う時代のようです。




はあ。こういう極端な状況に対しては、教師が親を法的に訴えてもいいんじゃないでしょうか。世に溢れ返る金目当てのしょうもない訴訟より、よっぽど筋が通る訴訟になる気がします。もちろん労力は更に増えることになりますけどね・・・






ただ、一つ「忘れてはいけない」と思っていることがあるので書いときます。

親vs教師のニュースは非常に頻繁に取り扱われていると思いますが、大前提として、すべて「ケースバイケース」であり、この件では親が悪い、この件は教師が悪いなどなど、事件ごとにどちらが問題なのかは細かく違うと思います。

にもかかわらず、「どの教師も馬鹿ばかり」「どの親も馬鹿ばかり」と、片方を支持する形で完全に思考停止し、なんでもかんでも「○○の側が悪い」と決めつけている人がやたらと多い。これはちょっと悲しいです。

できることなら細かく状況を分けて、そのつどごとに判断したいものですね。良い親だって、良い先生だって、いっぱいいるわけなんですから。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 教育・親子・自殺問題 | 18:11 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

自民の杉村太蔵議員の「乳児を置き去り→反省」のコラムの件

※mixiのお知り合いの方の日記を見ていて、この内容を知りました。それから、この記事は会社関係なしの個人の責任のもとで書いております。



さっぱり知らなかった。自民の杉村太蔵議員が、週刊誌(SPA!)で「生まれて2ヶ月の子供を家に残したまま妻と1時間限定で外食に行ったのですが、帰ってきたら子供が脱水症状になっていました。反省しました。」というコラムを掲載したところ、色々な人から「ありえない」と反感を買っているようです。







さて、何か書く前にまずは原文(太蔵議員のコラム)を読まないと…と思い、ネット上で探しましたが、原文どころかちゃんとしたネットニュースとしては(7月6日の夕方の時点では)下記の関連記事しかみつかりませんでした。



デイリースポーツさんの記事↓(Yahooのトップにもリンクありましたね。)

水野真紀、太蔵議員にチクリ



ネットではあまり情報出てないですね。これからかな? 元文については、一部の個人ブログと例の某匿名掲示板にはありました。(もちろん、SPA!の著作物に当たるとは思いますが・・・)











感想ですが、私は「子育て」とは遠い彼方に位置する人間ですので、細かいこと、偉そうなことはとてもじゃないけど書けません。ごめんなさい。



ただ、子育て経験のある方や、今実際に子育てをしている方が、猛烈に怒っているのは確かみたいです。中には「児童虐待にあたる」という人まで・・・(個人的にはそれはちょっと言いすぎなような気もしますけど。) 太蔵議員は「子育てをする上での、ちょっとした体験談と反省談」のつもりで書いたと思うのですが、周りの反応は、「ちょっとした」になってないみたいです。







どちらにしろ、最近は「生まれたばかりの子供に対するいろいろと惨い事件」がよく騒がれているわけですし、太蔵議員の現在の立ち位置や、今までの政治家としての発言を考えると、大きな問題になる可能性もなきにしもあらず・・・かな。「発言・言い方」じゃなくて「実際に行った行為」に対する批判ですからね。









選挙近いですし。









余談ですが、『選挙前』ということで、「議員の問題行動」に関する情報は、とんでもない勢いで拡大していきます。(とりわけ自民の議員に対しての各報道陣の攻撃はすごい。) 



今回の参議院選は、7月12日公示、29日投開票ですので、私のつたない知識によると、12日以降は公職選挙法の影響で色々と情報が規制されるかと思います。ひょっとしたら、マスコミにとっても「12日までが、比較的自由に政党批評ができる期間」なのかもしれません。まだまだ議員スクープは続く予感。







(ネット上での規制は色々と曖昧で、けっこう大きな問題になっています。ブログ・掲示板等での中傷なども、この期間においては引っかかる可能性があるかと思います。無茶なデマや捏造、惨い中傷限定かもしれませんが、法が曖昧だからこそご注意を。)

人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 19:04 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

Googleの「本(書籍)専用検索」スタート

ITmediaさんの記事↓

Googleでも“立ち読み”可能に――書籍検索が国内で開始



googleで、書籍専用の検索の日本語版がスタートしたみたいです。



Google ブック検索



よし、早速試しに使ってみるか! と思ったものの、何を調べればいいか一瞬迷ってしまった・・・ 最近本を読んでないからなあ。



とりあえずモノによっては、本の一部分縲恆S部読めるものもあるらしいです。さらっと眺めましたけど、最初の方だけ読めるのはいくつかありましたね。こうやってちょっと読ませて買わせようというのか・・・ (右にしっかり購入用のリンクがついてます。)





例によってgoogleらしい「新しさ」を感じますね。

人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| Google・Yahoo | 18:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

