| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Google マップ日本版の「ストリートビュー」機能 感想

短めに。また知人の情報がきっかけ。

internet.watchさんの記事↓
Googleマップの「ストリートビュー」機能、日本でも開始

グーグルは5日、「Googleマップ」に地上から見た道路の風景を表示する「ストリートビュー」機能を追加した。現時点では、東京、大阪、仙台、札幌、函館の近郊がストリートビュー表示に対応している。

 ストリートビューは、自分が道路に立っている状態で風景を360度表示できる機能。Googleマップ上の「ストリートビュー」ボタンを押すと、対応している道路が青く縁取られて表示される。

地域は限定されており、私の活動範囲である愛知・岐阜等は対応しておりませんが、googleマップで東京のどこかを適当に見に行き、適当にストリートビューというボタンを押せば、どんなものかはすぐ分かると思います。

写真の中で視点を360度回転できます。拡大縮小もできます。




す、すごいなこれ・・・ 技術とスケールに感動を覚えるレベルです。




もちろん「問題点」はあります。

先行して導入されてされていた米でも話題になっていたような記憶がありますが、プライバシーの問題。

写真は、ここ1年以内ぐらいのどこかのタイミングで撮ったものだと思いますが、その撮影されたタイミングに歩いていた人が、個人が特定できそうなくらいの解像度で思いっきり写っています。車のナンバープレート、家の表札、洗濯物の内容、窓の中の様子・・・、写って欲しくないものまでしっかり写ってます。



「撮影の許可」「撮影タイミングの告知」、一切なしでやられているので、「撮られる側の意思」が完全に無視されているわけです。


いろいろな意味で危ない。危うい。


洗濯物の下着の物色、ラブホテルから出る不倫臭いカップルの特定、著名人の自宅を表札などを元に特定、不法侵入の為の下調べ・・・ 悪い意味での利用法はいくらでも思いつきます。可能性がありすぎて、あまりに便利すぎて、だからこそむしろ「危険」だと感じてしまいます。



「すごすぎて恐ろしい。」この一言につきますね。日本でもひと悶着あるかもしれません。
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| Google・Yahoo | 17:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

googleのLively(ライブリー) プレイ感想と操作・機能説明少し

ライブリー(Lively) 15分プレイ感想の続きです。前回はオブジェクトの動かし方がわからず止めましたが、もう一度入ったらすぐわかったので、その他に気づいた操作・ボタンの機能なんかも含めててきとーに書いておきます。(多分どこかに操作法をまとめてくれてる人いるんだろうけど、探してもすぐには見つからなかったので。)

lively4

lively3

日本人には考えられないほど広大な部屋だったので、そのふちっこの角に小市民らしく小さく配置しました。使った操作を↓に箇条書き。



・右のアイコンのイスのマークで好きなオブジェクトを選び、クリックして「add to room」でキャラのいるところにオブジェクトを置きます。

・右のアイコンの十字矢印マークで、オブジェクトをつかんで動かせます。別の物の上に置いたり、壁紙などは壁に貼ったりできます。

・同じく十字矢印マークの時に、オブジェクトのふちっこにカーソルを持っていくと、カーソルが回転矢印に変わり、オブジェクトの向きを変えることができます。

・オブジェクトを消したい場合は、消したいオブジェクトをクリック → EDITタブ → Return to inventory で消せます。

・オブジェクトをクリックしてMove Toを押すと、キャラがそのオブジェクトの位置に移動します。イスにMove Toを使うと、イスに座るような感じになります。

・ちなみに、ダブルクリックした場所にキャラが移動するようなので、基本的にそっちの方がMove Toより便利かも。

・オブジェクトをクリックしてCommentsタブで、オブジェクトにコメントをつけれます。

↑のコメントもチャットも日本語入力できませんが、メモ帳などで書いた日本語をコピーペーストすれば無理やり入力できるみたいです。

・オブジェクトをクリックしてEditタブを選び、Avatar entry pointにチェックを入れておくと、次に部屋に入ったときに、そのオブジェクトの場所にキャラ(アバター)が出現します。(複数のオブジェクトに同時に指定できるのですが、その時の動作がどうなるのか未確認。)

・オブジェクトをクリックしてEditタブを選び、HyperlinkのところにHPのURLを入れてチェックしておくと、誰かがオブジェクトをクリックして「Open Hyperlink」を選んだ時に、そのホームページにジャンプします。(同窓・別窓開きの設定あり)

ただし、ポップアップをブロックしていると動作しないみたいです。(私の場合、googleツールバーのポップアップを許可したら上手くいきました。他にも許可しないと上手く動作しない機能があるかも。)※ベッドの向こうのブタポスターにこのブログのURLを設定してみました。

