| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

近未来通信の件で、電気通信事業法改定?

近未来通信の件です。



ヤフーニュースさん(毎日新聞さん引用)の記事↓

<通信事業法>改正案提出へ 「近未来通信」事件で総務相





このニュースですが、出来事より中の文章に興味が沸きました。





総務省によると、現行の電気通信事業法では、通信サービスの利用者保護に限定した規制しかできない。このため、近未来通信のように通信サービスを名目にして出資を集めていた事業者に対しては、投資問題で苦情が出ても、通信サービスが行われている間は、業務改善命令などを出すことができなかったという。





つまり、『投資家』の立場の人が苦情をいくら申し立てても警察は動いてくれない、あくまで『利用者』の立場の人が苦情を言う必要があるということですね。



で、今回の近未来通信のケースですと、本来いるするはずの「IP電話利用者」が殆どいないわけで、苦情も殆ど出ないと。



うーん、恐らくそこまで理解した上で計画的に詐欺をしてるんでしょうね。社長は行方をくらまし、重要書類は既に破棄済みと、準備良く始末は終えてるみたいですし。法の網を掻い潜るといった感じでしょうか。恐ろしい。









しかし・・・

警察が動けなかった理由は今回のこのニュースでなんとなく納得できたのですが、新聞・TVといった各種メディアに対する疑問は残りますよね。



「近未来通信は安心。だってTVにも出てるしタレントも使ってるし。」

↑のようなイメージ作りを大きく手助けしていたはずなのに、殆ど謝罪も何もないような・・・(朝日さんが社説でちょろっと取り上げてたのは見ましたけど。)





かなり前から「近未来通信は怪しい」って話は出てたはずで、「今初めて知りました」なんてことはありえないと思いますけどね・・・
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 近未来通信 | 16:05 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

近未来通信、投資者は3000人、資金400億

昨日このブログでも「近未来通信」閉鎖の記事でお伝えしたのですが、



asahi.comさんの記事↓

投資者は3千人、4百億円規模に 近未来通信







■今までの情報=投資家の数は約900人で、集めた資金は200億円程度



■本日明らかになった情報=投資家は約3000人、集めた資金は400億円規模



だそうです。





恐ろしい・・・





私は昨日「近未来通信終わった」と書きましたが、代表や幹部が、現段階までのプロセスを計画的に行っていて、今後についても法的な処置を逃れる手段を熟知してるのだとしたら、ホントに恐ろしいですわ。

人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 近未来通信 | 17:10 | comments:0 | trackbacks:6 | TOP↑

≫ EDIT

「近未来通信」閉鎖

「近未来通信」、終わったみたいです・・・



読売新聞さんの記事↓

「近未来通信」本社閉鎖、2支店も電話通じず



テレビで芸能人を起用したCMなんかもけっこうやってたので、会社自体は知ってる人もいるんじゃないでしょうか。





実はこの会社にはちと記憶がありまして。





知人の知人の方から、「変なパンフレットが届いたけど、どういう意味なのかわからない」と言われまして、近未来通信のパンフレットを見せてもらったことがあるんです。(もちろん初めから投資などしないことを前提の上で調べたんですけど)



カラーで良い紙を使った最先端のIT企業っぽい小奇麗なパンフレットでした。内容は「絶対儲かる!」といった投資系でした。



読んでみたんですが、簡単に言うと、「IP電話の中継地点のサーバー設置に投資してください。そうすれば、その地域でIP電話を利用する沢山の人からの利用料の何%かを収入として得られます。」だったかな? 記憶曖昧だけどそんな感じでした。





とにかく読んでて変だな?と思ったのは、利用者数の部分。



まるで全国(全世界だっけ?)のIP電話利用者のすべてを近未来通信が握ってるような書き方と収入計算だったので、「そんな大手な会社なのか・・・?(いやどう考えてもおかしい)」と思ってネットで調べてみることに。





まず公式ホームページを見ました。IT企業っぽく綺麗にまとまっていました。でも、一見丁寧にしっかり説明してるように見えて、一生懸命読んでも具体的な設置内容、事業内容、顧客数等が全くわからないページでした。







次に、「近未来通信の評判」をその他のページで色々しらべてみると・・・



出るわ出るわ。詐欺の言葉。いつ潰れるんだ? もう時間の問題で破綻してるなどなど。その時は知らなかったですが、色々な意味で、けっこう有名な会社だったんですね。



で、「確信では無いですけどものすごく詐欺臭いです。しかも潰れそう。」とパンフレットが届いた方には伝えときました。半年ぐらい前かな。









一つ思ったことは、この会社、「最先端のIT企業だぞ!」というイメージ造りはものすごく上手。もうだめっぽいですけど・・・

人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| 近未来通信 | 18:12 | comments:0 | trackbacks:7 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。