激論「太田総理」で騒動 民主議員が「お詫び」

j-castさんの記事↓

激論「太田総理」で騒動 民主議員が「お詫び」

TV番組内での発言に「お詫び」だそうです。





太田総理という番組ですが、私もたまに見てます。正直、「1時間ずっと面白い」というわけではないのですが、現職議員による討論の場面なんかはかなり面白いです。



で、この「少年法を廃止します」というマニフェストの回(先週かな?)ですが、偶然にもしっかり見てました。丁度、■光市母子殺害事件の裁判の時期ですので、タイムリーなネタでしたね。ちなみに私はもうずーっと昔から、明確な「少年法ふざけんな派」なわけでして、当然このネタでは「少年法廃止に賛成」という立場で見ていました。(勿論完全に無くせばいいか、というと難しいですけどね。)ネタがネタだけに面白かったです。







さて問題の平岡氏の被害者のお母さんへの質問ですが、たしかにきっついなーと感じた覚えはありますね。ただ、私はその辺のタイミングで、



本当に中立な討論の舞台を用意するのであれば、「被害者の母親」だけでなく「加害者の母親」もつれてこいよ。議論の最後に片方の立場の人だけつれてきて締めくくるのはフェアじゃない。



なーんてことを考えていましたので、平岡氏を非難する気持ちはすっ飛んでいたと思います。被害者の母親の立場になって共感・・・涙・・・でいいかもしれないですけど、バラエティーとして、番組の方向性として、無理やり「お涙頂戴」にもっていかれような気がして、最後の最後で不満を感じてましたね。







(まあ今冷静に考えると、加害者の母親をTVに出したら「あんたの教育が悪い!」という感じですごく叩かれそうなので危険ですね。無理か。)







ということで、番組をリアルタイムで見ていたのにも関わらず、こんな大事になっていることは今日始めて知りました。昨日の久間防衛相の辞任の話もそうですが、選挙が近いと色々大変ですね。一言一言が重い重い。







話逸れまくりの上、まとめも微妙ですが、今日はどうも上手く書けないのでここで終わっておきます。ごめんなさい。

人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 18:51 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

久間防衛相、原爆しょうがない発言で辞任 後任は小池百合子首相補佐官

毎日新聞さんの記事↓

<久間防衛相辞任>後任に小池百合子首相補佐官



久間氏は不適切発言で辞任、後任は小池氏で決まったようです。





個人的な話ですが、最近流行りの「長い話の中の一部分の発言を取り出して、みんなで勝手に想像力を膨らませて一生懸命馬鹿騒ぎ」は好きではありません。今回の件も細かいことは一切調べていません。



もちろん怒る人がいるのは当然です。怒ることも問題ではないです。私が原爆に近い立場の人間だったら話はまったく変わると思います。ただ、こういった「不適切発言」を世間に大々的に広め、国民を煽って選挙・政治に利用するのはどうも気に入らない。









とはいえ、「言葉」じゃなく「実」の部分を見ても今の自民には不満ありありですし、この件も結局「辞任」ということであっさり非を認めてしまったわけですけどね。あっさりなのは、やはり「参議院選が近いから」ということでしょうか。







後任については・・・ サプライズ???かな? 

どちらにしろ、今の内閣が続かなければ本格的に動くことすら難しいとは思いますが、色々な意味でどうなるんでしょう。

人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 政治・選挙 | 20:02 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

羽賀研二、恐喝で逮捕

日経さんの記事↓

羽賀研二容疑者を恐喝で逮捕、渡辺二郎容疑者も



羽賀研二が逮捕されました。



単なる「酔って暴力」ぐらいならありそうでまだわかる(?)のですが、「暴力団」やら「元ボクシングチャンピオン」やらと組んで、「4億の借金を1000万で帳消しにするよう恐喝」だそうです。



こ、これは・・・ すごいや。





芸能に超絶的に疎い、かつほとんど興味のない私でも何故か羽賀健二は知っています。芸能ニュースの端々を曖昧にかじった記憶によると、





→ 梅宮アンナと交際 → 借金まみれで梅宮辰夫に反対される → なんだかんだで破局 → 地道に借金返す為に芸能以外の方面で働く → 商売が上手くいき借金完済(じゃなかったっけ?) → 地道な努力を見守ってくれた女性と結婚 →→→→→ 「???」





という感じだったと思います。「現状はどん底から立ち直り、上向きの良い流れ」というイメージだったわけです。





ところが、まさか「???」の部分にこの恐喝事件が入るとは・・・ ちょっとビックリ。現実は、「上向き」どころか「ドロドロ」だったみたいです。まあ芸能方面はあまり興味もないしどーでもいいんですが、マスコミに「きれいな羽賀研二」を無理やり信じ込まされていたような気分にはなりましたね。でもって、やっぱりこのテの世界には「表」と「裏」があるもんだなあと妙に納得。









今頃、梅宮辰夫が「それみたことかっ!!」とか叫んでそうですね。

人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 芸能 | 17:20 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。