・画面の下に貼り付け用URLがくっついていて、↓のようにブログ等に貼り付けられます。他の人がそのまま私の作った部屋に入れるんだと思います。



おお、このままブログのこの画面でキャラ(アバター)動かせるのか! ちょっと関心。URLジャンプ機能も含め、ブログパーツとして面白いかもしれません。

※たまに「ページが表示されません」などになりますね。まだまだテスト中ということで不安定みたいです。



まだまだアバターやオブジェクトの種類が少なく、日本語も入力できないテスト段階なので、日本でどんどん広がっていくようなことはないでしょうが、この先googleがマジメにやる気になったらちょっと面白いかもしれません。セカンドライフより随分お手軽なのは確かかな。



追記。今は日本語で普通にチャットできるようになったようです。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| Google・Yahoo | 17:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ライブリー(Lively) 15分プレイ感想 グーグル「google」の仮想空間サービス


後日、この記事の続きを書きました↓
googleのLively(ライブリー) プレイ感想と操作・機能説明少し


日経さんの記事↓
米グーグル、仮想空間サービス参入 セカンドライフに対抗

インターネット検索最大手の米グーグルは8日、無料の仮想空間サービスを始めた。コンピューターグラフィックスで描かれた部屋の中をキャラクターを使って動き回り、ほかの利用者と身ぶりを交えて文章で会話ができる。米リンデンラボが運営する「セカンドライフ」など既存サービスのライバルになりそうだ。

 サービス名は「ライブリー(Lively)」で、ネット経由で試験提供を始めた。利用者は自分好みのキャラクターや部屋などを簡単なマウス操作でデザインできる。部屋に設置したテレビに動画共有サイト「ユーチューブ」に投稿されたビデオを映し出すなど、ほかのネットサービスとも連携する。

ということで、セカンドライフの系統かな? とりあえず触ってみました。

ええと、私はgoogleのアカウントを持っていたので、けっこうサクサクとプレイまでたどりつきました。ただし、いまのところは英語版しかないのでご注意を。あと、テスト中らしいので不具合があるかも。

ちなみに「Livelyがどこからプレイできるの?」ですが、

googleのトップページ → 右下あたりの「サービス一覧 »」 →
→ Labs (英語)  → Lively by Google

でインストールまでいけました。あとはgoogleアカウントを入れてID決めたら終わりかな。インストールデータ量は少なく、始めるまでに5分ぐらいしかかかりませんでした。このあたりはセカンドライフよりも遥かに快適。

あと、実際のプレイはインターネットブラウザ上で行うようです。



とりあえずよくわからないまま「My rooms」を選択。多分アバター(自分のキャラの姿)や部屋の内装をいじれるんじゃないかなという予想で。

いかにもアメリカっぽい濃いデザインのお兄さん姿だったので、右のメニューのアイコンからとりあえず姿を変更。ブタが丸くブタっててイケてるのでブタに。種類は少ないですが、服装もイジれます。

lively1



次に、家具などを置いてみました。ただ、置いた後の位置の動かし方がわからず上手く配置できなかったので、とりあえずそこで終了。ちなみに、各アイテムから指定したURLへジャンプする機能があるようです。

lively2



15分なのでここまで。

感想、といいますか、とてもじゃないですが感想書くところまで触っていませんが、個人的に日本で流行るにはまず日本人にウケそうなキャラクターデザインが必要だと思っています。そういう意味で、人間系のキャラの濃さはちょっと日本人にはキツいかな? 

ただ、動物系はそんなに悪くないかもしれません。といっても、今のテスト段階では2,3種類(多分)しかないですけどね。



私はセカンドライフには否定的な意見を出していまして、仮想空間サービスに対して大きな期待を抱いているわけではありませんが、またヒマが出来たら触ってみます。

とりあえず、物はどうやって綺麗に配置するんだろ。気になる。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| Google・Yahoo | 17:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネットの流行りもの「初音ミク」が画像検索にひっかからない?

初音ミク」。最近よく聞く単語で、このブログでも名前を出したことがあります。(多分)

「まるで本物の歌声のような声を作り出せるソフト」=「仮想のバーチャルアイドル」=『初音ミク、という説明で伝わるかな? けっこう説明しにくいのでリンクを張っておきます。

ちなみに「オタク的な趣味のもの」という感覚で興味を持っている人だけでなく、「ああ、もう人工でアイドルとかつくれちゃうんだな。歌手とか芸能人とかいらなくなってくるね」といった「新しさ」の部分に注目している人も多いです。



さて、ネット(というかIT系というかマニアというかその辺の業界)では、こんな↑のような説明が必要ないほど知名度の高く、最近のネット上での『流行』と言っても良さそうな「初音ミク」ですが、何故か現在、大手の検索エンジン画像検索で全く引っかからなくなっています。


■まずgoogle検索結果はちゃんと表示されますが、
1.jpg

と、1ページ目から初音ミクでない画像が表示されています。リンク先にはちゃんと初音ミクの画像はあるみたいです。



■次に『Yahoo』。
2.jpg

うわ、何も出ない。見事に0件。



MSN』。
3.jpg

ちゃんと出ました。この緑っぽい髪のキャラが初音ミクです。


※ちなみにせっかく画像とか撮ったりしたんですが、同じことをITmediaさんがやってましたのでけっこう無駄足に・・・↓
「初音ミク」画像がネットから“消えた”?
ということで、細かい状況なんかはこの↑のITmediaさんの記事で確認してください。



さて「なぜこんなことになっているか」が、かなり話題になっています。以下はウワサの内容。(あくまでウワサ・デマの類です。)




■1、検索エンジンのシステム的な不具合
理由:
google画像検索とか明らかにそうっぽい。

反論:
yahooのは完全に0だし、そもそもgoogleと同時に不具合っていうのがおかしい。



■2.どこかのメディア・企業が(金を払って)規制しようとしている
理由:
・TV媒体、メディアなどが「初音ミク」を危険視している?
・先日、TBSのアッコの番組で「初音ミク」をフリーターと結びつけてバカにするような内容で紹介してた。
・「初音ミク」はニコニコ動画で大きく広まった。同じくニコニコ動画発の「ねこ鍋」も、同じように画像検索がおかしくなっている。
初音ミクのwikiもなんか見れないし。
・著作権関係のトラブル?

反論:
こんな変な規制とかありえない。web検索では普通に引っかかるので中途半端。yahooは、yahooニュースでITmediaさんの記事を堂々と乗っけてるし。



■3.初音ミクの画像が「卑猥な画像」「問題画像」として処理された?
理由:
グーグル八分とか
・ファンによるイラストにそういうものが含まれているのは確か。
・児童ポルノ系は特に厳しい。
・誰かから通報された?
画像検索は「亀田 反則」とか、他にも明らかに変な規制が・・・

反論:
他のキャラクターものの画像だって同じようなもの、というかもっと過激なものも大量にあるはずなのに、「初音ミク」だけ、通常の画像も含めて完全に見れないというこの状況はおかしい。





とりあえずこんなとこかな? 他にもありそうですが。

私の意見というほどのものではなく、ウワサされている内容を拾っただけでして、書いてあることもてきとー&浅いです。ごめんなさい。




もし仮に↑の「2.」などが日本でも裏でバシバシやられてるんだとしたらかなり恐ろしいですね・・・ まあ個人的に「2.」の可能性は低そうだと予想してます(そう信じたい)が、「何故こんなことになったのか」という明確な理由・回答は知りたいですね。単なる好奇心ですけど。


米では「なぜか検索にひっかからなくなる」は、裁判沙汰になるほど大きな問題になってるみたいですからね。



追記。fc2の113サーバーが不安定のようです。今週は特に惨いですね・・・

ITmediaさんの記事↓
“消えた初音ミク”問題 ヤフーとGoogle「原因を調査中」

 Yahoo!JAPANで「初音ミク」を画像検索すると「次の条件に一致する情報は見つかりませんでした。検索キーワード:初音ミク」と表示される。これについてヤフーは「検索キーワードに対して適切な結果を出せておらず、当社の画像検索に対する大きな課題と受け取めている。原因を調査し、早急に対策したい」とコメントした。

 Googleで画像検索すると、おなじみの初音ミクイラストは見当たらず、無関係な画像が多数表示される。グーグルは「何らかのバグではないかと考えている。『初音ミク』だけでなく、他キーワードでも同じような問題が起きている可能性がある。イメージ検索チームが対策に当たっている」としている。

ということで、どちらも上の方で書いたウワサの「1.」ということで動いているようです。

タイミング的な要素がいくつも重なり、「2.」のウワサが大きくなっているようですけどね。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| Google・Yahoo | 15:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Yahooのトップがピンク色

いや、ニュースというほどでもないですが。今見たらyahooのトップページがピンク色に・・・

img.jpg


googleがロゴを細かく変えてるのは有名ですが、yahooは大胆だなあ。てっきり「ニセモノサイト」に飛ばされたかと思ってしまいました。いや、そもそも私が気付いて無いだけで、yahooも結構細かく変えてたかな?

なんでも、乳がんの早期発見を伝えるピンクリボンキャンペーンだそうです。トップのロゴクリックしたら説明ありました。
人気blogランキングへ
↑私の書いた感想文に読む価値があった場合はクリックしていただけるとうれしいです。(ランキングでのこのブログの評価が上がり、より多くの人に見てもらえます。)

| Google・Yahoo | 18:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。